ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[電影客桟]模範的な、あまりにも模範的な

☆cine21.com
e0109292_18531933.jpg

デビッドフィンチャーの<社会的なネットワーク> すっきりしなかった理由





一方の映画の文をこのような結論に起動するのが残念ではあるとしても、評壇の好評とは異なり、デビッドフィンチャーの<社会的ネットワーク>は、期待に及ばない映画だった。 だからといって映画の星の楽しみを感じることができなかったのが必ずデビッドフィンチャーのせいではないようだ。 実話を変奏する彼の想像力がなんとなく枠組みに閉じ込められた印象を与えると指摘することはあっても、確実に彼の演出に完全つかみたいコーナーがあるのではなかった。 ちょうど映画を見て出てきてちょっと変なポイントでくるので、紛らわしかった。 映画<ソーシャルネットワーク>が面白くない、と言うなら、それはフェイスブックの起源が面白くないはマルイルカ。 フェイスブックが作成されたプロセスが新たに近付かないていないのは、Facebookのメカニズムも新しくないという意味になることもあるだろうか。 結局、この映画は、退屈しかないのは、Facebookが退屈だからだろうか。 一方が他方の免罪符になる可能性があると言われるわけではない。 映画が扱う素材の評価をする映画の評価と一致することも明らかに無理な仕業だ。 しかし、上記の主張の間に存在するだけの何段階かの事由をスキップし、そのまま大胆に、その式に頼んで作ること、もしこの映画で唯一の新鮮な点がある場合は、まさにその問いであるかもしれないという気がする。

もちろん、大多数のFacebookのユーザーはそうバンムンハルだ。 この映画は、フェイスブックを作成した人たちの話なので、フェイスブックと映画を同一視するのは愚かな仕業だ、もしかしたらフェイスブックを作成した人たちのビハインドストーリーがつまらないからといってフェースブックがバカなのはなくて、それが必ずしも映画をくだらないにすることでもない...等々。 一理ある反論だ。 しかし、<社会的ネットワーク>は、(映画の意図はないそうだが)、このディティールの点をひっくるめて重ねて考えるように作って、そこに私たちが『Facebook』と包括して呼ばれるいくつかの世界への幻想 - 要するに映画のポスターのハングルのコピー]ソーシャルネットワークの革命!』などのフレーズ - が接触してしまうする。

彼らは『何』認定闘争を行っているのか
何人かのピョンジャは、この映画は、フェイスブックを巡るさまざまな人物たちのさまざまな証言を使って、事実関係を問うより、異なる視点に情報が表示するのに力を取るという点で、興味を追求した(ジョンハンソク778号、キムヘリ779号)。 耳を傾けたに値する指摘だが、ここで私達は一つの事案について、複数の人物たちのさまざまなバージョンの物語が最終的に共有している根に戻っていなければなりません。 多様性への関心よりも重要なのは、その多様性の外皮が最終的に一つの目標に向かっているときは、その目的について話すのだ。 派手な編集と真実/偽の区別を濁すドラマチックな証言のコースにもかかわらずマークジョコボグ、ウィンクルボス兄弟、エドゥアルドのそれぞれの主張が、私は、ある瞬間から、映画的に消耗的な繰り返しのように見えたが、それはその根底に結局、同じ認定闘争の欲求があるからだ。 認定闘争そのものが問題になることはない。 しかし、それが現実で、フェイスブックという名前の仮想世界への移行はその境界で作用するとき、彼らが『何』認定闘争を行っているのかについて尋ねてみたくなる。 彼らの認定闘争は、現実でのそれとどのように他の標準の上にあるか? 彼らの認定闘争はどのように斬新なのか?

その前に、この映画の序盤、比較的ミョンジンハン意味を内蔵したように見えるモンタージュシーケンスについて言わなければならない。 ガールフレンドに振られたマークが寮に戻ってきて、コンピュータの前に座った後から映画は急激に高速化に両方のセクションを行き交っている。 一つは、ハーバード女学生たちの個人情報をハックして女学生たちの美貌に順位を付ける'ページスマッシュ』のプログラムを作成したマークとこれに賛同する男子学生たちの寮の風景。 もう一つは、同じ時刻、女学生たちを招待してパーティーを繰り広げるフェニックスクラブ(ハーバード大学内の、別の上流階級のクラブ)の風景。 いわばオンラインの画面では、女子生徒たちの顔が、現実空間では、女子生徒たちのセクシーな体が、これらを見物する人々の熱狂的な視線の中で、スペクタクル化される。 ハーバードという名前空間内の2領域の使い道は、あるいは両方の領域での女性たちが消費されている方法は、最終的にだ。 女性の対象化について云々するのはもちろんないが、この二つの領域が驚くほど同じで、旧態依然、男女関係の現実的な構図を共有しているジョムマンクムウン注目する必要がある。 つまり、フェイスブックの前身ともいえるページスマッシュと現実を結んでいる関係が対立的ではないという事実だ。

e0109292_19271444.jpg


この映画では、マークジョコボグウイコンプレックスを持続的に刺激するのはハーバードの、いわゆるクールな男たちが所属するファイナルのクラブに彼が入ることができないという事実である。 もちろん、これは、上記のシーケンスの後に完全に露出されてですが、とにかく、ここでは、既に彼のオンライン操作は、オフラインのフェニックスクラブを代わりにする、オンラインフェニックスクラブに相違ないことを映画は示しています。 いわば、オフラインでの影響力を持っていない者の現実を相殺手段。 ウィンクルボス兄弟やマークの唯一の友達エドゥアルドがトゥムナルたびに、『父』の存在を言及するのとは異なり、マークはただの一度も父を含めて、自分の背景には言わない。 常に父の影響力に期待するか、父を意識する、極めて現実的な物的ネットワークを所有しているウィンクルボス兄弟とエドゥアルドに比べてマークが依存することができる唯一無二の影響力は、自らのオンラインネットワークのホストになるのだ。 このときに、それがこのマークを劣等感に陥っている現実の構造を壊すものではなく、彼の現実的な不足を満たしてくれる代替物という点が重要である。 ウィンクルボス兄弟とエドゥアルドがオンラインに目をつけてのマークに、いくつかの理由を挙げて訴訟をかけることは、現実の豊かな資本の所有者たちは、マークの言葉どおり、『ただの一度もイルオボンことのない『人々がより多くのことを持っているだろうという野心の表出だ。 しかし、マークの場合は、結果がどうなろう不在から始まる。 その場合はマークの立場がより公正であるか。 より深い理解の対象となる資格を有するか。

'大衆性'の幻想
この映画を、天才悪童の成長の会談で見れば、そのような問いに、しばらくホクハルジドしれない。 しかし、ウィンクルボスナエドゥアルド、そしてマークは、最終的に同じ部類に見える。 偏見履歴は分からないが、彼らの野望と、彼らが踏んでいる現実的な背景と、それを奪われないで利用する巧みな腕前をレポート成長の塀だと言うのはとても寛容な仕打ちだ。 映画の中でこれらがハーバード大学のネットワークと、フェイスブックの専有権を考案したのは、結局、現実の上流階級の専有権をオンラインで拡大しようとする行為だ。 この仮想世界の秩序の現実と断絶した、現実と別の何かが存在するのか、聞いてみたい。 映画がどこまでもFacebookの創設者たちの間の泥の戦いに限定されるが、この争いの元となる、現実の条件の上で起こっている社会的認定闘争が私達が使用しているフェイスブックのメカニズムとはかけ離れた話だと素直に言うことができようか。 私たちは、あまりにも簡単にインターネットの空間が現実の垂直的関係を水平的な関係にしてくれると思うが、肝心の問題は、その関係の姿がない。 問題は、関係を規定したり、序列化する基準が既存の現実的な条件たちでどれだけ自由にできるかどうかにある。 しかし、この映画では、Facebookはその始まりも、使い道も、現実の強固な延長か、現実の条件に基づいて建てられたフィクションのチャンジョダ。 マークと彼の友人たちは厳密に言えば、新しい世界を創造したのではなく、今私たちが住んでいる世界を変奏して、もっと影響力のある空間へと移行させたのだ。 その空間をめぐる人々の権力争いは、新しい世界を先取りしようとする野望というよりは、結局移行コストをミョンハゴナ報酬を受けようとする戦いである。

<社会的なネットワーク>の生まれ的な限界は、フェイスブックを大事にしながら、それを作った人たちの物語の中に閉じ込め、彼らの社会的地位から脱したり、ハーバード大学の下に降りてくることにある。 いや、それは多分この映画の利発な戦略である。 仮想世界の活力を期待していた私たちのうち何人かに、この映画は、そのため、退屈することができますが、同じ理由で、フェイスブックの'大衆性'に対する幻想はそのまま残されることになる。 この映画は、ただの貴族の誕生シンファイルだけで、今の私達の寂しさを平等に展示することができるそのFacebookの民主的な性質とは違うという幻想のようなもの。 しかし、私はこの映画に与えることができる最小の意味があるなら、それは前にも言ったように、映画を介してフェースブックの起源とフェイスブックのメカニズムを一つの垣根の中で重ねて考える機会を得たことジョムプンイダ。 映画の序盤は、マークがガールフレンドに捨てられて寮に戻ってくる、その遠い遠い道、うら寂しいキャンパスの夜の風景を、カメラがしばらく付いて行く時、凄惨になった青年の自尊心と同時に、何かに湧くのは彼の心臓の音を聞かせるような風変わりな音楽が不協和音にイプヒョジルときに、マークは、映画は何か大変な仕事を夢見るように見えた。 その瞬間にこの映画の、映画の中のマークの可能性がけいれんをたてた。 しかし、それだけの躍動的な爆発力を持った時は、再度訪ねて来ていない。 その夢の結果は数値として換算された207カ国の5億人、250億ドルの価値がある。 その価値は何だろうか? コミュニケーション、孤独、開かれた世界...。 果たして私たちのうち誰がそのようながらんとした言葉ではなく、他の言葉に信頼をブトジャプウミョその価値について話すことができますか? 私はその価値を悲観する。 <ソーシャルネットワーク>は、私有の革命の中で自分自身を更新する危うさよりも技術の革命が抱かれる位相を選択して、実は、社会的に模範的な青年の神話をそのまま追っかけていくだけで、模範的な話だった。

フェイスブックをするところには、その時に隣の人のにおいをもう一度務めて目をもう一度向き合っすると、私は今まで考えてきた。 そんな私にもフィンチャーならば、何かを示すことができた。 しかし、映画はつまらなかった。


文:ナム・ダハ( 映画評論家 ) 2010.12.09
by kazem2 | 2010-12-09 18:53 | Comments(0)