ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[キム・ヘリの映画の日記]カメラが近付くと愛が遠くなった

☆cine21.com
e0109292_19195350.jpg

スウェーデン版<レットミッツイン>のオスカルを連想させる、デンマークの画家クリスティンコプコ(Christen Kobke)の肖像画<座っている少年>(1832)。 裸の少年は、光から背を向けて闇を凝視している。

* <レットミッツイン>のネタバレがあります。






11月9日
夕方、多重化で盛況のうちに<不当な取引>を観覧して出てくるが、どこか見慣れた美男の青年が、コーヒー専門店外のテーブルに一人で座って読書している。 近づいてみると、三兄妹のもとに置き、七本の長編映画をお作りになったリュ・スンワン監督である。 いや、この広大な都市にフレデリックフォーサイスの<アフガン>を読む場所が<不当な取引>観客が溢れ出てくる街角のカフェのテーブルだけとはどういう意味です、とわざと悩まさせていただいたし、しばらく同席した。 <不当な取引>の経験の後、リュ・スンワン監督は、本人が本当に上手にできる操作は、現場から直々に楽しい映画の作成が何であるかを再度考えているように見えた。 一つのセットピース(set piece)にアンムドゥェンアクションに関する彼の長年の熱狂を口に上げたところ、リュ・スンワン監督の言葉にかすかな懐古調の若さ。 "私に最高のアクションは、まだジャッキーチェンアクションです。 私の映画でもそのようなアクションを再現していました。 しかし、知っている。 それはジャッキーチェン以外の誰にも不可能なアクションということ。 最近では『本』シリーズのように、現実を持って、他の種類の現実を生み出すアクションに興味を持って行きます。"頭の中には完璧な想像図を抱いて、そこに触れると悪戦苦闘する演出に疲れたリュ・スンワン監督は、現場の条件と変数反応して交渉して、最終的に一本の映画にオオロジル判断を毎日降る演出方式から、予期せぬエネルギーを得たようだ。 簡潔に言えばもう少し柔軟性と、私的に少し少なめに不幸な作業だと言える。

11月10日
考えれば考えるほど<不当な取引>という教訓である。 体パルジャゴ一度向けると、残るのは駆け引きばかりで、フェジョルウル起動すると、適切なポイントでユトンハル道なんてないから、あなたが財閥の婿や検査を除き、不当なゴレエンおろそかに加担しないほうが賢明だときっぱり警告するわけではないか。 検査ジュヤン(リュ・スンボム)と刑事チェチョルギ(ファン・ジョンミン)陣営の対決のプロットは、尾に尾をかむの弱さとると二転三転するの節目ごとにいろいろな種類のデジタル機器が動員される。 この映画の中で人があまりにも簡単に死んでいくという指摘を聞いたことがあるのに、このように『記録』を防ぐことができない世界では、証拠がずっと首根っこをとるものだから真実を無視する力や相手を殺して取り除くか、または両方のいずれかの帰結になるしかないはずだ。 拳で打ってもらう代わりに、覆いを行っ頑としてオンギョ付または体重を支える足ヅンチ下部を蹴って一気にゴクロトゥリヌンアクションスタイルにも、映画の主題とよく合っている。 つまり<不当取引>のアクションには、戦いの技術を展示する機能がない。 力の作用方向を示すことで満足なのだ。

何度もじっくり見ると、<不当な取引>はチェチョル期という一人の男の話になる運命だった。 分かってみれば重要な人物が皆同じ醜い機械の部品ではあるが、少なくともチェチョル機は、家族や仲間を保護するという守勢的動機から出発し、最終的に自滅する人物とは、面で主人公の視点を占めるに十分だった。 それでも、この映画は、<死生決断>の構図を連想させる二人の男の話に見えるのはリュ・スンボムの演技だ。 実は彼の演技は、<不当な取引>から西の外に飛び出すロックマーラックする息もつけないほどの行に乗る。 「スプーンひとつに置いただけ」を云々するの冗談は、まるで彼がこの映画でコメディーを担当しているのかよ危うからず深く、ファン・ジョンミンが、まともに習得しなければならない重大シンエソジョチャたやすくスグトヘジジていない彼の存在感はハラハラしている。 しかし、揚げ足をジャプギエンリュ・スンボムを見物する楽しさがあまりにも大きい。 バンムテメガネのゴルフウェアを着て、検察庁の廊下を悠々自適に滑っていくリュスンボムだって! これで、リュスンボムは、何かを人より多く享受して見てノルアボン人、それによって脂肪に包まれた人間まで延期することができるようになった。 そうすれば、同時期に撮影された<フェスティバル>でのリュスンボムは大変さっぱりとしてロマンチックだ。 変な顔でも女性を十分に潰される男だ。 長く並べたが、要するに、俳優リュスンボムに再感電したという話だ。 一度の魔法でのキャリアを通じてファンをドラッグしていく俳優もすごいが、重ねて他の恋に陥れる俳優も怪物だ。

11月19日
マットリーブス監督の<レットミッツイン>同様に、見る間、心がサブンオヨルドゥェン映画もなかった。 場面ごとにヨンA. リンド大きビーストの原作小説と、生成されたトーマスアルプレドゥソン監督の<レットミッツイン>を具象visitorから取り出し、何が違っていることか異なるべきされている焦燥するのが疲れていた。 一晩中降った純白の雪原をバルドゥト、このエキサイティングなストーリーと初めて遭遇する観客に嫉妬した。 <レットミッツイン>を再び考えるためのメモの一部。

US版にはスウェーデン版よりもオーウェンと父親の愛の物語に敷かれた10代のセクシュアリティを浮上させたという点で好評を博している。 確かに米国版のクロ明後日津はスウェーデン版のリナレアンデルソンボダ<ヴァンパイアとのインタビュー>に出たコスチンダンストに似ている。 しかし、告白ハゴンデ僕<レットミッツイン>の定数は、それが他でもない思春期前のラブストーリーという点にあった(セクシュアリティに関するバンパイア映画がもっと必要なのか?)。 つまり、二次性徴が現れる前の少年と去勢された少年/高齢者の関係、人間と人なのかモンスターかどうか選別することができない存在の抱擁という点<レットミッツイン>を豊かにした。 原作小説とスウェーデンの映画は、性愛が形成される前にその原型がされている衝動と、人間も非人間も生きているすべての存在に内在する愛の本能を描いたに特別なものだった。 もっと大胆に言えば、先に進んだ二版本は豪華レズビアンたちを興奮させることができる話だった。 この点で<レットミッツイン>のラブストーリーが発揮される馬力は<AI>のそれと連結して考えなければならないかもしれない。

1。 リーブス監督は、周辺の人物を縮小し、オーウェンとアビーに集中した。 <クローバーフィールド>の監督にはスウェーデン版の冷ややかなロンショトウル上手な主観的ショトウロ取り替え部内者の視線を提供する。 一点にきつくダガドゥン形式にもかかわらず、米国版<レットミッツイン>で、オーウェンと父親の話は、ターゲット化されている。 初めての映画に登場していない、捜査官の視点で書士を境界線にする導入の場面から、『上の社会』の視線は、映画の外から中の二人の子供を見守っている。 霧のようにただ漂っていた究明することができない少年の衝動や暴力性には、親の無関心、性的ヌントゥムグァのような鮮やかな因果が付与される。 誰のため? 見る人の理解を助けるために、映画が心配している。 例えばこんな場面。 スウェデンパン<レットミッツイン>で、オスカルとイエルリーが裸でベッドに横たわっているシーンは、当初、ハリウッド版がどのようにダルルジ関心を集めた。 簡単な答え。 ハリウッドは、オーウェンに服を着せた。 しかし、いざゴスルリョトドンのは、父親がオーウェンの背中を見て交わす会話を撮るカメラの席だった。 マットリーブスは、世界で最もよく知られて秘密の会話の神のコンテにオーウェンと父親の間に、カメラが割り込んで野蛮などのシーンを入れた。 瞬間大切な領域が侵害された気がした。

2、 一部のファンは、米国版<レットミッツイン>が父親を注意するが犠牲にされている中年の人を未来のオーウェンの姿で暗示したとして憤慨している模様だ。 オーウェンだけは父親に利用される奴隷ではなく、真の愛でなければならないという信念である。 しかし、<レットミッツイン>は、愛の崇高さではなく不可避性を話すことで、美しい話だ。 利己的で暴力的で、"斧で人を撮ってジュクヨトデド"味方しかなくても、"私を斧で撮って殺したとしても残していない"感情の問題だ。 オスカル/オーウェンを再び見てください。 この少年がひたすら善良で感傷的な犠牲者に見えるか? 彼は、カーソルの連鎖殺人者になるかもしれない。 これにより、あなたはこの話を捨てるのか?

11月21日
ようやく体がジャムギルカどうかという浅い眠りの中、誰かの小さな手で窓ガラスを叩く音を聞いた。 イエルリ? アビー? 目も釘を開けフラフラ窓を開けてみると、夏から遅れて到着したよう激しいソナクビダ。 あわや"入ってもいい"と言うところだった。

文: キム・ヘリ 2010.12.10
by kazem2 | 2010-12-10 19:20