ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[書籍]このように、暗いロマンス

☆cine21.com
e0109292_19353077.jpg

          <嗤う伊右衛門>京極夏彦著/ブックスピア社発行




四谷怪談は、日本で最も有名な怪談の一つだそうだ。
婿養子に入った男が妻を追い出して、妻が鬼というベシンナムストーリー。 しかし、京極夏彦ウイ手を経た<嗤う伊右衛門>では裏切り南道鬼も必要ない。 純白の男女と、暗鬱なシデマンていればいい。

浪人イエモンは無事ラプシゴ虚栄心を働かせること嫌い貧しい大工として生きる孤高の男だ。 そんな彼に縁談が有る、ボチョビョンを務めとする怪しげな武家の娘これが相手だ。 これは、美人だったが、天然痘を患った後の醜いモルゴ - ルに変わったのにな同情よりはむしろ、軽蔑がよいという自尊心の強い女だ。 お互いに似ているこれらはお互いを愛している。 問題は、これらが心を表現することができるということ。 これは醜い自分をイエモンが無視するかもしれないと疑って事毎にボールをキャッチします。 イエモンは彼女の内情を知らないままうんうん患ソンジルマンかっとしたりしている。 これは、苦しんでイエモンを見て、大変ながらも、極悪非道な性質を抑えられない。 わざと悪を装うには潔癖な人が自分の小さなキズ一つ我慢できず悪しくやるのだが、これらにぴったりの言葉だ。 最近で言えば愛情と関心を素直にさらす恐れもむしろシルダミョ相手をミルチョネたり、わざと悪を装うに悩む思春期の熱病のようなロマンスだ。

歴史的背景の元禄時代には、<嗤う伊右衛門>の人々をジトヌルヌン暗い時代に描かれる。 みんな『心の病』を患っている。 妹の自殺に狂っては、社内、人生の無意味さを勝利のために悪事を繰り広げるニヒルリストゥ。 このような時代で、これとこれに運転がうまくいくはずがない。 権力者伊藤ギヘイガ飾る陰謀と彼らの愛は歯車のようにかみ合って悲劇に向かってグルロガンダ。 原作が悲劇だから結論は決まっているが、その方法が異なる所だ。 キャラクターたちが精神的に、また物理的に没落する過程がタムミジョクに描か持つゴシックロマンスファンは歓呼するだろう。 ミステリーファンは伊藤が犯した一連の悪行がどんな結果を生むかどうかいくなら満足に読むことができるだろう。

文:ギム・ウンミ( フリーランスライター ) 2010.12.09
by kazem2 | 2010-12-09 19:37