ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[ムーヴィーディック]ドアーズのジム・モリソンの60年代

☆cine21.com
e0109292_20182895.jpg

ドキュメンタリー<When you're strange>について調べてみましょう





Q:
<When you're strange>は、オリバーストーン監督の<アウトドア>と比較して、何がどう違うのですか。
A:
まず、オリバーストーンの<アウトドア>は、ジム・モリソンのオリバーストーン監督個人の解釈に忠実な映画でした。 だから事実より感想や解釈に焦点を合わせたりもしたし、結果的に神話化された部分もあります。 ヴァルキルマーの演技は圧巻だったが、どうやら『解釈』に重点を置いて見ると、いくつかの事実を歪曲したり縮小して表示されて渡された感度いた。 <アウトドア>について、ドアーズのキーボーディストであり、ジム・モリソンの『切歯』だったレイマンレックが複数のインタビューで"この映画は、ドアーズの実話であり、「反 - オリバーストーン」の映画になるだろう"と述べるだけにオリバーストーンの<アウトドア>のが不便そうです。 だから<When you're strange>は、ジム・モリソンの死で開始されますが、ドアーズの再結成公演で終わります。 画面上に流れるジョニーデップのナレーションと、複数のデータ画面、公演実況、新聞記事などがそれなりの客観性を確保しています。 一応ドアーズの公演実況シーンを思う存分見ることができるというのが映画の第一次魅力です。 その次は、'60年代'という特定の時空間の中でアウトドアが光バルハドン点を探ってみる楽しさがかなり良いです。

Q:
ジム・モリソンは『反逆のロッカー』として知られてんですが、果たしてどのように反抗的だったんです。
A:
ジム・モリソンは、軍人の家族(父は海軍将校で、米史上最年少提督に記録されています)の長男として生まれ、UCLAで映画を専攻しています。 文学に心酔した芸術家志望だった彼が没頭したのはジャックケルアクグァランボー、ブレイクなどの「革新的な作家」でした。 学校で出会ったレイマンレックとバンドを結成することにしたとき、ジム・モリソンは、公式に歌を歌ってみたことがなかったが、彼が書いた歌詞に深い感銘を受けたとレイマンレックは回想する。 彼の芸術的な反抗期には、いくつかの相反する反応を引き出しています。 一応『お父さんを殺し、母と寝たい』は、歌詞にオイディプスコンプレックスを歌った<The End>はドアーズを公演していたクラブで追い、私作成し、デビューアルバムに収録されて論議の中心に立っています。 ここでは会場でのパフォーマンス、官能的でありながら、シニカルな態度がジムモリソンの60年代の問いかけ化の象徴として作ったのですが、オリバーストーンの<アウトドア>がそこに惹かれた結果だと<When you're strange>は、ちょっと冷たい視線を維持しています。 ドキュメンタリーで、ジム・モリソンは、自分のイメージを直接コントロールする人として記述されています。 衣装やアクセサリーを直接選んだり、デザインし、大衆に消費されている画像を調整しました。 『彼は有名になる準備ができた人だった』という言葉が最も的確な日時です。

Q:
ドアーズは音楽よりも時代的な状況や、わいせつなパフォーマンスで名声を得たんじゃないのね。
A:
ドアーズの最も大きな誤解と神話は、逆説的にジム・モリソンの絶対的な存在感のために起こったのですが、実際にはドアーズの音楽のルーツは、ブルースやジャズでした。 ヒット曲は、ほとんどのギタリストのロビークリゴ(<Light My Fire>など)とドラマーのジョンデンスモオ(<Rider's On The Storm>)が作成され、クラシック音楽やブルース、ジャズに根ざしたメンバーたちはロックンロールとジャズの融和を試みしました。 ジム・モリソンは、ロックンロールの文学的感受性に再解釈した人物として評価されています。 ジムモリソンがないドアーズは、ドアーズではないが、それでもジム・モリソンはドアーズそのものだったわけではありません。 わいせつなパフォーマンスのバンドは、1969年のLA公演でできたイメージでかなり膨らませているか、歪曲されています。 ドキュメンタリーに出てくる状況は、一応<Rider's On The Storm>この車の広告に使用されて(メンバーは反対したが)、全米ツアーでは人々が、この曲だけをしたいと考え、是非がオガダがジムモリソンが興奮して悪口をして、警察がわいせつ行為で逮捕した証拠写真はなくて、ツアーはキャンセルされ...まあこんなんです。 結局、これを見ていれば、'60年代のアメリカとヨーロッパ』こそが現代的な神話の発願とは思います。 そのように非常にロマンチックかつ抜本的な商業的な時代は、おそらく再び来ないでしょう。

文:チャ・ウジン(大衆音楽評論家)2010.12.21
by kazem2 | 2010-12-21 20:16