ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

そのように熱いその時その瞬間

☆cine21.com
ビートルズに関連した映画の中の<印象的なシーン20シーン>

ここにビートルズが登場する二十件の場面がある。
ビートルズが直接出演した映画、ビートルズを題材にした映画、そしてビートルズに言及し、パロディにした映画に至るまで、すべてがビートルズの話をして、思い出にした。 ビートルズの最初の長編映画<ハードデイズナイト>から中村義弘の<ゴールデンスランバー>に至るまで、ビートルズの印象的な瞬間を網羅した。 あなたが覚えているもう一つのビートルズのシーンはいつなのか。

☆映画で一番のシーンは「ハードデイズナイト」日本万国博覧会では「イエローサブマリン」
このシーンは忘れないでおこうと決めたのは「屋上コンサート」
ケイト・ブランセットが格好よかったボブデュランの「アイムノットゼア」
ラジオのリクエストで私の名前が呼ばれた「ヘイへイへイ」
ビートルズはいつでも私を気分よくさせてくれる
私にとっては今でも現役だ☆



不滅の音楽

<アイアムサム>(2001)
e0109292_22253967.jpg

知的障害で7歳の知能を持つサム(ショーンのファン)は、自分の娘の名前を、ビートルズの曲から取ってきてルーシー(ダコタファニング)と炊き、赤ちゃんであるルーシーにビートルズのバッジをつけてくれる。 ショーンの方友達とルーシーの靴を買いに行く場面では、ビートルズの<<Abbey Road>>アルバムのジャケットを真似たりもする。 他の人々が知的障害のせいにジーン知らなくても、ビートルズに関してはその誰よりも専門家だ。 <アイアムサム>OSTがそんなにビートルズの音楽だけで満ちているのは、他の理由ではない。 <Two of Us><Blackbird><Across The Universe><Strawberry Fields><Lucy in the Sky with Diamonds>などの高価な著作権料のために、ビートルズの原曲ではなく、他の歌手たちが編曲して歌った曲だがそうだとの愛が変わるわけではない。

バッハ? ビートルズ? それとも君?

<愛もリコールになるんです>(2000)、<ラブストーリー>(1970)
e0109292_22265242.jpg

映画の中のビートルズは、20世紀最高のバンドを超えて、古典的な音楽家にも肩を並べる。 <愛もリコールになるんです>で、レコード屋の主人ロブ(ジョンキューザック)と従業員バリー(ジャックブラック)、ディック(トッドルソー)は、トップ5の順位を付けるということを重要な仕事とする。 そのうちのベリーは、"80年代の最悪のトップ5は、スティーヴィーワンダーのダソトゴク"と言えるほどに厳しい音楽の好みを持った。 これらがアルバムの1面の最初の曲のトップ5を挙げるときのことだ。 興味深いのリストが出ていない、バリーは(あまりにも当たり前のことを挙げろとはならないという意味で)"ビートルズのように、誰も否定できないのバンドの曲をすすめ入れようとゴサンヘジニャ? 今までのベートーヴェン交響曲第5番はどう?"と興奮する。 ビートルズは、あまりにも明白な名誉の殿堂の固有名の死因である。 <ラブストーリー>のジェニー(アリマッグロウ)も、"モーツァルトよりももっと良いのが何ができる? バッハ? ビートルズ? それともあなたか"とオリバーにささやく。 瞬間バッハとビートルズは同格であるわけだ。

険しかったハンブルク時代

<ベクビトゥ>(1993)
e0109292_2228379.jpg

<ノウェオボーイ>後日談的に見れば、とても興味深い映画だ。 <ノウェオボーイ>は、ハンブルクに去る直前までの話なら<ベクビトゥ>は、そのように幕が去った時点から、それ以降のハンブルク時代の物語が繰り広げられる。 歓楽の赤線地区で過ごしてカイザーケラーのクラブでプレルディン(覚せい剤)でボチミョ殺人的なスケジュールを消化していた、いわばビートルズが最も熱かった時代の記憶である。 その中心には、よく知られていない五番目のメンバーであり、夭折した画家スチュアートサトクリフ(スティーブンドープ)がある。 ジョンレノン(イアンハート)がリバプール美術大学で会った彼は、ビートルズのベーシストであり、ハンブルクで出会ったアストリッド(シェリルリー)と恋に落ちて、初めからドイツにとどまった。 彼が抜けながら、ポールマッカートニーがベースを務め、ビートルズは4人組バンドとしても使われたが、残念なことにビートルズが成功の道を走る直前の1962年に脳出血で亡くなった。

ジョージとリンゴに関心を

<バニラスカイ>(2001)、<500日のサマー>(2009)
e0109292_22301339.jpg

<バニラスカイ>のデビッド(トムクルーズ)は、精神的にパニック状態の中で、カーティス博士(切口ラッセル)と話を交わす。 カーティスは、ビートルズを言及し、"この前にはジョンが良かったけど今はポールが好き"と話している。 年齢とともにどこかちょっと現実主義者という意味だ。 しかし、デビッドは、"私はいつもジョージが良かったです"と答える。 <500日のサマー>で、"リンゴスターが好きな人がどこにいるのか"という乗車(ジョセフゴードン=レヴィット)の話にサマー(週ドゥシャネル)は、"だから好きなんだ"と言いながら<<Abbey Road>>アルバム掲載されたリンゴスターの歌<Octopus's Garden>がビートルズの歌の中で最高だと言う。 <バニラスカイ>と同様に、もっと本格的な会話が始まる矢先、彼らはすぐに大人の映画DVDを借りることで急いで議論を終了する。 とにかく二つの映画もジョージハリスンとリンゴスターが好きな人々をどこか'妙'人として描写するのは事実。

ジョンレノンがガンダルフを?

<ゴム人間の最後の>(1987)
e0109292_2231186.jpg

主人公たちの車のフロントガラスには、<<Sgt。 Pepper 's Lonely Hearts Club Band>>当時のものとみられるビートルズのパネル写真が堂々と立っていた。 興味深いのは、ピータージャクソンの<指輪の帝王>のビートルズが、それよりずいぶん前に映画化しようとしたという事実である。 当時、ビートルズはUA社との契約により<ハードデイズナイト>と<ヘルプ!>(1965年)以来、一本の映画にもっと出演しており、ビートルズのAppleピルルムス共同責任者のうちの一つだったのデニスオデルは、<指輪の帝王>映画化を提供しており、インドのリシケシのマハリシヨギの瞑想のレッスンを受けていたビートルズを訪ねて説得までした。 <指輪の帝王>に魅了された彼らは、快く承諾し、ジョンレノンは、ガンダルフ役をしていたいていた。 監督として念頭においたスタンリーキューブリックとビートルズとの出会いもあった。 しかし、この巨大なプロジェクトは実現されないことができなかったが気になるのは、映画そのものよりも、彼らのOSTだ。

ビートルズの歌を歌って

<観覧車の解放>(1986)、<レインマン>(1988)
e0109292_22325437.jpg

時には俳優たちは映画の中でビートルズの曲を直接呼ぶこともある。 <観覧車の自由>からのMatthewブロデリクはビートルズの<Twist&Shout>を呼ぶ。 1980年代を背景に、10代の若者の悩みを込めた青春娯楽映画でマシューブロデリクが、1960年代のアイコンであるビートルズの歌を歌うのが興味深い。 <レインマン>で、トムクルーズとダスティンホフマンは、ビートルズの<I Saw Her Standing There>を呼ぶ。 幼い頃の自分にビートルズの歌を呼んでくれたレインマンの存在がまさに自閉症を患っている自分の兄(ダスティンホフマン)という事実を知りながら、弟(トムクルーズ)は、申し訳なさと感謝の気持ちがひとつに混ざった妙な感情に包まれる、あの時この歌が使われる。 二人の俳優が、ビートルズの大ファンであることを知ってみると歌は、より多くのジーンとする。 この歌は、ビートルズのデビューアルバム<<Please Please Me>>の最初の曲で、無名時代からビートルズが固定レパートリーに歌った曲だ。

ポールマッカートニーとオノヨーコが似ているのですか?

<これがスパイノルテプイダ>(1984)、<アイムノットゼア>(2007)
e0109292_2235399.jpg

<アイムノットゼア>で、ボブディランは、ちょっとでもビートルズと似合って遊ぶ。 実際にビートルズに大きな音楽的影響を与えた彼は1964年の米国ツアー中のビートルズにマリファナを勧めた人物でもある。 <アイムノットゼア>が、実際の事件のユーモラスな再現ならモキュメントリ<これがスパイノルテプイダ>は、偽の人物たちの実用的な再現である。 レッドツェッペリン、ザフー、ローリングストーンズのすべてのパロディーが、その中心はビトゥルスダ。 ブラックアルバムはホワイトアルバムを連想して、デビッドと持ったのは誰が見てもジョンレノンとオノ横田。 "会議のためになぜその女性がいるのか"と問うのマネージャーのイアンに"もつは、すでにバンドのメンバー"と言いながらいつも一緒にいるデビッド、そしてさまざまな音楽的趣向で葛藤するデビッドとナイジェルの姿で、ジョンレノンとポールマッカートニーの影が映る。 ところで、デビッドは、"事実ナイジェルともつは非常に似ている"と話す。 ポールマッカートニーとオノヨーコは今でも気まずいの間で分かっているのに、ジョンレノンが生前にそのような話をした事があったのか。

ビートルズの最初の長編映画

<ハードデイズナイト>(1964)
e0109292_22354929.jpg

1964年<I Want to Hold Your Hand>が米国チャート1位に上がった後、ビートルズはアメリカに行ってきた。 そして、初の長編映画<ハードデイズナイト>に出演し、彼らの成功の時代はぱっと開かれた。 さらに、人気に便乗して粗雑に作成された既存のスターたちの映画とは違っていた。 ファンが逃げ通って、活発に公演をして、記者の質問に飽きているなど、彼らの忙しい日常が実際とフィクションが入り交じったまま開かれた。 その中で、ジョンレノンは、なんと12回程度の呆れたアドリブを生み出し、最も静かなメンバーとして知られていたジョージハリスンの隠れたユーモアにも輝いた。 映画評論家のアンドリューセリ氏は、"音楽映画における<市民ケーン>"と激賞しており、この作品を、なんと25回も見た映画評論家ロジャーエバートは、"<愛は雨に乗って>に匹敵する作品"と話した。 <ハードデイズナイト>は、映画史上最も優れたロックンロール映画の古典となった。

ビートルズが助けてくれた人ですか?

<私にはとても軽い彼女>(2001)、<ペニクルム>(2002)
e0109292_22365267.jpg

<ペニクルム>で、母親(ジョディフォスター)と娘(クリステンスチュワート)は、自分の家に無断侵入した強さを避けて安全な場所に身を移す。 糖尿病患者の娘はペニクルムの中でだんだん疲れていき、力を出すためにご注文を覚えよう。 <<Help!>> <<Rubber Soul>> <<Yesterday&Today>> <<Magical Mystery Tour>> <<Let It Be>> ...まさにビートルズのアルバムのタイトルたち。 ビートルズがヨウンホムハン薬効を発揮する時である。 ペロルリ兄弟の<私にはとても軽い彼女>ではウィルソン(ジェイソンアレクサンダー)がジョンレノンへの愛情を誇示する。 ウィルソンは、2番目の足の指が長いという理由でガールフレンドリンディと別れる決心をするが、そのようなリンディがウィルソンにビートルズの再会の公演に行こうは、餌を投げる。 "メンバーは違う。 ポール、ジョージ、リンゴ、ジョンの代わりにエリッククルレプトン!"ジョンレノンのせいか、女友達の2番目の足の指のせいか分からないが、ウィルソンは、"私は、エリックはあまり"と拒絶する。 ジョンマンあったのに...。

あなたに必要なのは愛

<ムーランルージュ>(2001)、<ラブエクチュオルリ>(2003)
e0109292_22374579.jpg

<All you need is love>を<ラブエクチュオルリ>を使用して初めて分かるようになった人も多いだろう。 あるいはMBC芸能番組<無限挑戦>のメンバーたちの歌で覚えるかも知れない。 <ラブエクチュオルリ>の最後の、お互いがお互いを抱きしめて愛を確認するときに流れる"LOVE〜LOVE〜LOVE〜"は、まさにビートルズの<<マジカルミステリーツアー>>アルバムに収録された<All you need is love>のリメイク版である。 <ムーランルージュ>でも、沙田(ニコールキッドマン)とクリスチャン(ユアンマクレガー)がお互いの心を確認する時に<All you need is love>の歌詞を引用して歌う。 ビートルズだけでなく、キス、U2などの有名なラブソングを集めて呼ばれるこの愛のセレナーデ最初の文がまさに"あなたに必要なのは愛です"とも。

ジョンレモン、オレンジハリスン、ポール麦芽がスティグマ、マンゴー、スター!

<ザシンプソンズ>
e0109292_2240176.jpg

TVアニメ<シンプソンズ>には、ビートルズをパロディにしたエピソードが数多く登場する。 企画者であり、脚本家のマットグロNingがビートルズの巨大なファンだからだ。 あの有名な<<Abbey Road>> <<Sgt。 Pepper 's Lonely Hearts Club Band>>アルバムの表紙のパロディはもちろん、メンバーたちの名前でいたずらをするのはイェサダ。 飲料缶に使われた名前が、ジョンレモン、オレンジハリスン、ポール麦芽がスティグマ、マンゴー、スターだなんて! ビートルズのパロディバンドビシャプスド登場して、ビートルズの屋上ライブをパロディにした場面もある。 さらに、ジョンレノンを除いて三人のメンバーは皆<シンプソンズ>の声の吹き替えに参加した。 ポールマッカートニーは、エピソード<リサよりバッジテレオン>で、ジョージハリスンは、エピソード<ホメロスのババラショプカルテット>で、リンゴスターはエピソード<ブラシウィズグレートニース>から直接自分の声を演じた。 ジョンレノンが生きていれば、という悔しさが濃厚にするのは仕方がない。

米国の対ジョンレノン

<ジョンレノンコンフィデンシャル>(2006)
e0109292_22404165.jpg

ジョンレノンは、いつでも、当時の大衆文化の論争の中心にあってきた。 1966年に、あるインタビューで"私たちはイエスキリストよりも人気がある"という発言で、米国でひとしきり麻疹を行ったのがその始まりだったとしたら、彼はオノヨーコさんに会って、自分自身を新たに発見し、ベトナム戦争について発言し始め、それは政治の領域に移動行った。 不当に制限された活動家のために自由に使えるようにせき立てるの公演をし、私財をはたいて、"戦争は終わった"(War is Over)というフレーズを、世界11都市の屋外広告看板に露出させ、<Give Peace A Chance>など、いくつかの歌は、当時の反戦運動のスローガンとなった。 それとともに、彼の電話は盗聴され始めダグプヘジンニクソン政府は、挙句の果てに強制出国措置まで下った。 原題は『アメリカ対ジョンレノン』(The US vs John Lennon)の<ジョンレノンコンフィデンシャル>は、マスコミやアメリカ政府と対立していた彼の存在や価値が私たちが想像するよりもはるかに大きかったことを示しています。

屋上コンサートの伝説

<オクロスよりユニバース>(2007)
e0109292_22413295.jpg

最後の屋上のコンサートの場面は、実際の1969年1月30日、ビートルズがロンドンのアップル社の屋上で、持っていた即興コンサートを連想させる。 (実際の屋上の公演の様子は、ドキュメンタリー映画<レットイットビ―>に収められている)当時のメンバー間の葛藤は最高潮だったジョージハリスンがバンドを脱退するという発表までした。 ジョージが掲げた条件を他のメンバーらが収容しながら、事件は一段落されたし、彼らはポップの歴史に輝く名場面を演出した。 既に回復不可能な状態に入ったが、この日だけは完璧な呼吸と演奏力を披露した。 空から響く音楽に、市民たちは感激し、42分余り行われていた公演は、警察が違法な公演と規定して電力の供給を停止して仕上げている。 <オクロスよりユニバース>で、警察によって屋上から追い出されたの中でジュード(ジムストジス)は、ルーシー(エヴァンレイチェルウッド)に向かって<All you need is love>を呼ぶ。 ビートルズも当時の危機を経て、屋上のコンサート以来、後期最大の傑作<<Abbey Road>>を完成した。

インドでは戦わないようにしよう

<ウォークハード:デューイコックスストーリー>(2007)
e0109292_22422384.jpg

映画史上にビートルズが最も滑稽スレパロディにした映画であるのだ。 彼がインドでビートルズに会った日、"我々はただの砂粒にすぎない"は、ポールマッカートニー(ジャックブラック)と"瞑想的に限界は消える"は、ジョンレノン(ポールラッド)が、それぞれの感想を並べる中にジョージハリスン(ジャスティンロング)は、"私はただのアルバムに私の歌をもっと載せてよ"と言い、リンゴスター(ジェイソンシュウォチュモン)は、"私は、瞑想が苦手だ。 ただプレーしたい"と話す。 実際にアルバムに두곡以上載せることができなかったのジョージは、いつもそのような不満を吐露し、林檎も、実際に当時、1週間ぶりにインドを去った。 ジョンレノンが自分の歌<When I'm Sixty-Four>にたとえて、"私は64歳になっても君がもっとうまくいくか?"と言うと、ポールマッカートニーが"出てみてイレラジョレラしないでください"と対抗打ちながら殴り合いをする場面は断然圧巻。

真心を伝える時は、この曲

<ゴールデンスランバー>(2010)
e0109292_2243166.jpg

<Golden Slumber>は、ビートルズが最後に録音したアルバム<<Abbey Road>>の収録曲である。 中村勲監督は、ビートルズの曲のタイトルをそのまま映画のタイトルに取った。 <ゴールデンスランバー>は、首相暗殺犯として追われる一人の男の逃走劇である。 その過程で、ビートルズの<Golden Slumber>は重要な鍵を握るの歌だ。 主人公の青柳(堺雅人)は、警察を避ける過程で、大学時代の友人たちの助けを受ける。 友達と<olden Slumber>を一緒に聞いて"ビートルズは最後なのにこのような名曲をナムギョトジ。 メンバー同士の間が最悪だったよ"という会話を交わす。 映画の中でたった二度聞こえてくる(もちろん、リメーク)<Golden Slumber>は無実そして差し迫った主人公の心を深く提供してくれる。 メンバー同士の確執に12枚のアルバムを出した後、それぞれの道を歩むことになったビートルズの郷愁を呼び起こす映画だ。

彼らがアメリカを占領した日

<フォレストガンプ>(1994)、<ベンジャミンボタンの時は逆に行く>(2008)
e0109292_22434419.jpg

1964年2月7日、ビートルズがケネディ空港から米国に足をディディゲになった日、米国の新聞は、『ビートルズのアメリカの侵攻』というタイトルの記事を吐き出した。 米国に到着したビートルズは、アメリカの<CBS>の人気トークショー<エドサリバンショー>に初出演する。 ビートルズの出演で<エドサリバンショー>は、アメリカのTV史上最高の視聴率を記録した。 アメリカのTVに出演したビートルズの姿は、多くの場合、映画でも向き合うことになる。 <ベンジャミンボタンの時は逆に行く>ではビートルズが<エドサリバンショー>に出演して<Twist&Shout>を呼ぶTV放送の場面が出て、<フォレストガンプ>では、ジョンレノンとフォレストコムプが一緒にしたトークショーの出演陣に出てくる場面が登場する。 米国<ABC>の有名トクショイン<ディックカベトゥショー>に、1971年にジョンレノンとオノヨーコが出演したシーンに加え、オノヨーコさんの代わりに、トムハンクスを着席させたのだ。

ジムキャリーのビートルズのパロディ

<おまけアンドドモ>(1994)、<恥知らずなディック&ジェーン>(2005)、<イェスメン>(2008)
e0109292_22453495.jpg

ジムキャリーが出演した映画には、特にビートルズがよく登場する。 <おまけアンドモ>のお二人の馬鹿ロイド(ジムキャリー)とハリー(ジェフデニオルス)は、どのレストランに入って席に座るやいなや、この話をする。 "これモンキス歌だ。 ビートルズに影響を与えたグループのよ""私も知っている。"モンキー氏は、ビートルズをコピーしたアメリカのバンドだ。 ビートルズの装いはもちろん歌まで真似した。 1966年に結成されたが、1969年に解体されたので活動の時期も重なる。 露骨に模倣した感があってか、人気は得ても認定はされなかった。 だから、上記の話はおまけアンドドモのダウンロード法が適用された結果だ。 ジムキャリーはまた、<図々しいディック&ジェーン>で、長くて黒いセンモリルル垂らしたオノヨーコとの直接変身しており、<イェスメン>では円形劇場で、ビートルズの<傾斜バイミーラブ>を呼ぶ。 ジムキャリーのビートルズの愛は終わりがない。

愛する心

<キリングフィールド>(1984)、<エニレボビツ:レンズの向こうの人生>(2004)、<エバンオールマイティ>(2007)

e0109292_22462090.jpg
ジョンレノンは、することもなく、パロディされて、実際に登場し、また、その歌として、数々の映画に存在してきた。 <エバンオールマイティ>では一朝一夕に長いひげと髪が育った主人公(スティーヴカレル)を息子がジョンレノンと悩む。 写真がエニレボビツのドキュメンタリー<エニレボビツ:レンズの向こうの人生>ではそんなジョンレノンの実際の姿が登場する。 あの有名な裸のジョンレノンがオノヨーコを包み込むの写真である。 エニレボビツがジョンレノンに陽子を愛するあなたの心を表現してもらうと、ジョンレノンは、服を脱いでは、陽子を抱きしめている。 そして、<キリングフィールド>ではジョンレノンの<Imagine>がテーマ曲に使われていた。 ジョンレノンが自ら"バンジョンギョ的、反民族主義的、反資本主義的で、陳腐さに反対する歌"とした<Imagine>が使用されたことに対してマトゥクジャンアするファンもいるが、その音楽が流れる瞬間目と耳が麻痺されるのは仕方がない。

五番目のメンバーとバーチャルのB

<デトシンユ二>(1996)、<ミリオンダラーホテル>(2000)
e0109292_22471368.jpg

<ミリオンダラーホテル>には、信じようが信じまいがジョンレノンを真似て、ビートルズの五番目のメンバーが住んでいる。 ディクシー(ピータースマーレ)は、殺人事件を捜査しに来たFBI捜査官スキナー(メルギブソン)が、自分の部屋に入って、ビートルズの<<Sgt。 Pepper 's Lonely Hearts Club Band>> LP版を取り出してあげよう"ビートルズは、創造性がなかったのではなく、瞑想に深くはまっていた。 ノクウムシルエン自分一人だったが、私のそばにはいつものジョージマーティンがありました。 ジョージと私はそのような西条"という言葉を並べる。 ジョージマーティンはビートルズのプロデューサーとして、ジョージマーティンこそビートルズの五番目メムボラ呼ばれる。 トムハンクスの監督デビュー作<デトシンユ二>やはりバーチャルバンドワンダースの興亡盛衰を扱った映画だ。 ワンダー氏はどうやらビートルズが似ている。 ドラマーの入れ替えや、ビートルズのマネージャーであるブライアンエプスタインとオノヨーコを連想させる人物の設定などがそうだ。

アビーロードに行きたいね

<トレインスポッティング>(1996)、<ラジオスター>(2007)
e0109292_22475543.jpg

<<Abbey Road>>カバーは、様々な漫画、ドラマ、映画、音楽でもなく、パロディされた。 シンプソンズも、スヌーピーもアビイロードを渡った。 英国ロンドンのウェストミンスターセントジョンズウッドのアビーロードの横断歩道を4人のビートルズのメンバーが渡るの姿だ。 パクチュンフンが88年の歌手王チェゴンウロ登場し、アンソンギがチェゴンウイマネージャーバクミンスに登場する<ラジオスター>で<<Abbey Road>>パロディシーンが登場する。 国内の4組ポンクロクバンドNO BRAINが初めからビートルズを自任して出て、パクチュンフンに'漢ガルチョジュプショ'で、後をちょろちょろ追いかける場面だ。 この時、横断歩道を渡っている姿はてっきりビートルズの<<Abbey Road>>コボダ。 <トレインスポッティング>の主人公のユアンマクレガー、海苔リーミラー、ロバートカーライル、ケビンメキグレードもビートルズを真似て、道路をつかつか横上げた。 楽器の代わりに麻薬が入ったかばんを聞いたことが違うだけ。


文: ジュ・ソンチョル 記事: イ・ジュヒョン | 2010.12.07
by kazem2 | 2010-12-07 21:50