ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<ブラボー! ジャズライフ>

mm=002001001&article_id=64092>☆cine21.com
永久にここにない、彼らの演奏は、それ自体が歴史
e0109292_20244379.jpg





韓国で初めてジャズを演奏していたジャズの第1世代の中で知られている名前は多くない。
パティキムの<別れ>を作曲したギルオクユングァドラマ<捜査班長>のオープニング音楽を演奏リュボクソンくらいかな。 <ブラボー! ジャズライフ>は、これらを称えようとする若手ジャズミュージシャンたちが憲政のアルバムを制作してコンサートを準備する過程を追っかけていく一方で、第1世代の演奏者たちの証言を伝えている。 これによりあらわれることはよく知られていない韓国の大衆音楽史のいずれかの部分と、別の名前だ。 トランペットの対価ガンデグァン、韓国の唯一の男性ジャズボーカルのキム・ジュン、クラリネット奏者イ・ドンギ、韓国ジャズの名付け親と呼ばれるバクソンヨン。 これらは、まだ自分たちの舞台だけは全盛期に劣らない人気を得て、ジャズを演奏している。 彼らが最初にジャズと出会った思い出の全盛期の頃の記憶は、<ブラボー! ジャズライフ>は、ドキュメンタリーとして表わしたの記録である。 そして彼らが音楽をデヘオン態度は、このドキュメンタリーが持つ感動がそうである。 韓国でジャズ理論を最初に説破したイパングン先生は、撤去を前にして研究室では今も民謡をジャズに融合させる方法を研究している。 ジャズを使って実験的な音楽を試みてきたガン・テファン先生は、孫娘のドゥンギョᆺギルウル守る慣習的な祖父と同時に、"サックスとドラムソロのような音"を出すために練習を重ねている演奏者だ。 歯が抜けるまで、クラリネットを演奏してきたイ・ドンギ先生の告白は、生涯音楽をしてきた人々の心情を代弁する。 "音楽をする人になると思ってた。 まだダメみたい。 これからも人になるようではない"そして、彼らが今までの音楽を置くことができなかった理由はリュボクソン先生の話に要約される。 "ジャズは常に新しいじゃないか。 ジャズは不変じゃないから"『ブラボー! ジャズライフ』は、このドキュメンタリーのタイトルであると同時に、彼らが抱いているの宣言に近いフレーズに見える。

何よりも<ブラボー! ジャズライフ>は、音楽を聴く楽しさを逃さないドキュメンタリーだ。 彼らの演奏に接するには、カメラや演出の態度は、徹底的に音楽の続を注いでいる。 それぞれ別の音楽の性格に合わせて演奏の舞台をデザインし、編集した映像は、ミュージックビデオと似ている。 そうなのかと、久しぶりに会った人々が酒の前で、それぞれの楽器を演奏する切ない瞬間も逃さなかった。 ドキュメンタリーの中の一ジャズコラムニストは、"永久にここにない、彼らの演奏は、それ自体が歴史"と言う。 韓国音楽史の一部を記録すると同時に、彼らの音楽を残しておいたという点で、韓国版<ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ>と言える。

文: ガン・ビョンジン 2010.12.15
by kazem2 | 2010-12-15 20:24 | Comments(0)