ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[映画を読む]あなたは一体どんな人なの?

☆cine21.com
e0109292_1847174.jpg

   <2階の悪役>で示されているソン・ジェゴン監督の問題意識、そして変化



<甘く、殺伐とした恋人>で扱わ(パク・ヨンウ)は、4人を殺してもモルチョンヘ見えるミナ(チェガンヒ)に"あなたは一体どんな人なのか"と問う。 この質問にミナは、同じレストランで一人の女性を凝視し、"その女とまったく同じです。 好きな人と一緒にいて、笑って、人生を楽しみたいと思うような普通の人"と答える。 慣習的なものと平凡ではないこと、健常者と同じ正常でないものの間で、映画は我々の予想を破って笑いを作り出して、私たちに何が正常で何が正常かどうかを問い直す。 大宇は表面上は無欠な大学講師が、うつ病のために精神科でカウンセリングを受けて恋愛は一度もやっていない。 ミナは、人を4人も殺したが、ペ・ヨンジュンが好きで、自分を誉めては、言葉に恥ずかしさにも乗って恥ずかしさも多い。 愛しているけど、いつの剣合うかわからない剣道防具を胸にガレージの恋人に会わなければ極端な設定では、<甘く、殺伐とした恋人>は、タイトルにも示すように、それが甘いのか、殺伐としたのか私たちにその価値をもう一度頼む。

<2階の悪役>も<甘く、殺伐とした恋人>と同様に、犯罪者が主人公として登場する。 しかし、文化財の密輸犯罪者の二階に住んでいる悪人のウィンドウである(ハン・ソッキュ)は、<甘く、殺伐とした恋人>の南のように健常者よりも健常者のようにすっきりする。 彼は守った外貌に浴室に来ているような響きは、快適な声を持っている。 むしろ周囲の正常人々がより多くの異常のように見える。 集住人の演奏(キム・ヘス)は、<甘く、殺伐とした恋人>の扱いのように、うつ病のために精神科で相談を受け、不眠症に悩まされて娘に自分の口で自分が異常だと言う。 中学生の演奏の娘セント(ジウ)は、幼い時のミルクの女の子に可愛さと愛を受けたが、今は外見によるコンプレックスでいじめにされながら生きることが大変だと自殺を試みる。 他にも、自分の現在の姿を認められずにハルモニラン呼称に敏感な反応を見せるの隣りのおばあちゃんは、100億ウォンを横領した見掛け倒しの財閥2世は、柔軟性のない彼の部下、160cmはならない背の高さにコンプレックスを持っている組織暴力団、人ですが、女性の名前を持っている精神科医など<2階の悪人>には、外は健常者のように見えますが、どのように見れば、まったくそうではない人物たちでいっぱいだ。

構造の問題、監視の問題

これらの視野は、西の進行にも表れている。 映画の序盤の物語の中心は、陶磁器をめぐるチャンインウイ犯罪行為に合わせられている。 しかし、チャンインウイ試みが失敗し、映画が中盤に移りながら、主導権は、演奏に移る。 演奏が示すイライラと突発的な行動が光を放ってアクダンインチャンインウン悪人にふさわしくなく無気力に地下倉庫に閉じ込められる。 倉庫から出てきたチャンインイ演奏に抱かれて、彼女の行動を阻止することができない無気力さを示す場面でれる方は、むしろチャンインイではないか、果たして誰が悪人であるという考えをするようにする。 このような善と悪、正常と異常の価値判断に対する監督の問題提起は、社会の構造的な次元に接続される。

ハンヅサル幼く見えるが好きな韓国の文化についてチャンインウン欧州連合(EU)の基準に年齢を見ようと言う。 正心という名のこの男にふさわしい名前かというの演奏の質問への精神科医は、家の中が心字回すだけなのでそうだと言う。 演奏のお店に来て、夫がいるときは、ユニークなものがいたら、今ではと文句を言っているお客さんにユニークなだけ探して、ユニクロに夫が死んだと言う。 価値を判断する基準が社会、家族、普及などの構造にあることを示唆する。 当為性の構造的なアプローチは、前作の<甘く、殺伐とした恋人>からすでに前提となっていた。 人をなぜジュクヨトニャヌン質問にミナは、殺さなければ、私は死ぬために殺したと言う。 ミナは、最終的に誰かを殺すしかない韓国を離れて海外に逃避する。 待遇とミナが再び会うのは韓国ではなく、シンガポールだ。 構造の問題は、監視の問題につながる。

<甘く、殺伐とした恋人>との違い

<2階の悪人>には、前作で見せてくれたこれらの問題を拡張し、CCTVまで登場させる。 演奏家は常に監視を受ける。 セキュリティ会社の監視では、隣りのおばあちゃんの監視に、チャンインウイ監視まで。 CCTVを連想させる隣のおばあちゃんがいない所では通例CCTVが存在する。 財閥2世のオフィスで、アパートボクドミョ通りのあちこちにCCTVが登場する。 監視している家庭での演奏は、不眠症に悩まされる。 快適な眠りけれど、そんなことはない彼女は、ますます薬と酒に依存するようになって異常になっていく。 演奏の娘も、学校という構造の中での監視を受ける。 CCTVがなければ、動画のカメラや携帯電話のカメラでも撮れる。 演奏が楽に睡眠を眠っされているのは、家を引っ越してから、からだ。 監視は、見る者と見られる者を前提とする。 視線は権力である。 演奏の家を監視していたチャンインウン視線の権利を奪われた後に演奏がそうだったように不眠症に悩まされる。 映画の最後のシーンは、演奏母娘の話を聞きながら演奏の家庭チャンインイ睡眠を求めることで終わる。 睡眠チョンハミョンもチャンインウン自分のことをどうこう言うの演奏母娘の物語に基づいて、快適な顔を見せるのも不快な顔を見せたりもする。 チャンインウン最後まで快適に寝られない。 監視は、スペースの問題とを離すことができない。 <甘く、殺伐とした恋人>と<2階の悪人>にはそのような点のような構造を示す。 <甘く、殺伐とした恋人>は、皆川理事をながら書士が進んでミナが引越しをしながら、彼らの恋愛談にも仕上げられる。 <2階の悪役>もチャンインイ引越しをきて起動され、演奏が理事して仕上げている。 待遇とウィンドウであるすべての階に住んでおり、どちらも彼女たちの領域に侵入しますが、まだ異邦人として存在するだけだ。

このように、<2階の悪人>には、前作の<甘く、殺伐とした恋人>で、監督が投げたの問題意識を、その連携の船上でありながら拡大する。 "あなたは一体どんな人なのか"という質問が代弁するように私たちが住んでいるこの社会で私達は、どのような姿をしており、どのような姿でみられるかどうか、私達の姿が投影され、その社会の価値は本当に正しいかどうかを監督は、質問する。 監督は、人物の設定から、一般的に我々がそうだと思っている当たっての絵を、正常と異常の境界を崩す。 <甘く、殺伐とした恋人>で、私達がタブー視されるものは、簡単に言っているか、または非常に簡単に割れてしまう。 殺人というタブーを破るミナは、非常に平凡な女性で、大学からの学生を教える先生という人が知っている知識は、余計なものがたり、ちっぽけなものだ。 <2階の悪人>でも私達がタブー視される暴力団は、背が160cmにもならず、チャンインハンテ大人たちの仕事に口出し馬と言いながらお尻のひとつひとつを迎える。 前科が多くの文化財密輸業者は、うつ病に悩まされている平凡な女性にもむしろ詐欺に遭う。 <二階建ての悪人>は、人物の設定から、前作よりも多くの物語を込めて出そうという欲をくちばしが、むしろもっとサンマンヘジは結果をもたらす。 演奏が好きな警察官のエピソードは蛇足にしか感じられない。 隣のおばあちゃんもなぜ登場するのか、その存在感が感じられない。 財閥2世と彼の部下、ジョポクイン宋室長まで、すべてのキャラクターが生きていないため、前作で見せてくれた硬い凝集力をフトゥロトゥリヌン結果を生むだけだ。

凝集力をフトゥロトゥリヌン要素

<甘く、殺伐とした恋人>の最大の長所の一つは、その滑稽(comic)にあった。 監督が言いたいことの価値についての問題意識が適切な人物と状況設定にかみ合って、その競合との不協和音の中で、観客の期待は、間違いなく裏切らあったし不一致や不整合の論理で押し通す力はのべつ幕なしに笑いと楽しみを作って出した。 <2階の悪人>の監督は、セリフと行動からソトアジョナオは滑稽ではなく、他の変化を追求する。 監督の変化が正常だったのか、今後どのような結果をもたらすかはまだわからない。 それは変化していくには、監督のモクイゴ見守る観客のものである。

文:キム・テフン( 映画評論家 ) 2010.12.23
by kazem2 | 2010-12-26 18:44 | Comments(0)