ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<時事ジャーナル>が選ぶ「今年の映画」

☆sisapress.com.news
e0109292_17232565.jpg

           ▲国内公開された外貨の中で際立った<社会的ネットワーク>
           ⓒソニピクチョスリルリジン提供


よく作成された<詩>一本のおかげで映画界ではつまらないしアンアトネ
2010年の映画界の決算/注目された映画は、監督のイチャンドン俳優ウォンビン





2010年の映画界では、どのような作品とどのような映画人が注目されたのだろうか。
<時事ジャーナル>記者と映画評論家の八人にそれぞれ今年の顕著な成果を遂げた三本の映画と三人の映画人を推薦した。

映画は、<詩> <ソーシャルネットワーク><ギムボクナム殺人事件の顛末><悪魔を見た>><不当な取引>が、今年の映画に推挙された。 この中で圧倒的な指摘率を見せたのは、イ・チャンドン監督の<詩>だった。 なんと六人が、今年の映画として挙げ、今年の映画人として李堪毒を選んだ人も三人で、9票を獲得した。 "列は、この映画に大きな賞をジュォトオヤした"(ジョン・チャンイル)とか、"芸術とは、他者の苦しみに共感し、世の中に蔓延する倫理的な不感症に耐えられないのポイントで出てくるということを説いている作品"(ファンジンミ)という賞賛が続いた。

外貨の中には<社会的ネットワーク>が最高の評価を受けた。 三票を得てキム・ジウン監督の<悪魔を見た>と共同2位に上がったが、監督のデビッドフィンチャーと主演俳優が、今年の映画部門でそれぞれ2の表に一票を得ているすべて六票を得た。 "典型的であることもある20代の実業家のサクセスストーリーに傍点を撮る代わりに隔離された20代の孤独に傍点をつけて素晴らしい映画に作り上げた"(キム・ジョンチョル)という評価を聞いた。

<ギムボクナム殺人事件の顛末>は、作品と監督と俳優に均等に印が戻った。 映画は、一票を得るにとどまっていた新人ジャン・チョルス監督と主演俳優のソ・ヨンヒは、今年の映画部門でそれぞれ2ピョシクウル得て、全部で五票を獲得した。 ジャンガムドクウンほぼすべての映画祭で新人監督賞を受賞となり、長年の助演俳優生活を経たソ・ヨンヒは、国内外の映画祭で主演女優賞を総なめにした。 "粘り強さの演出力でジャンルのルールに沿ってつつも、後には、ジャンルのルールを覆してしまう"(ラジェギ)という評価を得た。

'キム・ジウン+イ・ビョンホン+チェ・ミンシク』の<悪魔を...>話題満開

キム・ジウン監督の<悪魔を見た>は、今年の映画部門で三票、主演俳優のチェ・ミンシクが、今年の映画部門で一票を得て、総四票を得た。

「キム・ジウン+イ・ビョンホン+チェ・ミンシク」という韓国の主流の商業映画の最強ブランドだけ信じて劇場を訪れた一般の観客たちは、この映画に『ひどい』や『猟奇的だ』と反応したが、B級映画の信奉者たちは非常に支持した。 "こんなに素敵に出てきたゴア氏の映画は、以前はなかった。 身体毀損自体が人物の感情に応じて、ぽんと鳴らす一種のアクションとして作用した。 だから、より強く感じられた。"(キム・ジョンチョル)

デビュー作<死ぬかあるいは悪いか、または>で映画神童と呼ばれたリュ・スンワン監督は、過去数年間の下降曲線を乗っていて、今年監督作<不当な取引>のプロデューサーを務めた<シューティング>を使用して、より強く復活した。 <不当な取引>で映画も二票、監督も、両方の票を得た。 "暗く外面と思う現実を扱いながらも悲観主義に陥ったり、オーバーせずにぴったりの中間地点から眺める。 端役は大変な技量を発揮した俳優の演技は監督の力量である。"(キム・ヒョンソク)

今年の映画部門では、イ・チャンドン監督の映画<おじさん>を使用して、アクション俳優としても存在感を発表したウォンビンがそれぞれ3票を得て、共同1位に上がった。 ウォンビンについて、"演技派俳優が韓国映画を導いて来たのにこれで、スター性のある俳優が韓国映画を導いていく出発点の役割をしたのではないかと思う"(イ・ヨンチョル)という評価が出てきた。

続いて俳優カン・ドンウォン、ジャン・チョルス監督、リュ・スンワン監督、俳優のソ・ヨンヒ、デビッドフィンチャー監督、俳優ソン・セビョクなどが共同3位に上がった。 特に、「以前になかったの俳優である"(チェ・グァンヒ)という評まで送り出されたソン・セビョクウン断然今年の発見」の感覚である。

<アンケートに応じてくださった方 >
映画評論家│ジョン・チャンイル、ファン・ジンミ、イ・ジソン、キム・ジョンチョル、
イ・ヨンチョル、チェ・グァンヒ、キム・ヒョンソク、ラジェギ韓国日報の映画担当記者


[1105号] 2010年12月22日(水) ギム・ジンリョン jy@sisapress.com
by kazem2 | 2010-12-23 18:04 | kim jee woon