ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

その男ジョニーデップ その女アンジェリーナジョリーのクリスマスプレゼント!

☆cine21.com
e0109292_18463243.jpg

CHERCHEZ LA FEMME。 その女を探す。
すべての探偵小説の前提は、このフレーズから始まる。




<ツアー一覧>の開始もそうだった。 まぶしく、美しく神秘的な女性が一人で列車に乗った次の平凡きわまりない人にアクセスすると...。 勘違いしないようお願い。 その女性はあなたに反しないしなかった。 その女性は何かを隠すのがいるか、あなたに何かを望む心積もりがある。

米国ウィスコンシン州の気弱な数学教師のフランク(ジョニーデップ)は、恋人と別れた傷を癒すためにイタリア行の列車に上がる。 彼の前に謎のようなイギリスの美女エリーゼ(アンジェリーナジョリー)が座り、彼女は自分と一緒にミラノに滞在すると提案する。 信じられない幸運の連続に、彼女とのくらっとキスまで。 しかし、フランクやがて正体を知ることができないの監視と追跡を後に従うという事実を知ることになる。 挙句の果てに命さえ脅かされる状況では、フランクは、この奇妙な事件の中心にエリーゼが関与していて、自分はまた、国際的な犯罪者に誤認されたことを知ることになる。

<ツアー一覧>で初めて会う

<ツアー一覧>はフロリアンヘンケルフォンドナースマルクの新作だ。 が長く、見知らぬ名前の監督が誰かと、暗くして、思いやりのドラマであり、2007年のアカデミー賞外国語映画賞受賞作の<他人の人生>を演出したその人である。 いくら自国で大好評と賛辞を受けたとしても、地元のアメリカ人でなければ、ハリウッドにまで同様の名声に起動するのは不可能である。 しかし、フォンドナースマルクはそれを可能にした。 <ツアー一覧>がソフィーマルソーの2005年作<アンソニージマー>のリメーク作だからだ(脚色は<ユジュオルソスペクトゥ>と<作戦名ヴァルキリー>のクリストファーメコリ、<ゴスフォードパーク>と<英ビクトリア>のジュリアンペルロジュが担当)。

e0109292_18511121.jpg


アンジェリーナジョリーは2007年ごろフォンドナースマルクの映画<他人の人生>を見た後、彼に先に連絡した。 眠いいつか必ず作品を一緒にしていきたいとシンシンダンブし、3年が過ぎた後、その夢は、<ツアー一覧>で行われた。 "このシナリオでは、ヨーロッパ的な感受性で満たされている。 たまにアメリカの監督が撮った、ヨーロッパスタイルの映画を見ると、そこに何か抜けているという気がする時がありますが、<ツアー一覧>は必ずヨーロッパ人の監督が必要な映画だった。 私は、フォンドナースマルクが一番適役だと思っていた。"当時の国際的な舞台を背景にした暗いスリラーシナリオ執筆が終わったフォンドナースマルクは、彼女の提案を受け入れた。 彼は喜んで、元の次期プロジェクトを延ばしておいたまま、200個のチャネルと400本の足で迷路のように構成された美しい街ベニスでのロマンスとユーモア、スリルが共存する総合ギフトセットのような<ツアー一覧>を撮った。 "<ツアー一覧>は観客のためのクリスマスプレゼントのような映画だ。 椅子に背中をつけて座っていろいろな種類のストレスを忘れて、世界で最も美しい二人の俳優と一緒に、地球上で最もロマンチックな場所に興味津々に旅するわけだ!"

<ツアー一覧>の核心は、もちろん、二人の主演俳優だ。 ジョニーデプグァアンジェリーナジョリー。 二人はそれぞれ2010年の<エンターテイメントウィークリー>から選んだ最も影響力のある俳優の1位と12位に上がった。 "私は、アンジェリーナジョリーがリタヘイパスワードやグレースケリーなどの珍しいタイプの俳優だと思うけど、彼女だけの女性で優雅な魅力を見せることができる役割がなかった。 彼女は、エヴェリン塩のララクロフトのようなタフなアクションのチャンピオンであるか、または<チェインジルリン>のような挑戦的なドラマに主に出演した。 私は、<ツアー一覧>を使用してアンジェリーナのあるがままの美しさを観客に見せてあげたかった"(フォンドナースマルク)では、ジョニーデップはどうだろうか? <カリブの海賊>シリーズとティムバートンのペルソナとして、ジョニーデップはいつもの独歩的であり、誰かと融和したり、相手より弱体化というよりはむしろ世界の遠心力ではねられ出ることを選択するタイプだった。 しかし、<ツアー一覧>で、秘密の鍵を握っているのは彼ではなく、エリーゼ、アンジェリーナジョリ。 小心で平凡な男を演じるジョニーデップが、果たして似合うかな? "アンジェリーナが演じるのエリーゼは、はるかに多くの秘密を持っているが、私は彼女の相手役フランクが相手役で弱く見えるのも嫌だった。 アンジェリーナと同じくらい魅力的でスマートな俳優が必要だった。 まさにジョニーデプイオトダ。 彼が合流することで、フランクは、事実上、実生活のジョニーデプチョロムフレンドリーで愉快なキャラクターになることができる"(フォンドナースマルク)

ヴェネツィアとパリでのロマンチックな旅

このスーパー - スーパー- A級の俳優たちをゴヌリゲなったフォンドナースマルクは、可能な限り二人の俳優の魅力を極大化して引き上げる方法で、過去の大人たちを狙ったスタイリッシュなメロドラマやスリラーを想像した。 だから、多少乾燥して冷笑的な原作の印象ではなく、キャリーグラントとグレースケリー主演の<私は無実である>(1955)とかキャリーグラントとオードリーヘップバーン主演の<シャレグレード>(1963)、スティーブマックウィン フェイ・ダナウェイ主演の<華麗なる賭け>(1968)のような映画が見せてくれた豪華でグラマラスな印象を最大限に加味する。 それとともに"<ツアー一覧>は実際に存在しない世界に落とされただけのような、『私たちはそこに住むことができる場合は、'と願うようになる、そんな世の中を形象化する"というアンジェリーナジョリーの言葉のように、あるいは"遠距離に配置されているエキストラにも主演俳優ドゥルマンクムイナこだわった衣装をコーティングすることで画面のどこからでも視覚的な美しさを見つけることができるだろう"とフォンドナースマルクの大言壮語のように<ツアー一覧>は、ベニスとパリを背景にしたいろいろな種類のファンタジーが絢爛に花が咲くような映画がになるだろう。

e0109292_18563772.jpg


興味深いのは、ジョニーデップ アンジェリーナジョリーさんは、自己の無数のフィルモグラフィーのうち、一度も会ったことがないという事実である。 さらに二人は、フランス南部のそれぞれの大邸宅を所有しており、両方の大邸宅の間の距離は車で一時間足らずでかかると。 それでも一度も会ったことがないという。 "私たち二人は、あまり社交的なタイプではないから。 両方とも一度家に帰るとコック刺さっで出てくる人たちだ"(アンジェリーナジョリー)の二人が<ツアー一覧>に出演決定を下した後の初めての出会いを回想するエピソードが興味深い。 アンジェリーナジョリーさんは、ジョニーデップの仕事部屋を探していき、彼女はジョニーデプウルを待って、彼が撮影した写真や絵を見物した。 "主にジョニーの恋人ヴァネッサパラディーと子どもたちが込められた美しい作品だった。 彼は真のアーティストという気がした。 そしてジョニーが歩いて入ってきたし、我々は話を始めた。 私が想像していたジョニーデップのままだった"(アンジェリーナジョリー)"アンジェリーナジョリーとブラッドピットに関する記事は無数に多い。 二人は私たちの時代のエリザベステイラーとリチャードボタンのようなカップルだ。 彼女はその程度でビックスターが、私は彼女とどんな話をどうするのか全く見当もできなかった。 私は不安で席に着いた。 そして、私たちはお互いの子供の話を始めた。 おおたた非常によかった。 アンジェリーナにはかなり意地悪なユーモアのセンスがあふれた、それは多少驚くべきこともあったが気持ちの良い目覚めだった。 アンジェリーナは、本物のおしゃれだ"(ジョニーデップ)

<ツアー一覧>は、これまで製作会社のソニーの上級管理者のみに公開された状態だ。 直接目で確認するまでは分からないことだが、試写が終わった後も笑いの花を吸って、満足そうに別れたという裏話だ。 会うとすぐに意気投合したという両方のトップスターの化学作用が果たして<ツアー一覧>をロマンチックで素敵に装飾されたようだ。

文: ギムヨンオン 2010.12.06


写真提供:ソニーピクチャーズリリースどらブエナビスタ
by kazem2 | 2010-12-06 18:59