ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[シネスコープ]キスしてください、ニャンコに

e0109292_15331310.jpg

                    猫の「蝶」





偉業を控えた現場は控え目だ。 撮影現場から約20m離れたステーションの中で指揮していたイムスンレ監督がカメラの横にきつくついた。 スタッフたちはおしゃべりをさらに節約できます。 雰囲気だけ見れば、キスシーン程度になるはずなのに、なんかちょっと変だ。 シュートに入る前からカメラの前を守っている俳優ジョン・グクファン、チェボ光とは異なり、彼らと一緒にいなければならないもう一つの学習になかなか姿を現さないまま小さなテディベアを、自分の代役として打ち出している。 どのくらい経っただろうか。 顔を現わした。 俳優が、いや猫である。 去る11月12日の夜、水炎里のある住宅街、動物保護のオムニバス映画<動物と一緒に住む世の中>のうちハンピョンイン イム・スンレ監督の<猫のキス>の4回目の撮影現場が公開された。

e0109292_1534536.jpg

動物保護オムニバス<動物と一緒に住んでいる世界>のイムスンレ監督の<猫のキス>の撮影現場
<牛と一緒に旅行される方>で一緒に呼吸を合わせていたイム・スンレ(左)監督と俳優ジョン・グクファン。 "今回は猫です"というイム・スンレ監督の提案で、全国ジファンは快諾。

e0109292_1537691.jpg

"今日の演技の中で「猫のキス」が一番気になる。"舞台ギョンリョクマンスシプニョンインベテラン俳優、全国環の大袈裟ではなく、大袈裟だ。 人々が目を閉じれば猫も、その人にそっと目を閉じる猫のキスは"お互いに信頼が通じなければできる"のである。 出力したいのカットはこうだ。 両方の母娘が仲良く家に帰る途中見当違いの猫に会う、猫を嫌っていた父(ジョン・グクファン)が猫に向かって近づけば猫は、父と娘を眺める場面だ。 『人』には、単純なシーンだが、猫の方は事情が違ってくる。 猫が驚いて逃げるように備えて、スタッフたちは釣り糸に猫の体をしっかりと結合することはもちろん、現場に四方八方に黒い網を設置した。 何よりも数回のリハーサル中にいつも猫がアングルの外に出たのが問題だ。 いよいよ"シュート"が入った。 今回もアングルの外に出るだろうという皆の予想に反し、猫は、所定の位置を守って黙々と'演技'だった。 "カット"という音と共に、"OK"サインが落ちるのスタッフは、すべての猫に向かって感嘆の声と拍手を送った。 『魔法の瞬間』だ。

"猫がキスを拒否した場合はどうすればよいのか。 ダメならそのままパッ...ふふふ。 (笑)"全国のファンは撮影前から猫の'蝶'でキスを拒否するようで心配した。

一週間の間、ソウルにある娘の家で一緒に暮らすことになった父はシシテテロ娘がどうのこうのいう。 娘が行けと嫁は、内部に行き、小汚い姿で、毎晩長く、量がにご飯をもらいに行ってからだ。 "これが韓国の人々の猫に対する偏見である。 人々は夜に声高に叫んでゴミ袋を下回るという理由で猫を嫌っている。 人々が猫を捨てて生じたムンジェジャンナ。 当然人が責任を負わなければならない"というのがイム・スンレ監督の演出意図だ。 "長く、量が保護と、父と娘の和解"を描いた<猫のキス>は、他の細片の映画と一緒に<動物と一緒に住んでいる世界>というタイトルで、来年上半期に封切りする予定だ。

<猫のキス>には、8匹の猫が出演する。 イム・スンレ監督は、"銀行の猫もいて、長くて量がもあって。 すべて自分が引き受けたキャラクターがある"と述べ、"すべてのオーディションに合格した"と話した。 "猫が現場を恐れるかと思って映画会社のオフィスに置かれたときにおとなしいと、キャスティングした"と。 そのうちの蝶(写真)は、耐腐食性が良いことで有名である。

e0109292_15375910.jpg

杏仁こっそり路地の隅々に猫の飼料を与えるの父と娘。 チェ・ボグァン(右)は、ミュージカル<洗濯>の看板スターとして、<りんご>(2008)、<家の出てきた男たち>(2010年)などで脇役として出演した。 イム・スンレ監督は"明るいイメージが娘役に似合ってキャスティングした"と。


文: キム・ソンフン
写真: チェ・ソンヨル
by kazem2 | 2010-12-06 15:47