ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画「おいしいマン」CINE21読者レビュー「淡泊な余白の味 」

☆cine21.com
映画「おいしいマン」
e0109292_20163645.jpg




日本語で『おいしい男』という意味の題名の映画。
'おいしい'男というよりは『おいしい』という言葉を特によくするようになる人の
主人公ヒョンソク(イミンギ)のセリフのおかげでしょう。
インディ歌手出身であり、放送人のキムCが原案者であるという事実と「ジョゼと虎と魚たち』のヒロインだった池脇ジジュルが主演を引き受けたという事実をより多くの話題を集めた。
映画の規模に比べて多少やかましいの話に比べて、完成されたが、
日韓合作映画は、淡泊な味が一品である映画だ。

映画は、うまくいったインディミュージシャンヒョンソクが耳の病気を持つようになり、開始される。 日常生活に支障はないが、彼の音感を少しずつ崩す病名は、ゆっくりと彼の人生を変化させる。 最終的には、音痴の歌の教室の講師として転々として暮らしているが、音楽に対する自負心はまだ持っている彼の生活はますます無気力になる。 そうするうちに受講生のジェヨン(チョンユミ)に会って、彼女の独特の魅力にはまったヒョンソクは、感情に素直にできずに迷って、北海道の道への旅に出る。 そしてそこで風変わりな魅力のめぐみさんという日本の女性に会い、彼女のベッド&ブレックファーストで短いが重要な旅を始める。

ヒョンソクが北海道で過ごす時間を楽しむ旅行のためのものではなく、自分の内面との遭遇のことである。 失われた青春の夢と彷徨、そして素直になれないまま、逃げる、自分の感情に対する恨み々くたびれている彼の目がとどまるところを知らない北海道の人里離れたところにイクルリドゥンてきたのは自然なことだ。 とどまらず、降る雪が作る白い雪原と、ソルビンイ印象的な美しい空間、北海道ではシクルボクチョクハンところで炎症を感じたヒョンソクへの治療を伝えてくれる。 また、彼を囲む安く、音楽、音痴の教室のおばちゃんたちの騒々しい音をはじめとする種々の音から脱して、彼が感じる自然が与える聴覚の美しさは、それ自体にも十分に印象的だ。 このように空間と時間の絶妙な調和は、この映画を象徴する支配的なイメージであり、ヒョンソクに必要だったのは、何を探してくれる仲介の役割をする。

自分の好きな音楽から離れる瞬間から、人生の意欲と方向性を喪失したヒョンソクがその傷を外延的に露出された人物なのに対してめぐみさんは、限りなく明るくワルガダクハン友好的な性格の持ち主だ。 言葉が通じないことなく、性格も、他の物と美しい背景の設定がどのようなロマンスの気持ちを感じさせるが、映画は彼らの感情を無理に接続しない。 むしろヒョンソクとめぐみさんはお互いを介して深く隠されたもう一つの自我を見つける。 あふれる才能と爆発的な歌唱力の持ち主だったヒョンソクは、彼の失われた姿 - 情熱や明るい性格 - をめぐみから訪れたもので、明るくてしっかりしているの外面の姿とは異なり、より深い層の中ではどこかへ行きたい欲望と一ヶ所に留まり待つのに疲れているめぐみさんは、ヒョンソクを使って、自分のもう一つの姿を見ることかも知れない。 そこで、基本的な英語でのみたまに行われ、彼らのコミュニケーションは、それにも深いつながりを持つようにする。 あえて言わなくても深く疎通されているって感じかな。 実際には、ヒョンソクが韓国に残してきたジェヨンこそ、めぐみと似ている人物だ。 ビールのおつまみにご飯を食べながら、ご遠慮なく率直な自分の気持ちを表現してくれる、とんでもない、この少女の姿が料理の腕もないのにゲストだったヒョンソクに心を込めて料理をしておもてなしをするめぐみに投影されている。 多分ヒョンソクは、こちらでジェヨウンイ投影されているめぐみさんを介して彼女に近寄ることができる勇気を持つようになるのかもしれい。 そう、ここでヒョンソクとめぐみさんは、自己の傷を発見し、治療する。

しかし、これらの全てに説明が蓋然性が十分ではない。 全体的なゴンガムガクジョクのイメージが支配するこの映画は、そのような要素に比べて、ストーリーを、具体的なことを提供しているわけではない。 彼が旅行を離れることになった理由からして歌手で歌の教室講師に変わった生活の中での自助のせいか、ジェヨンと関連し、素直にできなかった彼の心のためなのかは不明である。 もちろん、複合的なイメージですが、それほどツリョトにヒョンソクの心を読むのも難しいというのが問題だ。 特に、ジェヨンの心は、エンディングの部分にガソナオトハダことを感じることができる。 全体的に少し少なめに洗練されたような叙事の展開が惜しい部分だ。 ヒョンソクのためのより十分な説明を(状況ではなく、今の現実から逃れたいがるより限定的な表象たちだ)を提供したり、めぐみが望む夢たち(ダンサーのようにダンスをしてと思うでも)のもっと詳しい話、あるいはジェヨウンイヒョンソクにどのような意味なのかという、より明確な説明があったなら、もう少しカルクムハジのではないかと思う。

無理なく流れていく映画の展開と印象にもかかわらず、たまに映画がどのような感情を受けることを要求するような印象を時々受けるのは、そのような点で起きるのだ。 そのため、後半部にバスケットを裏返しに書いてめぐみが投げたヌンドンオリルル作業はありますヒョンソクが泣き叫ぶその場面は、それほどの悲しいイメージ、それ以上までにお届けできなかったのです。 素敵な風景と、それが伝えてくれるの余白の味は絶品ですが、そのおかげで、映画のもう一つの魅力的でなければならない青春の孤独と彷徨、そしてそれらの解消が与える濃い好みまで完全に触れないことはできない。 映画の余白の味を少し減らして色をイプヒョトオド、その味は消えていないのにという感じが悔しさで残る。

映画のクレジットが上がる瞬間、この映画を覚えているのは、北海道の白い雪原とソルビン、そして浜の平静して原初的な音、そしてヒョンソクがジェヨンとめぐみとそれぞれ分けて飲んだ焼酎と日本酒のオーラである。 夢と若さを失ったままさまようヒョンソクが再び行き止まりの心臓の鼓動を感じ、勇気を持つことになるが、短い旅の終わりを眺めていると映画が与えられるが支配的なイメージが全身でこだまするようだ。 めぐみ(ジェヨウンイ投影された)との短い出会いは彼の傷を癒してくれるだったし、彼に新たな心構えを与えた。 その旅の最後に勇気を得たヒョンソクはおそらく、再び向き合ったジェヨンに、今回は勇気を出して堂々と近寄ることができるだろう。 むしろヒョンソクよりは音もなく、ふと訪ねてきた見知らぬ異邦人からの絆や恋慕の情を感じさせる残された者、めぐみが気になる。 まるでめぐみの役割をしていた池脇千鶴の代表的な'ジョゼ..'で、彼女が悔しかったことは、ジョゼのようにね。 ヒョンソクが残した海辺のその音が彼女の人生に温かいオーラをブルオノトオトば良いという考えが切実になる。

再三言うよう北海道を背景にした映画の視覚的な背景と、その余白の間隙を埋めるには、音楽と自然の音が織りなすハーモニーは本当に逸品だ。 チョンジョハン純白に近いこの美しさを見るだけで、どのような理解できない場合はヒョンソクのように内面の旅行が可能かもしれません。 さまよう青春の表象を自分の色の服を着たイミンギ、ジョゼのオーラをも感じさせる池脇千鶴は魅力的である。 さらに、特別出演でも、自分の輝きを放つチョンユミの存在も印象的だ。 刺激的な話もないし、広大な背景を作成する単調で退屈に見える映画が退屈せずに温かい感性を耐えることができるのは揺れ動く心を持つ若い俳優たちの力にある。

no1syd 2009.03.26午前00:50


一般読者のレビューですが CINE21の記者が書いたレビューよりも
解りやすくて 私が感じたことを上手く文章にしてあると思いました
「自分の色の服を着たイ・ミンギ」とありますが
他のサイトでもこれに似たような表現がありました
「浮気日和」「ロマンチックアイランド」よりもミンギに近い感性を持つヒョンソクの旅は
ジェヨンと向き合う勇気を持ち終わりましたが
イ・ミンギの旅はまだ続いているように思う

映画「おいしいマン」ではお墓を彷徨するシーンがあります
先日チョン・ウソン君のドラマ「アテナ」でもお墓での銃撃シーンがありました
私は映画「おいしいマン」の「お墓」のシーンが意外と美しいと感じました
今回のドラマ「アテナ」での「お墓」シーンをみて
韓国サラミには日本のお墓がどのように写っているのか知りたいと思いました


❤文の中の「池脇ジジュル 」は「池脇千鶴」さんのことです
あんまり可愛いのでそのままにしました
Commented at 2010-12-18 22:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2010-12-19 00:19
☆22:10の非公開ちゃん
おばんでやんすぅ~^^

私はキムCのことは知らなかったのよ~

「ジジュル」って可愛いでしょ
「千鶴」って発音しにくいのね~

私も「おいしいマン」は好きだわよ

ミンギが言っているように「何もない日常」の映画だけど ヒョンソクの心情が氷の音のように 静かに動いているのよね

画面では何も変化がないように見えるけどね

とてもいい映画だと思うわ^^

ほんと ミンギの等身大のような役よね

あのOSTは全てミンギの声よ

私は「NO KIDDING」の歌い方よりも
 
あのように声を張り上げて歌うミンギの声が好きなのよ

もっと自信を持っていいと思うんだけど^^

「NO KIDDING」は無難な感じだけど

サラ~としすぎていているような気がするわ^^

心に残るのは あの強い歌い方だね~

生声にミンギの音を感じるでしょ^^
Commented by dalja at 2010-12-19 18:45 x
こんばんは。
私もおいしいマンのOST大好きなんです。
その前に「NO KIDDING」を聞いて・・・
その後でしたから、あの歌い方朗々と歌い上げる感じに引き込まれました。
ミンギ君と一緒にいるかのような錯覚を起こすほどに魅力的で心に残ります。

どちらを先に作ったんでしょうかね?おいしいマンの方が先に出来ていたのでしょうか?

Commented by kazem2 at 2010-12-19 20:13
☆daljaさん
こんばんは~^^

映画「おいしいマン」のOSTはいいよね!

劇中歌が特にいいよね~

うん
やはり「おいしいマン」のほうが先に出来ていたんじゃないかと思うわ

映画のほうが先だったからね

「マイウェイ」も「ネアンデルタール人」「君のための一人」も歌いあげる歌い方でしょ

「NO KIDDING」はいろんな意味でカバーできるような
歌い方だよね

下手に聞こえないと言うか^^

私もあの朗々と歌い上げる歌い方が好きだからね

次も何か歌ってくれないかしらね~

映画「クィック」で歌うシーンがあるといいね^^
Commented at 2010-12-20 00:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2010-12-20 12:21
☆00:11の非公開ちゃん
やっほ~
アンニョン~^^

了解❤

だよね~
あの歌い方がいいんだよね~

あの歌い方で歌うほうがいいと思うわ^^

私もそう思うわ
ミンギは俳優として生きて欲しいね

うん
まだ若いから いろんな道を考えるかも知れないけど

俳優で大成してほしいね~^^
by kazem2 | 2010-12-18 20:16 | Comments(6)