ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ハリウッドの失われたあらゆるグラマーを味わうことができる聖餐<ツーリスト>

☆cine21.com
e0109292_19572742.jpg




アルフレッドヒッチコックは、スリラーを作成するすべての監督の夢である。
ヒッチコックの雰囲気を慇懃なふりを露骨にお前のこと、ハリウッドのスリラーを私たちは常に観てきた。 最も繰り返しオマハのされている映画は、やはり<北北西に進路を取れ>だ。 この伝説的な傑作には、私達がスリラーに期待するほぼすべてのものが隠れている。 陰謀に陥った人、魔性の女、エキゾチックな背景。 今夏に公開されたトムクルーズとキャメロンディアスの<ナイト&デイ>を考えてみてください。

<ツーリスト>やはり、一連のヒッチコックのオマージュリストに名前をねじ込むことができる映画だ。 ベニス行きの列車に乗ったアメリカ人ツーリストフランク(ジョニーデップ)は、イギリス人美女エリーゼ(アンジェリーナジョリー)に出くわす。 彼女に応じて、ベニスの超特急ホテルに荷物を解いたフランクはバルコニーでのディープキスを味わったが、エリーゼはキス以上の何もホハジしない。 エリーゼが去ってしまった翌日のフランクは、インターポールとロシアのマフィアに同時に追跡の開始である。 知ってみるとエリーゼは、マフィアのお金スシプオクダルロナ横領した後、整形手術をして姿をくらました男友達アレキサンダーの指令を受けていた。 アレキサンダーの指令となると、自分と体格が似ている人を選んで、インターポールとマフィアににとっての代わりに追うようにするということである。

<ツーリスト>は、ソフィーマルソーが出演したフランス映画<アンソニージマー>(2005年)をリメークした作品だ。 原発の話はほぼ同じですが、全体的な雰囲気はかなり異なっている。 <アンソニージマー>が、フランス映画特有のあいまいな気分を抱いている場合は、<ツーリスト>は、ヒッチコック映画のようにゆったりと動く。 多くの場合、過度に悠々自適してハリウッド映画の主題に解決されるか、またはしたいと思うほどだが、その理由は、ドイツの映画<他人の人生>を演出したフロリアンヘンケルフォンドナースマルクの名前で探すのが良いだろう。 ドナースマルクは、部外者(だから『ツーリスト』)の目で、ハリウッドの古典的スリラーのオーラを蘇らせてと思ったようだ。 ジェイソンパターンのスピード感を期待していない連発<ツーリスト>は、ハリウッドの失われたあらゆるグラマーを味わうことができる聖餐としては悪くない。

<ツーリスト>はまたアンジェリーナジョリーとジョニーデップの映画だ。 性の化学作用が考えるほど大きくはないが、各自のペルソナを存分に発揮する二人のスターは、後半部に行きながら、少しずつ垂れるサスペンスとリズムを全身で押し立てる。 特に眠いグレタ教えて見てもクラウディナカルディナーラような古典的女優のオーラに観客に催眠をかけてはさみます。 <ツーリスト>がクラシックになる可能性はほとんどないが、アンジェリーナジョリーはクラシックになるだろう。

文: キム・ドフン 2010.12.15
by kazem2 | 2010-12-15 19:57