ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[専門家コラム]身勝手さいっぱいの映画を作成する

☆news.maxmovie.com
遠征審議おしゃべりスケッチブック
e0109292_23144142.jpg






[メックスムービー=ウォン・ジョンシム(<とかげ><女官> PD]

この前トゥウィッで(私のパルロウォドゥルは大部分映画関係者たち)マッパラは人々とどのようにすれば良いディレクターあるいは製作者になるだろうか?という、酒飲んでするほどのところトゥウィッスロプチしない話を交わしたことがある。 お金だけよく引いてくれば良いか? 有名俳優らと親しくて置けば良いか? など実質的適用古くから映画に対する理解と市場全般に対する透徹した分析などの理論的例まで…その行ったり来たりするマンション中に私が共感して下ろした結論、
私心いっぱい映画を作ろう!

世の中すべてのこと、してみるならば期待以下の楽しみと期待以上の困難がくるはずだ。 そしてその難しい障壁の前で数多くの試験を受ける。 映画作りもそうだ。 序盤に‘オイすぐにこれなの!’したくて始めたプロジェクトも‘ところでこれは…’という船頭が一つ二つできながら頭しきりにかしげて段階に入って、‘オではないのか?’という段階に達することになる。 その頭らを越えて一編の映画を劇場にかけるまでディレクターに必要なことらは何か?

初心
どんなことでも最初に始める時ぐらいウ・ウ・する時があるだろうか? 映画を最初に始める時、どんな作品を製作することに決心した彼時の心、‘ア、これならばなるよ!’したかったその瞬間. だが、その心は進行過程で自分の意志反他意半分変わるようになっていて、最悪には私がこれを何故しているだろうという恥辱感まで入ることになる。 それでやめる程初心を維持することは容易ではない。 だが、その時の情熱を記憶する人にその気持ちは絶対的動力になる。

私の初心の瞬間、96年8月初めて映画時に入ってきた時、そして2006年ディレクター口封爵の<とかげ>のファイナル ミキシングを終わらせてオープニング クレジットに私の名前が上げられた作品を初めて見た時。 その時の情熱と喜びは私が大変な時ごとに振り返ってみる麻薬のような瞬間だ。 忘れないでおくこと、その時その気持ち!

人心
映画も人日. ある作品が作られるまでは数多くの人々が関連する。 投資家、製作者、監督、俳優、技術スタッフなど少ないのは7,80人多くて200人余りのスタッフらがクレジットに名前を上げる。 現場スタッフだけでも7,80人は普通とか明らかに小さい集団ことではない。 それなら、これらの作品に対する動機付与は何だろうか? ギャランティーと愛情も? OK. だが、ある映画が‘私の映画’で長く記憶に残るものを作るのは人であることを信じる。 出た冗談のように世界映画史に残る傑作より参加したスタッフらが自身のフィルモで最高作に選ぶことができる作品を作りたいというのが私の希望だと話す。 だが、そのためには現場で作った思い出らが明らかに良くなければならないということだ。

スタッフらを自分映画のための道具と考える監督も見たし、そのまま金儲け手段で現場を考える俳優も見た。 映画がどのように出てこようが自分の持分(役割)だけ取りまとめれば良いという機能的なスタッフらも見た。 だが、最近3年前終わらせた作品の俳優らと‘同窓会’という名前で会って狂ったように‘女優ら2’をとりながら私が感じたのは、そうだこんなものだ。 映画は時間が流れた後にも人を記憶するようにする事もでき、チョン瞬間忘れたくも作る。 忘れないでおくこと、映画は人が作る!

馬鹿力密漁賭けと持ちこたえること。 私が身を置いた会社で作った作品のコピーだ。 映画を作ってみるならばこういう内案の押し出すことと持ちこたえるのが数えきれない程戦争をする。 ‘やめろやめて’から‘もう少し持ちこたえてみれば某あるんじゃないだろうか’という… 3年or 5年の間準備した映画、いよいよ光を見る! いつからか‘いくつかの年の間準備’したとのことがその作品精魂を込めることの尺度で使われたりする。 だが、率直にある製作者、ディレクター、監督も3~5年に映画一編を作りたくはない。 すなわち、そこには自分の意志よりは他意による期間延長になったケースが多いということ。 時には投資問題で、時には俳優問題で、時には適切な時期を探してホールドしてまた触る場合、等等. それで長く準備したとのことが率直に私にはクダク大きい美徳にだけ近づきはしない。

映画製作にも適切なor平均期間ということがある。 その開始をどこに置くかが曖昧だけれど、アイテムを見てシナリオ開発を始めた彼頃で見る時短く1年、長くて4,5年度かかる。 個人的には平均製作費の映画基準で開発から封切りまで1年半ならばハッピーある期間だと考える。 もちろん映画特徴により普通より物理的時間が必要な映画がある。 特に、いわゆるブロックバスターと呼ばれる作品ら. だが、時々、準備すると言ってこっそりと消えるとある日どかんと撮影の便りが聞こえてくる場合があって、そのような場合、私たちが忘れている間そのチーム内では押し合いして作品を引いてきたし、ファクシンコンデそのように引っ張ってくることができるのは何より製作者の馬鹿力に起因する(その作品が製作者が変わらないで来たケース場合). その作品を信じて自分の中(案)の押し出すことと持ちこたえることの戦争で勝つ馬鹿力.

絶対的シナリオはない。 すべての投資社とすべての俳優らが好む万病に効く薬よりも大事なそのようなシナリオはない。 結局はどんな部分でも少しずつ足りないそのシナリオを実際製作船上に上げておくのは多くの部分らが製作者の意志に寄り添う。 ことができない拒絶と‘これをなぜ作る?’という気力がなくなる質問にも折れないことがある意志. 出たそれを‘馬鹿力’と呼んで、私がディレクターとしてほしい最高の徳性でもある。 忘れないでおくこと、映画は信じて力強く持ちこたえた代価で得た力で押し通す者のことだ!

天心
この前製作者先輩であり友人の野郎と話. “キャスティング上手にする秘訣は追い立てるだろうか?”簡単だ! 良い本、監督、そして天運”首を縦に振りながらも‘天運’だけに空しい単語があるだろうかという気がした。 幼い時期、出た天運を信じなかった。 かえって、私の努力があえてその天運を支配することもできると信じた。 だが、すべてのことがそのように作品と俳優and投資社との出会い等等すべての映画作業はタイミングで、そのタイミングはその作品の運にも起因するのではないだろうかという気がする。 キャスティングに大変がる私にどんな先輩いわく、もしその作品が入る作品ならば俳優はすでに決まっていること、ただし誰も分からないだけでその俳優が決まる時まで疲れなくしたがそれも‘天運’の違わないだろうか? しかし、明らかなことは、その天運を可能にするのも、初めてのその気持ちを忘れないで(初心),人を惜しみながら(人心),最後まで意志あるように推し進める気持ち(馬鹿力)がある時空もその運を許諾するということだ。

私心いっぱいである映画作り! 私の名前貞心をそこに付けて五心だと呼びたいという味気ない冗談で、遥かな先輩らがしなければならない話を後輩が怒鳴ってしまった恥を覆ってみようとする。

<国内最大映画ニュースチャネル! マックスニュース>

記事入力:2010.12.13 10:02
by kazem2 | 2010-12-13 23:14 | Movie | Comments(0)