ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ビートルズ、伝説は、こうして誕生した

☆cine21.com
e0109292_1994092.jpg

ジョンレノンやビートルズのチョンチュンギ描いた映画<ジョンレノンビギンズ:ノウェオボーイ>と、本物のビートルズの物語





ビートルズは、複数のフェーズに分けて眺めることができる。 リバプールでは膜のロックンロールとマトダクトゥリドン疾風怒涛の時期、ハンブルクに残して、クラブでの殺人的なスケジュールを消化していた時期、夢のような米国の市場を征服し、全盛期を謳歌していた時期、ジョンレノンとオノヨーコの出会いなど、メンバーの個々の活動がドドゥラジドン時期、そしてインドでの瞑想の授業と重なり解体に至るまでの時期だ。 <ジョンレノンビギンズ:ノウェオボーイ>(以下<ノウェオボーイ>)は、まさにその最初の時期に集中しており、その中心には、ジョンレノンがある。 <ノウェオボーイ>は、メンバーたちが一つ二つと集まってバンドをクリゲされている初期のビートルズのあれこれをうかがうの伝記映画でありながら、オノヨーコとの出会いと同じように、ジョンレノンの個人に大きな影響をかけた母の死を経験するジョンレノンの個人の成長の映画もある。 母を失い、エルビスプレスリーを知ることになり、ポールマッカートニーに会いながら、そのようにジョンレノンは、世界と音楽に目を開かされた。

十代のジョンレノンを演出

リバプールの貧しい港の労働者の息子として生まれたジョンレノン(アーロンジョンソン)は、両親の不和に叔母ミミ(クリスティンスコットトーマス)の手で育てられる。 父のように安心していたイモブが突然、この世を去ると喪失感に陥っているジョンは、ミミこっそりお母さんのジュリア(アンマリーダフ)に出会う。 ジュリアに従い、ロックンロールにのめり込んでバンジョーを学び、音楽に目覚め始める。 しかし、ミミは、ゾーンがジュリアのために再度傷を受けてのかもしれないという考えに、二人が会うことに反対する。 そのように叔母とママの間の不快な関係の中で、ジョンは、ますます音楽に引き込まれ、1956年にようやくピットショトゥン(ジョシュボルト)などのクエリバンクの高等学校の友達と一緒にバンド「クォリメン」(The Quarry Men)を結成する。 以来、ポールマッカートニー(トーマスセンスト)、ジョージハリスン(サムベル)などの順に獲得されるが、特に母を亡くしたポールとは友人以上の友情を破壊する。 そう、彼らはリバプールの小さなクラブで演奏を始め、より大きな夢を見始める。

1957年7月6日、クエリのメンがウルトゥンパリー市の教会ガドゥンパチで公演をするまで40分の時間が流れる(この公演が終わってゾーンとポールが舞台の裏で、歴史的な最初の出会いを持つようになる)。 その前までは、女子生徒たちの前でジャンナンスレ性器を取り出して見せようとし、バスの屋根に乗って走り回る不良学生ジョンレノンの日常、そしてジュリアを使って音楽に挙げたような方までの昔の話だ。 もっと詳細に入って、ビートルズの唯一の公認ジョンギインハンターデイヴィスの<ビートルズ>によると、クエリのバンクの高校に赴任した新校長ポプジョイヌン"あの子(ジョン)は、深刻なほどだった。 いつもの皮肉なジャンナンマンした"としも、"殴ったこともある"と告白したほどだ(ポプジョイ校長は、ゾーンリバプール美術学校に進学するように導いた人物でもある)。 また、自分が楽しんで打ったバンジョーを使ってジョンエゲ初めての楽器演奏を教えてくれた人がまさにジュリアだったが、<ビートルズ>によると、ジュリアにバンジョーを教えてくれた人がすぐに父のフレッドレノンとなり、そのカップルは、バンジョーを一緒にしてはいたし。

そんな中<ノウェオボーイ>は、ジョンレノンを置いて行われる母と叔母のサムガクグァンギェラすることができる。 優雅にチャイコフスキーを聴くのが趣味の叔母は『ロックンロールはただ荒く、ただの人々がいること』と知っていて、彼とは裏腹に「ロックンロールはセックス」と言うジュリアは、ジョンを連れて行ったバーで浮気相手の男の蛇行した視線には、どこ吹く風ジュークボックスの音楽に合わせて、でたらめに体を振る。 確かにそれ以降のジョンレノンを形成するには叔母のクラシックもママのロックンロールも、すべてに影響を及ぼしたはずだ。

ジュリアに従って劇場でエルビスプレスリーのテューペロ公演実況を一緒に見て大声を出すジョンと彼の2階の部屋までのスピーカーケーブルをずっと続いて、インストールしては耳が聞く音楽を一緒に聞くゾーンは、最終的な人物だ。 もちろん、エルビスプレスリーのスタイルで前髪を越して体にぴったり合うジーンズにカラフルなソックスとヒールの厚い靴の『テディボーイ』のスタイルが続くことを理解し、見つめてくれた人はジュリアだけだった。 そう、その三角関係は、常に一触即発の状況を伴った。 しかし、耳がジュリアの過去を暴露する段階へと進んで葛藤しながらも、最終的に二人が和解に至るまで、だからゾーンのゆがんだエネルギーに満ちた映画の中で最も平和な瞬間といえるミミとジュリアの日光浴の神で示すように、ジョンは、その調和の中で、心の安らぎを得る。 ジュリアとの隠された話が露見する場面も興味深いが、自分の夫でありジョンエゲヌン叔母夫人ジョージが世の中を覚めた時泣いているジョンエゲ"馬鹿のような卓越性にしよう"と強靭な姿を見せるのは、ミミの姿も十分に印象的だ。 そうジョンレノンは、二人の女性の間で大人にコガトダ。

実話と映画の間
e0109292_19232447.jpg
e0109292_19243970.jpg

おそらく、ジョンレノンやビートルズのファンならば<ノウェオボーイ>がどれだけ事実を忠実に再現していることを不思議に思うのだ。 まず、ミミは、ゾーンが外出するたびに、眼鏡を使いなさいと指摘するそれは、実際にゾーンが小学校の頃からのひどい近視だったからだ。 しかし、映画の中のジョンは、家だけで離れると、すぐに眼鏡をはずす。 コリンネウルリッヒは、ジョンレノンについて書いた本<木乾いた魂の叫びは、ジョンレノン>によると、ジョンが『眼鏡は、弱まる抜けた子供や生すことだと思います』からだ。 だから眼鏡をかけてなんて、とかいっその目に見える不快な方テクヘトゴそういうわけで、"自分の周辺で行われる仕事をきちんと見ることができなかった場合は、心理状態をさらに不安にさせて、不安を隠すために、さらに険悪な表情をして通った"とまで推論する。

頼もしいイモブジョージも重要な人物である。 映画では、床にあるラジオの長い線を接続してゾーンの2階の部屋まで接続してくれて一緒に遊んでいて倒れたものと出てくるが、実際には一緒にいて息をひきとったのではなく、1955年のジョンが、スコットランドの親戚の家に遊びに行ったときに死亡海ゾーンは、家にもどって来て初めてその事実を知ることになる。 印象的な当時の白黒写真と付いているビートルマニア(Beatlemania)の著者、ジョンブルレニウイ別のジョンレノンの電気<ジョンレノン:In His Life>は、"ジョージイモブは夜ごとにジョンエゲ新聞読み上げを楽しんだ。 新聞を読みながら読書能力を育てたジョンは、生涯の新聞を読む習慣を持っていて、彼が書いた素晴らしい歌詞は、多くの場合、新聞からインスピレーションを得た"と書いている。 また、映画ではイモブの葬儀の日、ジュリアが表示されるゾーンが最初に見たものと出てくるが、実際にはイモブが死ぬより前に、ジュリアの家を訪問した。

おそらく、ファンならば、最も関心をまっすぐに立てる場面がジョンレノンがポールマッカートニーを殴る場面である。 1958年7月15日、ジュリアが交通事故でこの世を浮かべて映画の中のジョンは、感情を制御するのが難しい状態にさらにのに、挙句の果てに自分自身を乾かすフィートショトン(ポールマッカートニーに会う前の最も'ジョルチンノート')の鼻血を噴き出しポルド殴って倒す。 ハンターデイヴィスの<ビートルズ>によると、実際にジョンレノンのメンバーの音の事件は起きておらず、むしろ一人の友達は、"どのように母がお亡くなりになったのにあのように平気だろ?"と回顧したほどだ。 むしろ中にその傷をサクヨトゴとてもシニカルに変わったという。 実際に映画を見たポールマッカートニーも、監督にあんなことは起らないていないと話をし、監督は、フィクションであることをご了承してくれとお願いした。 それは多分<ノウェオボーイ>がどのように『母』という存在に大きく傾いているのかを見せてくれる書き入れ時でもある>

ポールマッカートニーとの出会い
e0109292_19283174.jpg

<ノウェオボーイ>で、母と叔母に劣らず重要な人物は、やはり(!)ポールメカトゥです。 高校の同窓であるフィートショトンウイ比重が正常で、リバプール美術学校で会うことになるスチュワートソトゥクルリプナ後に、最初の妻になるのは、やはりリバプール美術学校で出会ったシンシアパウエルの存在を消しながらまでの映画は、母と叔母のほかにポールマッカートニーに集中している。 映画の中の時制を見れば、ポールマッカートニーに会った後、1957年に大学に入り、ジョージハリソンに会ったことで、ハンブルクに向かったのが1960年だから大事にすることができる余地は多かったが、意図的に省略されたわけだ。 初期のハンブルク時代のビートルズの映画であるイアンソプトゥルリの<ベクビトゥ>(1993年)でスチュアートサトクリフ(これを演じたスティーブンドープとは、ほぼ100%のシンクロ率を示す)は、実質的な主人公や相違ないほどで、この時期のジョンレノンを説明する上でとても重要な人物のうちの一つだ。 パウエルが母や叔母と呼ばれる別の女性キャラクターを強調するために犠牲になったのなら、それはやはり、ポールマッカートニーにその場を全面的に譲歩しているわけだ。

映画の中の最初の出会いから印象的だ。 ビールマシゲトかというゾーンの問いに、'センニム'のようなポールは車をもらう。 そして、ポールエディコークスランの<Twenty Flight Rock>を演奏して見える。 ジョンが当時、一番好きな曲を一度も聞いたことのないコードで弾いて見せたので、酒に酔ったゾーンの精神が点滅する。 以来、二人は音楽的、精神的に深い交情を交わす仲になる。 そして、適当にライバル関係を現わしてゾーンのひそやかな劣等感が割り込むのは、ポイントも興味深い。 何よりもポール「作曲をしなければならない」と刺激を与えたの友人であり、ジョンが、自分だけがリーダーだと思っていた矢先、舞台の上でマイクを握って自己紹介をして、いわゆる'進行'を見て、ゾーンを緊張させたりもする。 最終的にジョンは、ジュリアとも密接にやっていくポールの嫉妬心を感じている(一方、実際にミミはポールをあまりにも嫌だという)。 それは軽く、非常に軽く、二人のクィアな抱擁シーンにもつながる。 母がこの世を浮かべてポールを腹立ちまぎれに拳で倒した後、ジョンは、あまりにも申し訳ない気持ちで彼を再び起こして立てて抱きしめるでいる。 映画の中で主観的なエクストリームロンショトウロ盛り込んだ数少ない場面である。 殴ったこと自体がフィクションだからこそ、その抱擁も、監督の意図の中にある。

そのクエリのメンがビートルズという新しい看板をかざしてハンブルクでの音楽の旅を去る前<ノウェオボーイ>を仕上げるのは、やはりジュリアの死である。 <ジョンレノンコンフィデンシャル>(2006)に出演したジョンの旧友エリオットミンチュヌン"発言を注意しながら母の死の後、ゾーンは完全に変わった"と話す。 そうジョンレノンは、大人になり、ビートルズの歴史は始まった。 ビートルマニアの立場からも<ノウェオボーイ>は、ジーンとした感動と一緒に妙にときめく気持ちを抱かせる。 ビートルズのメンバーの中で最も早く世を去ったジョンイジマンより多くの日々が待っているからだ。 <ノウェオボーイ>のジョンレノンは、ハンブルクに行ってプレルディン(覚せい剤)を触れる前であり、米国に発つこともしばらくドィイミョ、メンバー間の確執が生じても、山草創期のいきいきとした姿だ。 <キッズリターン>(1996)の最後のせりふのように言うと、"まだ始まっても内部のヘトヌンゴル。"
e0109292_19335271.jpg


PS。 ジョンレノン役では、会場には、などのために、実際のミュージシャンをキャスティングしようとしたが、1990年生まれアーロンジョンソン(<キック鉄腕:英雄の誕生>出演前)が6ヶ月間のボーカルとギターのトレーニングを受ける熱意を燃やして製作陣の心を捕らえた。 彼は、サムテイラーウッド監督の心まで捕らえて、二人は23歳の年の差を克服し、婚約を発表し、2歳まで出産した。 ここで思い出すのは映画の中で耳に家に入ってきた下宿生マイケルピスィウィク(アンドリューボチョン)である。 当時24歳だった彼は50歳の叔母ミミと、なんと26歳の年の差を克服し、恋に落ちた。


文: ジュソンチョル 2010.12.07
by kazem2 | 2010-12-07 19:09 | Comments(0)