ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あなたの悪夢が聞こえるかと思っていつも恐ろしい天使

☆cine21.com
e0109292_2085677.jpg

ビートルズを思い出して




「一人で見る夢はただの夢に過ぎない。 しかし、一緒に見る夢は現実になる。」- オノヨーコ

ビートルズはセンミョンチェダ。 異邦人たちは、ビートルズという名前が外国人を受け入れ、最終的な謎を一つずつ持って生きていく。 彼らはどこから始まったのか? 彼らは私にはなぜこのような偶然性を提供してくれて、自分たちの独自のシェアを配ったのか? 彼らは、異邦人であるか。 彼らは、自然人であるか。 ビートルズは、私たちに盲目的というよりは完全に無力感を可能にする。 ビートルズは、オノヨーコのある日、作品のスケッチの一節のように『空を観察するための一つの絵』だったが、ある叙情的な日「火の用心を強調月間」に似合いそうなメンランハンポスターだったが、ゴールティツィアーノの<鏡越しの歴史>も登場するそうな人物たちの妖艶さを持った。 ビートルズは自分たちの旅程を記憶するように音楽の中に隠された次元を用意して置き私達はその中で、私達自身の目を探すために多数のウムドゥルウル漂う。

彼らの音楽を聴くということは私達のどちらかつての時代を回復することであり、ビートルズの音楽を聞くたびに、私たちは、仕方なく記憶の計画を - それが不可能であることを知りながら行う挑戦的な雰囲気の中で - 建て替え行く以下のような衝動がする。 こちらの感情を考慮して、ちょっと緊急に話すと、音楽を聴くというのは、きっと一つの環境を持つことであり、ビートルズは、音楽の解像、高速は一つの環境を持って生きる人々の現象の歴史の中では説明困難なゲビョルジャたちの歴史の中で固有の一習俗を可能にします。 まるでソンニャンブルを入れて、それがすべてタドゥルオガルまで眺めている間、誰の記憶にも挟まれて入っていない時のように、世界が夢見ていた放浪のビートルズは、自分たちの催眠状態を売って取り除いて過ごした。

自分の目の中に浮かんでいる丸い瞳孔がその世界の外側1つの惑星のように寂しくなる日、私たちは誰もが暗い部屋で横になって、自分の習俗に体を曲げて寝なければならない。 天使は眠っているあなたのそばで耳塞いだまま横になっている。 あなたの不快感が聞こえるかと思っていつも怖いの天使がいる。 それがビートルズを(両方の聖母unfinished music no.1:two virgins)を理解する私の方法である。 話されることのない困難な事態に直面したとき、あなたがデリゲートを立てることができない自然の中で夜行性がドゥェオガルとき、あなたの皮肉的な想像がいよいよリリースの時間を持つしたいときに、ビートルズはスキプル(ジャズバンドスタイルの音楽にフォーク、コントゥリジョクの要素を加えた音楽)を始める。 彼らは、フラフラ歩いて来て、ぱん打っていく。 『ちょっとそこ!、鼻毛は意外に早く育つと!

ビートルズは、私たちに共存測る。 ビートルズは、ジジェクの表現を借りれば、自分自身の時間的起源に先行するどのような世界の公式を持っている。「 ロンドンのソーホー地区を歩いて」スウィンインシックスTシャツ(swinging sixties)の時代をフェサンハンことがある。 ヤードバズ、クルリンチュ、エニモルス、ローリングストーン、そしてビートルズがイギリスの侵攻'を歴史に記録するために、通りを歩いてビットを口ずさんでたりもした時代を、堅く真っ暗なアメリカの世界の前で、彼らのダルランゴリドンヤムン睾丸を。

1968年に『破壊の芸術のシンポジウム』の創設者だったグスタフメッツんが推進するプロジェクトでは、ビートルズは、自分たちはより良い世の中のために放棄していない人たちというよりは、自分たちの音楽を初めて会う人々に『赤ちゃんの心臓の鼓動』(Baby 's Heartbeat )を再びプレゼントしてあげたいとした。

ビートルズは世界の不快な雰囲気を予感した。 ビートルズは、自分たちに近づく危険を予感した。

ビートルズは自分たちの音楽が自分で社交性を持つたびに、『カフカの<審判>'をドィジョクゴリョトダ。 彼らは自分たちの感覚情報をも'分割することができない残りの'を残していた。 ビートルズのアルバムを集めて私はこのようなことをすることもなく通過していた時期がある。 前月残高、延滞料、年会費、一括払い、分割払い、現金サービス、リボルビング、割引、チョンイヨンハンド、あらかじめご入金いただいた場合、...。



文:ギム・ギョンジュ | 2010.12.07
by kazem2 | 2010-12-07 20:09