ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

クロードシャブロル追慕祭

☆cafe.naver.com.seoulartcinema.cafe
e0109292_23305861.jpg




クロードシャブロル追慕祭
Hommage Claude Chabrol

(社)韓国シネマテーク協議会は、ジャンリュックゴダール、フランソワトリュフォー、エリックロメール、ジャックリベットなど、フランスのヌーベルバーグをリードした監督たちの作品を継続的に紹介してきました。 これらのヌーベルバーグレオンは、伝統的な映画作りに安住せず、新しい映画言語を積極的に発明し、開発して、現代の映画史に大きな足跡を残しています。 ヌーベルバーグのシネピルたちの昔のままの歓声が続く中で、残念ながら2010年に二人のヌーベルバーグレオンが私たちのそばを去っていきました。 1月11日に、エリックロメールが、9月12日には、クロードシャブロルが永眠に入ったのです。 そのうちの'ミステリースリラーの対価』とうたわれるクロードシャブロルを追悼する意味で、ソウルアートシネマは、12月14日から『クロードシャブロル追慕映画祭』を開催します。
クロードシャブロルは<χにデュシネマ>評論家の時代から熱烈なヒッチコックの信者でした。 監督デビュー作<美男セルジュ>(1958)にもヒッチコックからの影響力を隠していなかった彼は<ベラミー>(2009)を遺作として残すまで50年以上もの人間の暗い心理を暴いたスリラーを発表しました。 特に、シャブロルは家族と女性の罪悪感や強迫観念をナイフでベドゥト剣幕青色に入り込みヒッチコックの温かいスリラーとは別の世界を創造しました。 今回の映画祭では、そのようなシャブロルの真価を思い出すことができる8本の作品を集めました。
妻が親から受け継いだお金で作成されたデビュー作<美男セルジュ>は、かつてよく出て行った人物がトゥェラクして経験する強迫観念を第3者の視線を介してドゥルヨダボミョフランスのニューウェーブの代表作となっています。 また、<いとこたち>(1959)は、相反した性格の人物の間で形成される愛と憎しみの関係を演劇的な背景とリアルな描写との組合せ、シャブロルの興行作となりました。 以来、着実に秀作を発表し、1960年代に全盛期を享受したシャブロルは、1970年代に深刻な不振を経験し、1980年代になってやっと過去の名声を回復することができました。 むしろ、この時期は、初心に帰ったように<マスク>(1987)などの作品でヒッチコックを連想させるサスペンススリラーを発表しました。 そうかと思えば、1990年代に入ってからは、よりゆったりとした視線の中の巨匠の姿をさらすの作品を相次いで発表しました。 ウイチョジュン夫のために地獄のような人生を経験する女性の物語<地獄>(1994)、ブルジョア階級の家の下層民の怒りを描写した<意識>(1995)、連続殺人を置て、複数の人物たちの心理が斜めに交差する<嘘の真ん中>(1999)、出生の秘密が封印を開きながら、混乱に陥るの家系歴を殺風景につづった<チョコレートのおかげで>(2000)と<悪の華>(2002年)までに、シャブロルは年を取っても、人間の内面に故人黒井戸を長く上げるのに躊躇ありませんでした。
クロードシャブロルの死は、彼を愛しているシネピルたちの痛みでありながら、世界の映画会社の一瞬間が光を失った切なさでもあります。 今回の『クロードシャブロル追慕映画祭』は、シャブロルの追悼の意味が加わっているわけにもっと特別な時間として記憶されるものです。

監督lクロードシャブロルClaude Chabrol(1930〜2010)

1930年6月24日にフランスパリで生まれたクロードシャブロルは、ミステリースリラーの対価として評価される監督として、ヌーベルバーグをリードした人物でもある。 ソルボンヌ大学で薬理学を専攻したが、パリのシネマクラブを使ってジャンリュックゴダール、フランソワトリュフォー、エリックロメール、ジャックリベットなど似合って以来、<χにデュシネマ>を使用して映画界に初めて足を踏み入れた。 <美男セルジュ>を発表するまで、活発な評論活動を広げた彼は、エリックロメールとの協力にアルフレッドヒッチコックの<濡れ衣書いた男>(1956年)を分析した研究書<ヒッチコック>を執筆しただけに『ヒッチコック主義者』として有名だった。 それでもシャブロルがヒッチコックの映画を単純な模倣したわけではない。 ヌーベルバーグについても、"ニューウェーブ(Nouvelle Vague)はない。 映画のバダマンているだけだ"と言ったほどで、特定の枠にとらわれず、独自の映画の世界を創造した監督だった。 ヒッチコックがそうだったように殺人事件の裏に隠された罪悪感と強迫観念のような人間のマルラビトルオジン感情に注目するが、フランス的といっていいの背景と感性を混ぜてシャブロルぶりのミステリースリラーの文法を確立したのだ。
特に、<屠殺者>(1969)<野手を殺さなければならない>(1969)<不正な女>(1969)など、1960年代後半に集中された作品を通じて、全盛期を開いた。 この時期には、主にフランスの上流層と中産層を行き来しながら、彼らの世界の中にペンベハン関係の緊張と爆発を扱ったという点で、特に熱烈な支持者を集めた。 その後もシャブロルは着実に作品活動を続けて行ったのだが名声にふさわしくない興行成績で、1970年代半ばを越えて、多少苦労して映画を作るのお世話になった。 TV映画と広告の演出まで、撮影状況に至るようになったが、<ビオレット露地エール>(1978)を使用して劇的に回復に成功し、以後遺作<ベラミー>(2009)までの安定的な映画のキャリアを続けている。



映画史講座

12.23(木)19:00 <美男セルジュ>上映後、
『クロードシャブロルのヌーベルバーグ' |ギム・ソンウク(ソウルアートシネマプログラマー)

*'クロードシャブロル追慕映画祭』は、ソウルアートシネマを愛している一般的な後援会員とCMSの後援会員の後援で行われ、部隊行事の映画会社の講座は前に上映される作品を見た観客たちの参加の優先順位があり、席が残る場合は、先着順に参加することができます。




1。 美男セルジュ クロードシャブロル 1958年|フランス| 93min | B&W


2。 いとこたち クロードシャブロル 1959 |フランス| 112min | B&W


3。 マスク クロードシャブロル 1987年|フランス| 100min | Color


4。 地獄 クロードシャブロル 1994年|フランス| 100min | Color


5。 意識 クロードシャブロル 1995年|フランス/ドイツ連邦共和国| 112min | Color


6。 嘘の真ん中 クロードシャブロル 1999年|フランス| 103min | Color


7。 チョコレートのおかげで クロードシャブロル 2000 |フランス/スイス| 99min | Color


8。 悪の華 クロードシャブロル 2003 |フランス| 104min | Color


*すべての作品は、ハングル字幕付き上映されます。 *ⓔ= English Subtitled

観覧料
- 上映一般6,000ウォン/青少年5,000ウォン/観客の会員、高齢者や障害者4,000円
- 金曜の短編映画館/作家と出会う一般5.000ウォン、青少年/団体/老人4,000ウォン、観客の会員3,000円
- インターネットの前売りは、マックスムービー(www.maxmovie.com)、YES24(www.yes24.com)、チケットリンク(www.ticketlink.co.kr)などの指定前売りサイトで可能です。
- 現場の前売りは12月14日(火)16時30分から開始します。 (発券所の運営:初上映一時間前)
by kazem2 | 2010-12-11 23:40 | Movie | Comments(0)