ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[ユンソンホの'することができる者が求めなさい']自分の無数の人生の道の友

☆cine21.com
月光の妖精の悲しい知らせを聞いて弘大の自立ミュージシャンハンバトシルル思い出し
e0109292_18545353.jpg




ハンバトシロブト久しぶりに先に連絡が来た。
ハンバトシヌン、知っている人は皆知っている知らない人はまったく知らない弘大の自立の音楽家。 インディーズのミュージシャンというカテゴリではなく、あえて「自立音楽である]という呼名が、彼が考案された理由がハングル愛とは無関係なのが、この両班がギターを弾きながら衆生の寂しさを和らげるときは、「アマチュアのアンプ」、ノートパソコンを伴ったまま、ダンス、音楽を提供するときは、「山形トゥウィクスター」。 途中でちょっとクリドンパンクバンドの名前は『ストレッチジャーニー』。 そこでハンバトシガ固守する『自立』という言葉は、『インディ』の翻案ではなく、『インディ』また、ニッチな商品となってしまった状況で、最初から市場を超えて、但し市場を上回る見込みというのが一応は不可能な世の中だから、そもそもの失敗を前提とした、よりよい失敗をするための言語闘争。 ただ私は、解凍したい'切り'はちょっと別の方向。

ハンバトシワ初めて会ったのは2003年の冬、小さなビデオフェスティバルの事前ミーティング。 両方とも「ビデオ作家」というタイトルをかけたまま - 文字通り、本当にそのようなカードを首にかけたまま - 挨拶を分かち合った。 金色のかつらを使って、自分の音楽ビデオをCDに焼いて、2千ウォンなのか販売している姿がドドゥラジョトダ。 翌年復学した学校での技術アシスタントという名称で勤務している彼にまた会った。 やっと本名が、韓進式であり、ハンバトイラヌンニックネームのスペルが「ハンバッ」ではなく「ハンバト」という事実を知ることになった。 直前までは、そのジョグンジョグンハン大邱(テグ)のアクセントを聞きながらも、相手を大田の出身で、認知した私のムシムハム。 長髪にひっそりとゴルウムセ、俗世から騒ぐチョセチェク表紙モデルとは距離が遠い(特に歯の状態が)風貌の一助教を崇拝する友人にもいくつかあったが、ビョルスロンオーラの所有者らに会えば嫉妬からの私としてはあまり似合う仕事がないがどのような英文なのか一緒にトンウムウルしハンバトシウイ録音スタジオに行ったことがある。 スタジオだってところギェランパンイラン発泡スチロールなどを重ねたアヒョン駅の指輪下方。 ハンバトシウイリズムに合わせて、私のギターソロをするように一晩中『ジャム』を楽しんだ記憶。 ちなみに私はギターを打ったのは、文字通り『打った』ということだ。 演奏ではなく、本当に何の音も出たら心に彼のギターを「打って牌」の間ハンバトシヌン真面目にベースの伴奏をしてくれた。 "ハンバトシ、私は素質がありますか?"特有のドムドムハン声で"はい、おもしろいです"。

私たちは、最終的にマクヨクハンの間にはされていないが、その後数年間、私なりに重要な時代の街角ごとにハンバトシウイ音楽があった。 下手な最初の異性交際が終わって、痛みよりも痛みに対する好奇心でナンボンを振るうときに、問題の『ジャム』を共有し、次の付き合っていた友人と地方の外出を行った最初の大阪戦った時、[完了]の近くの通り公演をしていた彼に向かい合ってしては一節歌を求めるイベントでの状況をミクロトゥリンこともあった。 それからアマチュアのアンプが呼んでくれたのレパートリーは、おそらく、「アイムジャストウォントゥセックスウィズユー」を叙情的に繰り返す<ルンビニ>。 その呪文が効果があったのか、その後ろにしばらく第モトエ抑えられないだけながらもヨプサラムエゲ愛されて応援されるホシジョルを送った。 第モトエ抑えられない'作業がちょっとミトミトハルラチミョンハンバトシエゲ給電化をかけてピカピカの登場をお願いされたし、これは通常、「素人のアンプという」、隙間の芸術家を対価なしに利用しようとする秀作だったが、彼はわかっても気にしなかった。

私の仕事の栄養素、ビタミンC、穀物の種
2年後、再び一人になった私は、ハンバトシガしばらくマネージャーを見ている弘大の酒場で、以前よりも絶望的な状態で座っていた。 迷惑を及ぼす同志もなかった三十歳、実演と絶交は、以前のように興味深いテキストではなく、今はただ床のセット。 いったいどうしてこうなったのだろうか。 こんな私を生かしてくれとギター曲のレッスンをチョンヘトウルときに路地でマネージャーハンバトイの3つの他のかに教えてくれた<金字塔>という歌の小節、"いやいやではない私はただタムヨクスロン男の子だよね。"

通俗的に、しかし、本当に感謝して通俗的には、そのシンプルなコードをトィンギミョ新しい誰かにときめく気持ちを告白する機会が再びできたし、歌のヨウンホムハムおかげか、可憐な嘆願書をあっさり承認されては、また1年、2年、3年。 いつものように無関心な恋愛のパターンは繰り返され、変わっている場合は、外部からのもっと規模のある操作を要求されるようになったという点。 その中にアマチュアのアンプは、もう一度家内手工業のアルバムを発売したが、前には、フンミロプドンジョウムジルリーフがそれからはちょっと退屈に感じられた。 実現されていない商業映画を一つ用意している間に直接焼いたCDを新聞で宣伝していたアマチュアのアンプに出会った日、そのCDを進め経費として一枚買おうか領収書の処理を心配している程度の感想。 また1年、音楽監督を別々に交渉して初の長編を操作できる、とても望んでいた『捻挫』が出てこしないのでハンバトシルル水ベヘ<恋歌>の歌唱を注文したのを覚えて。 そのように食卓にはおしゃれさせていただいたの敵なしゴトガムマンペモクウン数年、なぜか付くの心に正当な聴衆になっちゃいない彼のブログの悩み - 音楽の労働者として主流の流通に頼ることなく自立することができるか、小さくは、仁川(インチョン)で公演を終えた後、帰ってくる交通費がなく顔をブルヒジても良い方法の - をチラッとニヤニヤ『私は、もっとクールな創作者になろう』くらいの決意もしていた昨年、せっかくハンバトシロブト連絡が来た。 "ソンホさん、私がアマチュアのアンプとしては最後となるアルバムを作成しました。 証言を書いてくれればどうでしょう?"長い恋愛が再パツナゴ後遺症を経験した私は、彼のアルバム<<水星ランド>>を応援するためではなく、私を紛らわすために、ひょっとして奇跡のような再会のきっかけを用意するために、心の中の受信者は、別の文を送った。

"アマチュアアンプの歌は相変わらずだったし、C7のDm7を行き来するコードもヨジョンハンデどちらの間に私は恋人もなく、恋人と過ごしていた自炊の部屋もなくなり、これまで風干しジョンロナ新村、たまにはフェギナソクギェ通りの端に迷っなる。 私たちは、一袋千ウォン以下の乾いたプルパンに興じるていたが、いつのまにかダメな可能性を天秤になった私のために、固有名詞のない大義名分を盾サムドン私のために、全羅南道ではなく、自分の人生を見物していた私のために、その良い時代はソクジョルオプイよぎった。 私はセックスや好みの人々の心に触れる行モルラトジ。 一歩遅れて一人で食べるトッポッキは本当に鉄筋のよう。 明日は、不審な歯科に顎関節をマンジロ行ってOリングテストに騙されてくれなくてはならない。 どうせそうドゥェルゴル早めに多くのきれいなものにソクアジュルゴル。 アマチュアのアンプの購入などの歌を聞いているとわかっても騙されて分からなくてソクアジュルのに。 人生は美しく、歴史的には回ってドルゲトジ。 水星も、地域経済にも、私たちの心みたいな言葉も、馬みたいな気持ちも巡りドルゲトジ。"

月の光の妖精がくれたイルヨンハル芸術を覚えよう
四季が過ぎて。 去った人や地域経済の代わりに時局とフクソンマン回り回ったが、小さな奇跡のように、今私は大丈夫だ。 本当に大丈夫です。 愛し愛されている。 食卓セットされる人々のオフ、干し柿くれといった人タロイン世界ではそれでもまだ食べて暮らして映画のようなものを作る。 ちょうど今のニッチ商品であってもされてシプオジン僕SNSさえ認め闘争の延長。 Twitterをしていた中、歌だけ知っている月の光の妖精イジンウォン氏が自炊の部屋で倒れたというニュースに接した。 通常の弔意を表し、義務的に世界への一喝を残すとしたが、ふとハンバトシルル思い出した(不吉なことに)。 彼はどのような栄養素に堪えているだろうか。 私は彼には少しの栄養素でもなったことがあるだろうか。 ハンバトシヌンこれまで自分のタスクの明確な栄養素だったが、少なくともビタミンCだったが、穀物のシヨトヌンデ。

そのように私たちにイルヨンハル芸術を提供してくれた方々と悔しいお別れをしたとき、これをより良いシステムを心配するきっかけに専有することも必要だが、近所の人たちもあることが分からない私の無数の道の友として覚えているのが優先という気がした。 愛し愛された固有の個人的に、まず覚えてもらいたい気持ち。 もし私が貸しで倒れても市場がそっぽを向いた1人くらいで急に要約されていない場合は、風。 そして数日前にハンバトシロブトきた文字。
"ハンバトイプニダ。 11月11日午後2時30分頃に3.29kgの健康な男児を妻が安産でした。 皆さんありがとうございます。"
いいえ、ハンバトシ、私はありがとうございます。

文:ユン・ソンホ(映画監督) 2010.12.03


イラスト李恩栄
by kazem2 | 2010-12-03 19:06