ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[ムービーディック] ブラームスが愛したシューマンの妻

☆cine21.com
e0109292_183837.jpg

         <クララ>の主人公クララシューマンについて知りましょう
  



Q1。 シューマンとブラームスの愛を一身に受けたクララは誰ですか?

クララシューマン(1819〜96)は、19世紀のドイツで名声を馳せたピアニストであり作曲家だ。 5歳のときにピアノを弾き始め、9歳のときは、ライプツィヒ ゲバントゥハオスエソピアニストとしてデビューする。 少女クララの演奏には、ゲーテは『クララは、半ダースもの人の男の子たちが持つ力を持っている』と称賛した。 クララの外見は、当時のライプツィヒのオペラ劇場の指揮者ヘンリードーソンの言葉を参照するとなりそうだ。 "クララは優雅な容姿、バラ色の肌、柔らかくて白い小さな手、豊かな黒髪、領民に輝く瞳を持った"14年の結婚生活を共にするRAシューマン(1810〜56)は、クララの年齢9歳のときに初めて会う。 クララの父親は、ライプツィヒの有名なピアノ教師フリードリヒビクヨトゴ、ビクウイ弟子がまさにシューマンだった。 ビクヌン自分の娘とシューマンの結婚を猛烈に反対したが、最終的に1840年に、シューマンとクララは、一生を共にすることを約束する。 シューマンとクララの夫婦は、当時の若い音楽家ヨハネスブラームス(1833〜97)との深い友情を破壊する。 シューマンは、まだ若造のピアニストに過ぎなかったブラームスの才能を調べて彼を全面的に支持する。 ブラームスはクララに恋心をプムジマンクララはブラームスに『母性的友情』だけを強調する。 彼女は夫の死の後、40余年間の演奏旅行を通って一人で過ごす。 シューマンとブラームスの音楽のクララの曲の解釈は、これまでも一つの規範としてトバトドゥルヨジゴており、ユーロ以前のドイツの100マルク紙幣には、クララの肖像が描かれている。

Q2。 クララとシューマンの愛がなぜ世紀のラブストーリーだとか?

シューマンは、クララと結婚するために、6年間の訴訟も辞さない構えており、結婚後には精力的に作曲した。 シューマンは、ロマンチックな時代を代表するロマンティーの時に、ホストでもある。 シューマンが結婚式の前日<ミルテの花>(Myrthen)という歌曲集をクララに捧げたエピソードは有名だ。 <ミールテの花>には、ゲーテ、バイロン、ルウィケルトゥ、ハイネなどの時にクララへの熱い愛を込めて作った全26曲の歌が入っている。 結婚の翌年の1841年、シューマンは、交響曲の二編を発表した。 <交響曲第1番>(別名:<春の交響曲>)を作曲した後、次の交響曲は、『クララ』という見出しをお付けとし、<交響曲第4番>を書き込み、この曲をクララに専念する。 クララは、シューマンの死後に書いた日記にこんな文を残す。 "この世界の人たちの中で一番立派だった彼は、私は最近、彼の作品を正しく演奏すること、演奏のダウンロードの演奏をすることは決して聞くことができなかった。 このような考えをすると、頻繁に悲しみにパジゴンている。"もちろん、ここで、'彼'は、シューマンです。 クララは、自尊心が強く、直立した性格だったが、シューマンだけは献身的で従順だった。 シューマンとクララの愛が世紀のラブストーリーになったのはブラームスのためでもある。 ブラームスはクララに向けた切ない心を大事にされたまま生涯を独身をとうした。 シューマンが頭痛、幻聴、妄想などの精神疾患に苦しめられて1854年2月、ライン川に身を投じて、エンデニヒ精神病院に収容されて死亡したとき、失意のクララを慰めたのはブラームスだった。 ブラームスは、<ピアノトリオ1番><シューマンの主題による変奏曲>を作曲し、クララに捧げた。

Q3。 クララ、シューマン、ブラームスの関係を扱った別の映画や本は?

これらのラブストーリーは、かつてハリウッドで映画化された。 クラレンスブラウン監督が演出した<ソングオブラブ>(1947)は、クララとシューマンの結婚、クララ、シューマン、ブラームスの友、シューマンの死の後、クララとブラームスの関係を描く。 クララは、<バムウロウイ長い旅路><招かれざる客><朝の栄光>のキャサリンヘプバーンが演じる。 シューマンが1838年に作曲したピアノ曲のタイトル トロイメライを取ってき翻案題した<哀愁のトロイメライ>(原題<Spring Symphony>(1983))もある。 <クララ>が<ライン交響曲>を中心とするならば<哀愁のトロイメライ>は、<春の交響曲>が映画の中心に置く。 本ではベトルトゥリッツだけの<シューマンとクララ>、カトリンレフロングの<クララシューマン>などがある。

文: イ・ジュヒョン 2010.12.14
by kazem2 | 2010-12-14 18:38 | Comments(0)