ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[異聞院の文化批評] トイレを抜けだしたチェ・ガンヒに期待をかける理由

☆issue.media.net
e0109292_21421513.jpg




【ソウル=ニューシース】異聞院の文化批評

イ・ソンギュン、チェ・ガンヒ主演の映画『チェチェハンロマンス』が好調なスタートを見せた。 映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークの集計によると、1日に公開された『チェチェハンロマンス』は、最初の3日間で23万4829人を集め、同期間1位を占めた。 週末のスコアが加算されると爆発的と言えようゴトカジンでなくても、かなり期待されるレベルの最初の週の成績が予想される。


しかし、韓国映画界とメディアが『チェチェハンロマンス』にかける期待は、最初の予想が例示されるジュンバクヒットのレベルを大幅に上回る見込み。 まだ2010年の年間通算興行1贋作は617万人を集めた『おじさん』だ。 そのまま記録が固まる場合は、2010年は年間1贋作が、2002年以来の最低の観客動員の数値を記録した年と残ることになる。 このような不振を洗い、2010年の体面をセウォジュル映画、自発的に2011年までに韓国映画の興行構図を受け継ぐ映画は、残りの公開作と封切り予定作のうちの目を洗って捜してみて『チェチェハンロマンス』以外にはないというのだ。

最近になって12はロマンチックコメディ大ヒットを狙うの最も良い時期と考えられているから、なおさらそうだ。 2006年作『美女はつらいの』、2008年作『スピードスキャンダル』など、500万以上のチョデバクグプロマンチックコメディは、12月に公開された。 春〜秋のシーズンのロマンチックコメディは、どんなに大きくトジョド300万前後だった。

もちろん、かなり素朴な最初の予想のせいで'チェチェハンロマンス』にあまり大きな期待は無理という意見もある。 しかし、振り返ってみれば『美女はつらいの』も『スピードスキャンダル』も初週の成績は確実に爆発的ではなかった。 ロマンチックコメディの興行は、本来の照明がドディゴ、口コミに大きく依存する。 'チェチェハンロマンス』の肩の重荷はますます重くなるしかない。

しかし、『チェチェハンロマンス』は、単純な『ロマンチックコメディー大ヒットを期待よりも考えてみる部分がある映画だ。 一応ロマンチックコメディーカテゴリ内でのセックスコメディに属するからだ。 セックスコメディーは、元の大ヒットが出にくいソブジャンルダ。 まず、観覧年齢が18歳以上に上ってしまって興行の限界がはっきりしている。 また、誰が見ても無難な一般的なロマンチックコメディと違って、一定部分に不快感を感じていることを気に観客層が確かに存在する。 だから、歴代韓国セックスコメディー最高の興行記録は、2002年『セックスイズゼロ』が記録した409万9000人台にとどまるだろう。

しかし、『チェチェハンロマンス』は、ここで一回入場コインダ。 'チェチェハンロマンス』は『セックスイズゼロ』とはまた別の場合はラだ。 'チェチェハンロマンス』は、いわゆる『女性向けのセックスコメディー'だ。 セックスコメディーという名前のサブジャンルの中でも稀なターゲットの設定である。 だから韓国ではビョルダルリ試みられたバジョチャない。 'チェチェハンロマンス』の興行推移を関心あるように見守らなければならない理由だ。 その推移に応じて、国内で適切に行なわれたことがない形式のデータを得ることになる。

それでは、この『女性のセックスコメディー』というのは、代替なにか。 どのように規定しなければならないか。 これについては、これといった明確な基準が立っているわけではない。 本来のサブジャンルは、以下のターゲット分岐にまで明確なジャンルの規範が出てくるとは難しい。 しかし、女性キャラクターが物語をドラッグしていく重要なチュクイオヤており、その女性キャラの設定とそれに伴う背景の設定で、一般的な男性用セックスコメディーとの差別性を身につけるべきだという点程度は明らかだ。

まず、中心の女性キャラは10デヨソンはならず、20デドも大学生という設定になってはいけないという点がある。 デフォルトでは、10〜20代前半の設定がされるとどうしようもない映画はソンジャンヨウンファジョク性格を帯びるようになる。 しかし、これをセックスという素材との接続にされてしまうと、結局男性のセックスコメディーで行くしかない。 成長期の性的欲求という観点から素材化することができるのエピソードは、どうやら男性のほうが女性チョクボダよりコミディジョク性質によく合うからだ。 10代の少女の性的欲求は、一種の精神分析学的アプローチを求めてコメディー素材には合わない。 そのため、女性のセックスコメディーは、20代半ばから後半以降の女性を要求することになる。

第二に、この20代半ばから後半以降の女性キャラクターは、女性が憧れてもらえるだけの仕事や生活を享受しているか、少なくとも同性として興味を感じるような仕事に取り組まなければならない。 これは、セックスコメディーだけでなく、女性用の劇芸術のコンテンツ全体が持つ属性である。 最も代表的な例が、国内の女性層で旋風的な人気を呼び集めた『セックスアンドザシティ』だ。 大都市では羨望されるほどの職業(コラムニスト、キュレーター、弁護士、PRマネージャー)に従事し、旺盛な性生活を享受し、それに伴うセックスのエピソードの束を持ったキャラクターだ。

次のようにセックスを描写する映画の種類の違いを挙げる必要がある。 男性用セックスコメディーは、なんといっても視覚的なセックスのギャグに重点が行くことになる。 男性の性的衝動が視覚的な刺激に依存になっているからだ。 そうしたら、結局終着点は、アメリカの映画『ポキス』と『アメリカンパイ』から韓国映画『セックスイズゼロ』と『夢精期』等に至るまで、ことごとくトイレギャグにとどめている。

しかし、女性のセックスコメディーは異なる必要がある。 視覚的なセックスゲグナセックス描写よりもセリフに集中しなければならない。 最先端の『セックスアンドザシティ』が人気を呼んだことも知ってみると露骨なセックス描写よりはセックスについて虚心坦懐に打ち明けてジョークのネタに視する女性キャラクターたちのおしゃべりのシーンたちのおかげだった。 そのため、トイレのギャグには絶対に架線はならず、むしろ、一定部分'品'を見つける必要がある。 セックスの話が、多くのウディアレンの映画は、世界のどこでも男性より女性の観客が多い。

時代背景も同様に重要である。 一応、現代の背景が有利である。 2つの理由からだ。 まず、近代以前の背景のセックスコメディーは、1980年代から着実に『男性専用』というイメージで固まってしまい偏見ができた状態だ。 'スタッド'、'桑'、「小麦粉れる」シリーズが残したピェヘダ。 最近になってドラマジャンルでは『スキャンダル: 朝鮮男女相悦之詞』、『美人図』などの近作が優れた映像と繊細な人物描写などで女性の観客を集めるのに成功したが、コメディのジャンルでは依然として『淫乱書生』、『小麦粉れる』のリメイクなど男性用汚れペソルが絶対多数だった。 偏見は続く。

また、セックスに対する立場の違いがある。 女性がセックスコメディーで、入手するのは、ただの汚れペソルではないというのだ。 軽くてユーモラスな雰囲気の中で、一種の開放感を感じてすいている。 セックスについて、'クール'の失効が減っているヨクグダ。 このような欲求が満たされるには、どうしても同時代の背景に、同世代の女性が代理満足させてくれるのが最も適している。

そして、もちろん、女性用のセックスコメディーの白眉は、セックスに関連する素材を借用されただけであって、これを除けば、典型的なロマンティックコメディの形式で脱いで出たならないという点だ。 上記の要件のうち、相当数を保有していたイム・サンス監督の1998年作『乙女たちの夕食』が、いざ女性の観客たちから大歓迎を釘受けた理由だ。 憧れてもらえるほどのキャリアウーマンたちが自由奔放にセックスし、滑稽な状況をいくつか作って出したが、最終的に、ロマンチック言わないしなかった。 むしろ、反ロマンスに近かった。

そう言えば、『チェチェハンロマンス』は、不思議なくらいに女性用のセックスコメディの要件に硬さによく当てはまる。 一応イ・ソンギュンとチェ・ガンヒの共演ではあるが、肝心の映画の中でギャグ パンチラインは、ほとんどのチェ・ガンヒが飛ばして物語自体に差別性を与えるのも、チェガンヒのキャラクターの存在だから 女性が引いていく物語という印象を強く与える。 しかも、チェガンヒは、私たちの年齢34歳絶対成長担当者は見ることができず、映画の中でも、その程度ナイトデ役割である。 20歳以上になっている映画の鑑賞層を考えてみるときにも、適切なナイト代だ。 年齢を超えても、チェ・ガンヒは、当初、女性層からの支持率が高い女優だ。

次に、チェ・ガンヒが悔しいタリムは、劇中の大人の雑誌の翻訳の仕事をしてセックスコラムニストとして設定されている。 特に女性が憧れてもらえるだけの仕事だとボギン難しいですが、十分に女性が興味を感じるような職業であるのは正しい。 女性はほとんど男性の専有物とされる職業群で、女性が活動する姿にインスピレーションを受けるからだ。 それも東京の方は一種の憧れである。 また、最近のような20代の就職氷河期に社会的にとてもよくしていく女性には違和感を招くことができるという点で、むしろ「ちょっと変な」職業設定こそジョンダプイルことができる。

しかも、『チェチェハンロマンス』は、大人の漫画家の男性とセックスコラムニストの女性の間'セリフ'を中心に、セックスのギャグが繰り広げられており、当然、現代の設定であり、セックス関連の素材を除くと、非常に典型的なロマンチックコメディー方式を注いでいる。 ウェリョ感情描写が一定の節制された、洗練された印象のロマンチックコメディだ。 すべての要件の時計のゼンマイのように硬いドゥルオマトゴている。

これで、残ったのは、前述したように、『チェチェハンロマンス』の興行チュイダ。 さすがに女性のセックスコメディーがどこまで観客を説得させることがイトウルカダ。 洗練されながらも妙な汚れペソルに関心を示す女性層ととにかくセックス素材の映画には、一旦視線を注ぐ男性層の結合がどの程度の数値までの結果をネジュルカダ。 20〜30代の女性層が映画の興行の鍵を握っている韓国の映画館の現実、そして徐々にデイトゥコスファ傾向が強い家は映画鑑賞のパターンならば、「チェチェハンロマンス」が示すの興行は、今後数年以上、その影響を及ぼすことのできる基点であり、 、多分、韓国映画界の定番興行カードを追加させることになる分岐点になることもあるということだ。

大衆文化評論家fletch@empas.com 入力 2010.12.05 11:27
by kazem2 | 2010-12-06 21:37 | Movie