ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

映画「カフェノワール」の真実!

☆news.khan.co.kr
e0109292_20272339.jpg

  映画"多数の芸術強盗の映画、今では文学的友情に分けてよ"



文:ベク・スンチャン 写真イソクウ記者『カフェノワール』で
長編映画監督デビュー評論家ジョン・ソンイル

韓国では誰よりも多くの映画を愛して報告文を書いた評論家ジョン・ソンイル。 彼が支川名に入って発表した長編デビュー作<カフェノワール>は、驚くべきことに本のためのホンサダ。 この映画は、ヨハンヴォルフガングフォンゲーテの<若きウェルテルの悩み>とフョードルドストエフスキーの<白夜>を原作とする。 映画ドイプブエン『世界少年少女教養文学全集』というサブタイトルが出てきて、登場人物たちは、海外の文献の翻訳書から抜き出したような文語体の代謝をウルプヌンダ。

ジョン・ソンイル監督は"本の文字は、俳優たちの肉体を通過して、どのように血と肉を得て言っているか、どのように活動を開始するか見て聞いてみたくなった"と述べた。 彼は、"本を撮りたいと思った"とし、この映画が『本のリアリズム』を実現すると述べた。

"映画は総合芸術です。 その理由は、映画が長く多数の芸術を盗難したからです。 これで、強盗の特性を置き、友情を破壊しなければならないと考えています。 <カフェノワール>は、文学の映画の友情です

<カフェノワール>は、小学校の 音楽 教師の領袖(シン・ハギュン)の話だ。 彼は同じ学校の教師ミヨン(ギム・ヒェナ)と恋人のだが、同じ名前の親ミヨン(ムン・ジョンヒ)と不倫に陥る。 結局、親ミヨンは別れを宣言し、苦しんだヨンスは偶然ソンファ(チョンユミ)に会って好感を感じる。 前半は<若きウェルテルの悩み>、後半は、<白夜>に基づいている。 上映時間は3時間18分である。

彼は長い間映画を見て、学生たちを教えながら、ぶつかった最大の問題は、"(映画の)話を信じることができなかった"という点だった。 彼は今年の興行したいくつかの映画を例にあげ、"その話が話になるか"と問い返した。 結局、信頼できる話がどこにあるか悩んだ末、100年以上支えながら、読まれ、また、読まれた物語は非常に値するという結論に達した。 それならなぜ、わざわざ、ゲーテやドストエフスキーのか。 彼は長く説明した。

"<若きウェルテルの悩み>を最初に読んだのは12歳の時でした。 誰も私にその本が拳銃自殺で終わるということを話してくれませんでした。 幼い年齢にも衝撃でした。 今日、多くの暴力映画を見て、読者にとっては当然のことですが、私はその本を読んだのは60年代だったという事実を喚起してください。 そして、無数の死を見ました。 80〜90年代を経て、韓国社会では死んでもあまり、亡くなりました。 そして私は生き残ったんです。 私は、どんな人を『烈士と呼ぶことに対して抵抗感があります。 死をたたえてはいけません。 『死んではダメ』と叫ぶのが私たちがすべきことです。"

彼は<若きウェルテルの悩み>を映画に移すことに決定したが、ウェルテルの死だけは防ぎ、と思った。 ゲーテをどう防ぐのか。 ドストエフスキーなら防ぐことはできないとはいえ延期させることはできないだろうか。 映画が増えたのはそのためだ。 ウェルテルの自殺を最大限に延ばしと思った。

<カフェノワール>は、本だけ出てくるわけではない。 <グクジャンジョン>、<怪物>、<オールドボーイ>など、同時代の韓国映画、<赤い風船>、<週末>など、海外の古典的な映画が引用される。 チョン監督は、最近、自分が出した本のタイトルでもある"いつか世界は映画になるだろう"と、その理由を聞いた。

"そう考えると、どうでしょうか。 <オールドボーイ>のチェ・ミンシクがハンマーで降りて弾がとても大変に漢江(ハンガン)に遊びに私はうれしい。 これにより、<怪物>のソン・ガンホがある売店に来るんですよ。 子供を失った<密陽>のチョン・ドヨンと子供を守ろうとする<マザー>のキム・ヘジャが並んで座るんです。 すべての映画が集まって作成する1つの世界を例えにしたかったのです。 この映画からの出口を開いていけば、他の映画の入口があるようにシーンを考えると、どうかとね。"

映画には同時代の韓国社会を直接的に喚起させる装置が多い。 映画のプロローグで、一人の少女は 、米国 の代表的なハンバーガー屋さんに座って、"神の父どうぞ私を守ってください"と言った後、ハンバーガーを食べる。 チョン監督は、これを置いて自殺をしようとする場面だと言った。 ハンバーガーの中に入った米国産牛肉は、これを通じたBSEをウンユハンする。

"この場面を見て『ハンバーガーを食べて死ぬというのが話になりますよ?』と尋ねるんです。 私は慌てました。 多くの人がろうそくデモに出たが、その時出てきた韓国の人々でさえも忘れてしまったのだろうか。 2年が経ったが忘れてしまった場合、5年後には何を覚えているだろうか。 寂しくスサンヘジョトオヨ。"

評論家として、膨大な映画を見て、数多くの映画の撮影現場をヌビョトジマン、長編演出者として出たのは初めてだ。 彼は映画を撮りながら、"映画の性質について、映画がどのように世界を肯定して、世界はどのように映画を否定するかを学んだ"と話した。 併せて100%の同時録音で映画を撮りながら、ソウルがこれほどの騒音や 工事 が多い所なのか初めて知ったともいわれていた。 事前に場所をソプウェハン後、実際に撮影しに行くと10ヶ所のうち4場所は工事中だった。 これが世界が映画に与える否定性である。 映画は、その否定性を道理で受け入れなければならなかった。

彼はマスコミ試写会を通して劇場の裏側に立ったまま、映画を見た。 彼は"感じて見たいと思った。 客席に座った人々が、私が作った映画、私が考えたの物語、作り上げた人物をどのように感じるか。 そのすぐに息の音と 笑い声 の音、好意と抵抗感、 携帯電話 の 光 まで。 それを客席に座って感じることはなかった。 劇場内の風向計がなりたいと思った"と話した。

<カフェノワール>について自ら評価すると、どうだろうか。 彼は、"評価を送信する場合は、4つの20自評を書くには、『乱流感動、これほどまでに人の 心 を動かす映画があるか'と書くこと"とし、"地球上のすべての監督たちがそうであるように、自分の映画に対しては目がモンダ"と話した。

"自分の映画は無条件に肯定しますよ。 それはスタッフと俳優への礼儀です。 自分が意味のある作業をしたという態度がなければ、誰がその映画を愛してくれるでしょう。"

彼は機会があれば、世界文学全集を順番に映画化していきたいとした。 以下に撮ってみたいと思う作品は、<ボバリー夫人>である。 <カフェノワール>は30日封切りする。

myungworry@kyunghyang.com
入力:2010-12-22 20:34:16 l 変更:2010-12-22 20:34:16
by kazem2 | 2010-12-23 20:31 | Movie