ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[キムヘリの映画の日記] 父親たちの映画の見方

☆cine21.com
e0109292_2024929.jpg

<ハリーポッター>の思い出。
2編<ハリーポッターと秘密の部屋>封切りの頃取材陣にお土産にソンサドゥェンマフラーはスルリデリン寮のことだった。 やはり記者の画像は、『マルポイ友達』に近いのかな。






12月3日
"私の最初の映画の試写会で、私たちの父は...。"
何の話最後にこの話題が出たのは覚えていません。 しかし、内容だけは忘れたくない酔いの中でも、頭の中の白書にしっかり押して少なかった。 ビョン・ヤングズ監督のお父様は、<低い声>の試写を見て出てくる途中で所感を問うインタビューにそうダプハショトダンダ。 "私は、西部劇が好きです"そして、"やっぱりドキュメンタリーとは楽しみがないんだな"という明快な20自評を娘にプレゼントしたとする(なぜか不全余前のようだという感想は申しませんでした)。 イ・ギョンミ監督は、短編映画で評論家の注目を受ける間、一度も父に褒め言葉を聞いたことがなかった。 トロフィーを受け取ってきても、"お前は過分の認定を受けたのだから、オチュルハジな"は、冷静な反応がすべてだったという。 長女が油断しないではないかという警戒心が重くてくれたようだ。 そのお父様が初の長編<ミスにんじん>VIP試写会にオシドン日、イ・ギョンミ監督は、父を一目で見分けができなくて戸惑ってしまった。 歳月とともに髪の毛が少なくなってきた様子でずっと過ごしてくださったお父様がその生涯最初のかつらを使って劇場にオショトギだ。

<天下壮士マドンナ>とイプボンハン イ・ヘヨン監督のお父様もずっと賞賛にけちれた。 映画を始めて以来、"あなたはどんな映画をと..."という投の言葉が胸に傷跡を引くことも数回だった。 ついにデビュー作を上映する席に両親を招待したとき、お母さんは"最近、父がトイレに頻繁に行き、難しいかも知れないけど"と言葉をフリショトゴ イ・ヘヨン監督はただ空しいした。 息子の初めての映画なのにそのような言い訳だなんて。 監督は、後日こそ、その頃に父親が認知症の初期に入るところだったという事実を知った。 お二人は、試写会に来られた。 ついに映画のエンドロールが流れ、VIP試写会に特有の良い沈黙が流れ、客席からたった一人の観客がむっくり起きて力強い拍手喝采を打っていた。 父だった。 映写室から漏れる一筋の光の中に一人で立っていた父の背中を回想するイ・ヘヨン監督の声には、我々は非常にまれに『永遠』について話すときに出すの堅い響きがあった。 深い井戸から引き上げられる釣瓶がドルビョクエぶつかって出す音のような。

12月5日
ウディアレン監督の新作<幻想の君>(You Will Meet a Tall Dark Stranger)より。 総合所得税の申告と同じように、毎年定期的に映画を作るウディアレンや、税の徴収するようにきちんと取りまとめて見るファンも、もう習慣の境地に入った。 レビューを書く立場では、あまりにも定期的に映画が出庫(?)なって見ると色をなして前作に比べて良く、悪いと評することがヨルオプオジヌン効果がある。 このような式なら年表を少し巻物を廣、『良いヴィンテージ』と『悪いヴィンテージ』を論じるのほうが似合いそうだ。

"人生とは、歩いて通うの影。 舞台ではそのうちに大手を打って騒ぐである終え、誰も耳を傾けてくれない哀れな俳優。 騒音と狂気がいっぱいか、結局何も意味しない、馬鹿が想像の産物"<マクベス> 5幕第5章の引用で始まる<幻想の君>は、物語の総和が0に、いや厳密にセムハミョン減価償却費を制限マイナスで終わる映画だ。 人生に失望した人物は、『幻想の君』を描いて、第2のキャリア、2番目の若さ、内因性、新たな愛(featuringバイアグラ)を夢見るが、ウディアレンが見るにいくら大騒ぎをするのかもしれないけど私達が確かに会う'彼'(tall dark stranger)は、他でもない死である。 監督がベテランだという事実に寄りかかったな推測だということを認めるが、最近のウディアレンの映画の登場人物たちは観察するよりも記憶の倉庫に引き寄せる材料で作られている印象だ。

マジックショー、オペラなどが頻繁に登場するウディアレンの映画には、公演が終わって観覧を終えた劇中の人物たち - 主にカップル - が家に帰るの次のシーンまで、最先端の会場には、音楽が溢れる場合が多い。 陳腐だとしても、言いたいことがないようだが、なかなか飽きのこない関係である。 飽きどころか見るたびに心の肌が軟らかくなる。 ライブ公演を見て私は、直後の体の中の音楽と、それが醸し出した感情がそのうちグェオの経験がそれほど普遍的である可能性だ。 ウディアレンの映画が、例外なしに提供する他の楽しみの一つ。 彼の人物たちはジンドゥクイ座って議論しない。 広くも狭くもない室内で、夫婦や家族が刺激され、この部屋はその部屋をソダニミョ言い争いを繰り広げる光景をアランほど見事に書き、演出する作家は他にあるまい。 あんな家の中の戦い方はいつも見学する用意がある。

12月6日
1970年代に既にマンシン前に上がったの監督たちが3D映画を作るという話には耳がソルギトヘジヌンのが人の常である。 評論家のマークコモドゥガ、3D映画の<ヒューゴキャバレー>を撮影中のマーティンスコセッシ監督をインタビューした<オブザーバー>記事を一歩遅れて読んだ。 <BBC5>で映画を評して、ポッドキャストでも人気が高いコモドゥヌン「映画評論界の少しシーズ」といっても遜色のない速射砲化法の所有者なのに、二人が会ったから壮観を演出したそうだ。 パリの駅で隠れ住んでいる1920年代の少年の物語を、英国シェポトゥンスタジオで撮っている少しシーズは、期待どおりに3Dへの意欲と熱意に浮かれている。 "すべてのショトイシネマを思わせる。 どのような映像でストーリーを伝えるかどうかを新たに心配している。 (3D)をごまかすことにしたり、カメラの前で、連邦ウィンドウドンジゲトという意味ではない。 ショートか、カメラとクレーンの動きをデザインするたびに、これはまるでルビクスキュブダ"一方で、アカデミー賞のシーズンが迫っていることにより、通常シサヨンDVDで映画を鑑賞していたアカデミーの会員たちが3D映画をどう評価すべきか、部門を新設するのが正しいかどうか言い争いが行き来しているというニュースも聞こえてきている。 その案件は、パフォーマンスの領域を含むデジタル俳優たちの演技賞部門と結びつけて議論することはどうか。

12月9日
<ハリーポッターと死の秘宝1>を見るの心情は、オリンピック陸上長距離種目での最後の一輪を残し、鐘が鳴る時の気持ちと似ていた。 <指輪の帝王> 3部作や、<スターウォーズ>の隊列に上がることができなかったが、それでも<レモニスニケト>シリーズのように中間に足首がジョプジルリジドなくここまでこれたのは映画の一方を十分にモクヨサルリルな巨大な原作ファンダムと強大な原著者への一貫した忠誠の結果だ。 しかし、逆説的に映画的に最もぴりっとしたエピソードは、原作とそれさえも自由な遊戯をしたアルフォンソクアロンの<ハリーポッターとアズカバンの囚人>だったから、このフランチャイズは、「本を読んでくれる映画」を超えないことができなかったと記録される見通しだ。 たぶん、このプロジェクトに生気と自発性、偶然の魔法が少しでも込められた部分がある場合は、映画と育った三主演祐一だ。 しかし、ハリー役のダニエルラドクリフは、連作の延長の可能性について、"ハリーポッターと10年を買ったことで充分だ"と飛び上がるほど驚いた。 共感しながらもこっそり入る考え。 今までの『ハリーポッターの友達』に10年住んで学ぶどれほどだろうか。

<ハリーポッター>シリーズの授業とゲームがスケジュールどおりに繰り返される寮の水として親しまれていた観客の方に動くの映画としてではなく、よく手入れされたタブロー(tableau)の連鎖を楽しんだ観客なら、主人公たちがホグワーツを離れて荒野をさまよう<死の秘宝1>は、挑戦になるだろう。 それにも注意深く見なければならない、<死の秘宝1>に隠された『秘宝』のリストは以下の通り。 1。劇中の童話<歳の兄弟の物語>を描いた影のアニメーションシーケンス 2。 ヴォルデモート一派が掌握したマボプブ庁舎のファシスト様式建築のデザイン。 3。 ジョンウィリアムズを代えてアレクサンドルデスフライ(<色、計><預言者>)の音楽3。 ヘレナボナム=カーターが扮ベルラトゥリクスレストゥレン。 5。 絶望に陥ったの少女に絶望に陥った少年がダンスを求める、この映画の中で最も静かで、『変な』のシーン。

文絵: キム・ヘリ 2010.12.24
by kazem2 | 2010-12-25 20:14