ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[ジン・ジュングォンのアイコン] ボルヘスの地図

☆cine21.com
e0109292_20163620.jpg




カールトグレピと『実物大の地図』

"帝国の地図学は、とても完璧な地域の地方が都市一つの大きさだったし、帝国の地図は、一地方の大きさに達した。 しかし、この途方もない地図にも満足していない地図製作のギルドは正確に帝国のサイズだけを一帝国の伝道を作ったが、その中のすべての詳細は、現実の地点に対応した。 地図学に関心がなかったフセデは、この膨大な地図が不必要ないことを悟って、不遜にそれを太陽と冬の過酷さにネマトギョボリョトダ。 西部の砂漠には、今もボロボロになったのは、地図が残っていて、動物との乞食たちが、その中に住んでいる。 国全体の地理学の分科の他の遺物は残っていない"(ボルヘス『科学的正確性について』)

地図と近代性


地図に関する最も古い記憶は、子供用にガクセクドゥェン小説に出てくるのだ。 物語ごとに差はあるが、その指導は多くの場合、『羊皮紙』という紙に描かれていた。 それが羊の皮だということを知ることになったのはもちろん、遠い将来のことだ。 紙の上には何も書かれていない。 しかし、ろうそくのチョイゴナ薬を塗ると、そこに隠されたメッセージが表示されます。 もちろん、『ラム』というお酒を飲むのは、海賊たちが略奪された宝物を隠しておいた場所だ。 地図を持って、そこに訪ねて、土地をパルボウィルスは、海賊船の船長が埋めておいた宝箱が、それをムトウロてきたが主任に殺された哀れな部下たちの骸骨と一緒に発掘されている。

宝の地図ほど古い記憶は、北緯38度線が描かれた韓半島の地図。 '虎視眈々と'南侵野心に駆られたブクグェを糾弾するニュースリールや反共映画の中のイメージだ。 南北の境界が直線的に行われていたのは分断が非常に人為的に存在したことを示しています。 まぁ、その指導の後には、月と洛東江イナムマン残して赤色に染まった地図、国軍が北進して、鴨緑江まで青で染まった地図、そして停戦が行われた直後の現在の地図がありになったりした。 曲がりくねっている休戦ラインは直線的になった38度線より、人為的に見えるが、その自然さが戦争の産物だったのが逆説的に感じられる。

路上で見たか? どこかの外国人の青年が、世界地図を逆立ち立てたのTシャツを着ていた。 青年の国籍は明らかにした。 地図を逆立ちセオニその下の辺境にいたオーストラリアが世界の中心に表示されます。 そういえば、メルカトル図法が最終的に近代性の視覚的な反映というポストモダン地理学の議論が浮上する。 球形(球形)を円筒状に展開するメルカトル図法が高い緯度に位置し、ヨーロッパを地図上で実際よりも大きく表示することで、西欧中心主義の視野を強化するということだ。 これを修正するために、各地域の実際の面積と同じように示す地図を作った人もいる。

地図と脱近代

最初の記憶は、『地理上の発見』以降、西洋の航海術を連想させる。 新世界での金や銀、東インドでは、実は贅沢たち。 それを乗せた船を襲撃する海賊たちの活動。 主に航海で使用される近代の地図は、植民地主義という政治的必要性の産物だった。 2番目の記憶は、地図と領土の関係をめぐる議論につながる。 『地図が領土の再現ではなく、領土が地図の産物』という命題がある。 例えば、中東やアフリカの国々の境界が直線になっていることを考えてみてください。 三番目の記憶は、メルカトル図法にネストされた近代的な表象、つまり、西欧中心主義に対するタルグンデジョク視野と関連がある。 このように地図はただの技術の産物に止まるのではなく、その中に歴史性、政治性、文化性を秘めたイデオロギー的な構成物である。 ポストモダンと関連して、『地図学』(cartography)の比喩が広く使用されているのは、これと関連がある。 人文学の談話で、『地図学』は、主にギホロンの観点から扱われたことを覚えている。 その時は、主に地図の記号学的性質(動詞、指標、記号)、または、マップの言語学的特徴(統語論、意味論、ファヨンロン)が問題になった。 ポストモダンと地図を眺める視点に変化が起こる。 今では地図にネストされた近代性を現わすことが談話の主な傾向となる。

メルカトル図法の西欧中心主義を実現したという批判は典型的なポストモダンのおしゃべりに見える。 自分を世界の中心で見たのが、どこのSEOだけだっけ? 中国も、自分を世界の中心だと思った。 メルカトル図法が広く使われるのは、地図上で出発地と目的地を線で結んで、その線の角度に応じて運行すればよいという利便性からであって、そこに蛇行したイデオロギー的な意図が含まれていたようではない。 ヨーロッパが相対的に大きく描写されるというのも、ただ、ヨーロッパの緯度が比較的高いという地理的な偶然が原因だ。 ヨーロッパが赤道付近に位置した場合は、さすがにヨーロッパ人が、他の図法を採用したのだろうか?

一つの記憶を追加しよう。 数日前にTwitterに写真を上げた。 数年前、"教会も滅びれば節とされて"というタイトルで上がってきたどの建物の写真だが、かつての教会でスヨトウル、その建物の尖塔には、『ソンブルサ』と書かれていて、尖塔の端に十字架の代わりに万(卍)がかかっている。 道端で偶然この建物の写真を撮って、Twitterに上げたところ、"もしかしてここですか?"と言いながらリンクをかけたメンションイ上がってくる。 リンクをたどって行くと、次の(daum)の'ロデウビュ』につながる。 そこに入る時、不気味な感じがした。 私は、撮ったその建物はもちろん、周辺の光景が360度のパノラマで広がっていたからだ。

カフカの散文のように単一の段落で構成されるボルヘスの小説(?)は「シルムルマン一の大きさのジドラン無意味だ」と言う。 帝国の地図製作者たちは地図という仮想を現実のものと同等の作成をほしいと思うか、実際に地図が地図として機能するには、実物よりも足りない部分がなければならない。 地図の効能は、実物よりも低下するとも実物を代わりにするという『経済』にあるからだ。 そういう意味では、実物と同じ大きさのジドラン一種の形容矛盾といえる。 ボルヘスの寓話は、おそらく近代科学の認識論的以上に対する批判、すなわち、正確性と厳密性に向けた近代の強迫観念にプンジャイルだ。

しかし、デジタルの技術は、ボルヘスの風刺を無色にした。 今日、実物大の地図には可能である。 過去の地図が、それが置かれる現実の領域を要求した場合は、デジタル時代の地図は、あえてスペースを必要としない。 サイバー空間での地図は、無限の蓄積と大きさを持つことができる。 たとえば、『Google Earth』と『ロデウビュ』を考えてみてください。 ボルヘスの小説で、実物大の地図はボロボロになって獣と乞食たちが住むだけだったが、今日のボロボロになったのはウェリョ現実の空間ではないか? 例えば、今まで映画を撮りにロケハンに通わなければならないが、今後はそのような仕事が減るのだ。

反映論からファヨンロンへ

それにもボルヘスからとることができるのは、近代の認識論に対する批判である。 近代の認識論はバンヨウンロン、つまり『完全な認識に到達するには、世界の完璧なモサンを持たなければならない』という考えだった。 しかし、完全さの基準が何であるか。 地図は、ユーザーが必要な情報のみを入れれば十分である。 それ以上の情報は、ウェリョ混乱を与えるだけだ。 現実に比べて法外に足りない情報を含むルートでも、それで道を見つけるのに成功すれば、それ自体で完璧なのだ。 正確性の基準がある場合、それは地図を描いて、実用的な目的で捜さなければならないのだ。 ここで、『地図』とは、もちろん、人文社会学的言説のウンユダ。

帝国の地図製作者が多すぎると、地理学自体は消えてしまう。 ボルヘスの寓話は、このように終わる。 "全国に地理学分科の他の遺物は残っていない。"

(編集後記:国土そうピラン地図製作の一種で、空中から見下ろした、屋上の屋根の部分が一つのファサードを形成する方式をいう。)

文:ジン・ジュングォン( 文化評論家 ) 2010.12.24


イラスト ジョン・ウォンギョ
by kazem2 | 2010-12-25 20:23