ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

200万人の観客動員'能力者'キム・ミンソク監督(インタビュー)

☆news.nate.com
e0109292_1836475.jpg

ポン・ジュノ監督 キム・ジウン監督のアシスタントディレクター経て、『超能力者』とイプボン
忠武路に尋常でない新人監督が登場した。




キム・ジウン監督の『甘い人生』演出部の末っ子で始まっているような監督の
「良いやつ悪いやつ変なやつ」とポン・ジュノ監督の『グエムル』助監督を経て、文字通り嘱望される新人、キム・ミンソク監督である。 彼はタイトルから、尋常ではない「超能力者」で封切り19日ぶりに200万人の観客を動員した『能力者』だ。

よく知られたように、映画人として生きるということは話にならないくらい少ない報酬と不透明な未来への暗澹さを耐えなければならない'準'失業者に他ならない。 キム・ミンソク監督は、才能豊かな'売り'と努力のおかげで、今日の「イプボン」をすることになったが、彼もご両親のため息休ませて作成された時があった。

- 演出部の頃、どのように『延命』したのか。

"映画の方が考えるよりも報酬が少ない。 2005年の『甘い人生』と600万ウォンを受け取った。 作品ごとに契約するため、通常の映画の総製作期間が1年に進んでから、年俸が600という話だ。 その当時はそれでもかなりよく受けた方だった。 友達と家賃30万ウォンのところで暮らしながら映画の現場で食事をして、演劇や映画は、試写会を利用して観覧した。 多買う方法はあったよ(笑)"

- 自分の夢と現実の間で夢を追うのが容易けど。

'長男'なので、より多くの出版物になった。 ご両親も、なぜそうさに、結婚はしないからして心配された。 良い職場に入って結婚するよりも、自分自身を見つけるのが私にはもっと重要だった。 私はこの仕事をなぜか仕事に満足しているか絶えず頼んだ。 両親、私は基本私はこの仕事を放棄していないのを見て本気だとお考えのようだ。 子供が幸せにあるのに反対する親いるのか。"

- 映画が専攻ではないのに、どのように始めるようになったのか。

"大学で考古学を専攻した。 作家が夢だったが、最初は、ビデオカメラを買ってあれこれ撮ってまわった。 卒業して1年ほどのミュージックビデオ撮影のアルバイトをしてから『オールドボーイの思い出』という短編映画を撮った。 2004年ミジャンセン短編映画祭でのアクションスリラー部門の大賞を受賞しながら、本格的に商業映画版に足をために割り当てている。"

- 実際に演出部の生活、5年ぶりに監督デビューするには能力もあるが、運もタラジュンようだ。

"そうだ。 映画の中のセリフの中だ「パルジャジ」という言葉がある。 三十までは、「運命は私が開拓する」としながら毒がきつくオルラトオトのですが、三十移りながら生活の中で、確実なことはいつか死ぬということしかないということを悟った。 「今日より幸せに生きようというのが今の人生観である。」

- 映画に地下鉄が何度も背景に出てきた理由は、地下鉄を主に利用してある。

"そうだ。 仁川文鶴競技場駅が静かしてそこに行って撮った。 また、そうするしかなかった理由は、スクリーンドアが設置される前だからだった。 映画を見ればギュナム(コス)が赤ちゃんを入手する場面があるのに、スクリーンドアがあればならなかった。 シナリオを書く時、ソウルの地下鉄は、各駅にホームドアができてしまってちょっと恥ずかしいとても愉快だった。"

- '花美男'ですが、主演俳優のカン・ドンウォン、コスを含め、ほとんどの人気俳優たちだった。
現場がチクチクわけではなかったか。

"ちょっとそのような面がなくはないけど面白かった。 女性の話をたくさんしたか? ではない。
カン・ドンウォン氏が工科大学の出身だから、新たな物質への関心が高い。 スタッフの中でも工科大学出身者が多くて、原子こういう話を2時間にする。(笑)"

e0109292_1848134.jpg


- これから映画とあなたの関係は。

"ことだが、映画と一緒に成長したいと思う。 これが私がされて、私は仕事をされて。 私の映画は商業映画だが、'のように考えてみよう'という主題意識が下に敷かれていて、できるだけ映画には包装して作品になるでしょう。"

{ⓒ'グローバル夕刊総合日刊紙'アジアトゥデイ}

ユンナレ記者mayfish@asiatoday.co.kr /写真=イビョンファ記者 photolbh@asiatoday.co.kr

アジアトゥデー 原文 記事転送 2010-12-13 14:38
by kazem2 | 2010-12-13 18:36 | kim jee woon