ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[電影客桟]悪夢の中で夢を見る能力を失ったんだな

☆cine21.com
<超能力者>と<不当取引>が、今日、ここについてさらされること
e0109292_18411480.jpg




一日に<超能力者>と<不当な取引>を相次いで見て、ふと2010年の韓国映画はどのように記憶されるか、という疑問を持った。 2010年、韓国映画は、対立する二人の男の話であふれた。 あとどれくらい持続するかは疑問だが確かなことは、男性の人物たちがお互いに蜘蛛の巣を張って、どちらかが死ななければならないゲームを繰り広げているという点だ。 今の韓国映画は、環境の病理学と行動主義の理想の状態を描く仕事に没頭していないか? その過程で、韓国映画は、共同体の夢を見ることを断念したか、何もわからない悪夢の世界だけを繰り返しているのではないか?

犯罪の商品の交換、殺されるか、あるいは悪いか

<超能力者>の当惑なほど無邪気なエンディングを後にして<不当な取引>の悪夢の中に入った時、私は今の韓国映画が現実の悪夢の中でも自分が夢見る世界を描き出すことができる方法を、まだ実現していないのではないか、という思いをした。 多分2010年の韓国映画は、状況を変化させようとする共同体の夢を喪失したまま悪夢にあえいでいた時期として記憶されることもある。 それなら、今の韓国映画の中で必要なのは夢の中で目を覚ませは覚醒の必要なのか? 目を開けた台が不快感に苦しむのなら、いっそ私達はもっと理想的な夢を味わうほうがましではないだろうか?

(後に、後述)<超能力者>は、共同体の幻想を何らかの方法で支えて立つし、<不当な取引>は、その逆に、その幻想を解体してしまう。 もちろん<不当な取引>で見せてくれた内容は、我々が気づいていないものではない。 <不当な取引>は、既に様々な時事番組で繰り返し見せてくれた事件を劇の形で再現しながら、最終的な結果よりも、それに至る過程の汚れたコネクションをディテール「細密画」に描き出す。

<不当な取引>で重要なのは、犯罪を断罪する人たちがむしろ犯罪を犯すは、単純な事実にあるのではなく、(それは私達が既にある程度知っているだけでなく、さらには現実の一部として認めている事実ではないか)、そのタイトルから分かるように、罪を一つの商品のように交換する状況に至った韓国社会の詳細なミョサダ。 チェチョルギ(ファン・ジョンミン)とジュヤン(リュ・スンワン)を見てください。 彼らは、相手の犯罪を取引の対象に計算をしながら、押したり引いたり駆け引きを繰り広げる。 だから<不当な取引>は、犯罪が取引されているちょっとヘンテコな市場への映画であるわけだ。 もちろん、その市場での犯罪の商品価値は、犯罪の質より、その所有者にどのように大きな打撃を与えることができるかに基づいて決定される。 だから、相対的に些細な犯罪が質的にはより悪い犯罪よりも大きな商品価値をもつ可能性があるというのが市場の論理だ。

<不当な取引>は犯罪 - 商品を所有することはジャングルの中で生き残るためのやむを得ない選択であり、誰でも簡単に避けることができない状況だということを示しています。 もちろん、その商品の所有者は、自分がその主人であることが隠されないように必死に書く。 犯罪の市場は、最初に密かに商品が取引されて闇市の運命を持って生まれたわけだ。 ところが、<不当取引>は、ここで意図的に観客の客観的かつ冷静な判断を停止させようとする。

<不当な取引>がジュヤンエ比べチェチョル機を観客に密着させる方式は、どちらがより質の悪い犯罪をジョジルロトヌンが、するのではなく、誰がより多くの生計型犯罪に近いか、そして誰より仕方がない状況で、罪をジョジルロトヌンガ、というものである。 <不当な取引>が付いている者がより多く持とうとすることに皮肉を送るが、釘が付いている者が少しでも持つために全力を書くことは(その罪を否定できないとしても)同情の余地があるのではないかという『不当な』態度を示す。 リュ・スンワンはまだオフィスの'頭'より通りからブデキヌン『体』を愛しており、このような理由でもジュヤンボダチェチョル機にもっと好意的だ。

ところが、<不当取引>で、この闇市の細密な描写が可能だったのはチェチョル瓦ジュヤンイ自分たちに起こっている状況を制御することができる能力を喪失したからだ。 もちろん、これらの市場もそれほど公平ではなくて、誰がより多くの権力に近い場所での取引を提供するか、ということに左右されますが、それがジュヤンイ状態を制御する能力があることを意味するものではない。 <不当な取引>は、犯罪を一つの商品で、取引、または交換する過程で、互いに無関係に見えた人物たちの関係結ぶことを見せてくれるのに、それ以降は、これらの『関係』は、人物を取り巻く環境がされ、それにとって、特定の方法で行動するようにする。 ため、二人の人物のすべてはある特定の状態のマスターができず、相手が作り出した状況に反応する立場での行動の制約を経る。

このような脈絡からすれば、<不当な取引>は、(後にもっと詳しく後述)<超能力者>が状態から行動へと移行することで、状況を『変化』させようとするのと違って、人物を包囲されたまま息を締め付けるの状況を(より良い方向に)変化させずにそのまま残すにはならない。 つまり、<不当な取引>は、状態(S)が行動(A)をナトジマン、その行動がただ与えられた環境の中で生き残るための奮闘に滞在しながら、状態(S)に何の変化を起こすことができないということだ(SAS )。 もちろん、ある人は、もっと最悪の状況に達したように考えることもできるだろう(SAS '')。

このような世界の中で、個人的には何をするか分からないだけでなく上手に見なければならないような状況に滞在するだけだ。 自分が置かれた状況をフルに把握していない人物の行動はほとんど目を覆ったまま走ることと同じくらい、盲目的に見えるだけだ。 まるで「釘を食べても高」を叫ぶゲクギ子の心情というか。 <不当な取引>のチェチョル機はこのような人物の代表と同様だ。 ジュヤンもあまり変わらないが、チェチョルて、自分に起こっていること最後までわからないまま死を迎える。 彼は自分が取引していた闇市で死刑判決を受けるが、判決の内容をまともに聞くことができない。

チェチョル期の死からの<復讐者に憐れみを>の東(ソン・ガンホ)が浮上するのも無理はない。 彼は死の瞬間にも自分がなぜ死に至るかどうか知るすべはない。 彼は目が遠いままで行動し、そのように死を迎える。 <不当な取引>は、状況を変化させるために悪戦苦闘する映画というよりは、与えられた環境で生き残るために身悶えする人物たちの映画だ。 勝利したのは、まだ同じ威力で力を発揮しているのは人物ではなく、人物に与えられた状況だ。 人物は、状態を変化させるという、そのいくつか意志もなく、ただ生き残るために戦い、彼を取り巻く環境は、そのような人物の没落を冷ややかに見つめる。 このような面で、まるで<ディパーテッド>のエンディングを連想させるような映画のエンディングでは、'マウス'に'人間の体'を戻し値ながら、人物ではなく、状況に傍点を撮るカメラの視線は、映画を正確に仕上げている。



e0109292_18554886.jpg

<超能力者>、エンディングの飛躍

<超能力者>の超人(カン・ドンウォン)とギュナム(コス)がチャクペような関係の中にある人物を2つに裂かれたような感じを与えるが、最終的にストーリーを導いていくのは非常に困難である。 最近、韓国映画の中で、自分の目的を携え、ストーリーを引っ張っていく役割は、悪人が主トマトヌンダ。 悪人たちは、それが同意するに値するかどうかにも、かなり明確な目的を持って状況を危機に追い込む一方、彼と対立する人物は、その行為に反応する受動的な機能に留まるためにとどまっている。

<超能力者>の登場人物の関係で真っ先に思い浮かぶ作品は、<ダークナイト>だった。 <ダークナイト>でグァンギオリン力で世界を変更され、ストーリーを導いていく人物はジョーカーであり、バットマンは、これを防ぐために、全力を使うが、常に一歩遅れて動くだけだ。 <バットマン>が(英雄の誕生を公募することで)共同体を支える夢と幻想を完成しながらも、このプロセスを、自己反映的ドゥルチュォネ、それに対する信仰(夢)を意図的に破壊しようとしたのに対し、<超能力者>は、テキスト自体が毀損されているがあっても共同体の夢と幻想を支えて立つという姿勢を堅持するという点で違いがある。

<超能力者>の楽観的であることができなくて純粋、これがないエンディングは、このような態度から始まったようである。 全体的に見ると、<超能力者>は、その潜在的な魅力を十分に発散されていないようである。 超人とギュナムガンウイ多様かつ多層的な関係がかなりエキサイティングで映画の中の何人かのセリフは、中心点をはっきりさせる力が感じられるが、それがストーリーにしっかりと打ち込まれているという印象を与えることはできない。 何よりも映画のエンディングは、その純粋な世界観に戸惑いスロプギカジている(実際に映画が終わった後、出口へ向かっていた何人かの観客がこのエンディングに笑うことを送ったりもした)。 しかし、私の関心は、このエンディングが適切かどうかを評価するのではなく、このエンディングを'ビヤクドゥェンこと'で示すしかないという事実が、今の韓国映画が直面した問題を兆候的に露出するように見えるという点を述べているにある。

最近、韓国映画は夢を見ることを忘れてしまった。 いや、夢をクギンに悪夢の連続だ。 状態(S)での行動(A)に移行することで、状況が変化(S')させる回路図(SAS')は<超能力者>が、そのエンディングまで堅持するネロチブジョク態度である。 キム・ミンソクは、何らかの方法で行動が状況を変化させたり、よりよい可能性をインテハルがあることを見せなければならないという'信じる'。 私はこのエンディングを怪しげなことに感じていた理由は、(キム・ミンソクがどのように判断したといって間)がエンディングが最近、韓国映画のトレンドだけで映画全体にもあまり似合わないの選択の結果だという点だった。

<超能力者>が二人の対決という韓国映画の大きな流れに便乗していながらも、そこから離脱するポイントは、まさにここにある。 人物の行動によって状況を変化させる「SAS」の回路図は、現在主流の韓国映画では、旧時代の遺物に過ぎない。 主流の監督たちが、むしろ非主流の感受性を発散する状況で、韓国映画の人物たちは何をすべきかわからないガルパンジパンハゴており、自分の行動によって悪夢のような状況を克服するどころか、少しも改善されていない状態に留まるか(SAS )、結果的に窒息するかのようなより多くの悲惨な状況に至るが常だ(SAS '')。 今の韓国映画は、ある特定の状況がより好ましい方向に対処できるだろうという共同体の幻想(信仰)が夢を見ない。 いや、そうはならない。 まだ韓国の映画は、悪夢の井戸の中に陥ってしまったの共同体の夢を救い上げるほどの滑車を持っていないようである。 ところが、<超能力者>がそれをやった、と言うことができたなら良かったが<超能力者>は幼児の奇跡の幻想に近いものを人為的に挿入するのに留まってしまう。

現実を揮発させた対価

<超能力者>で、その代償はあまりにも過酷だが、これは、このエンディングのため、映画の中で光をバルハドン魅力さえ自ら毀損する結果を生むのである。 <超能力者>がファンタジーのジャンルではあるが超人とギュナムウイキャラクターの設定やその周辺の人物の配置、都市空間の活用、およびいくつかの設定やセリフは、映画の根が現実にしっかりと打ち込まれているという印象を与える利点がある。 特に、冷戦の時代の中で、全体主義社会への不安を形象化した<身体を奪う者の侵入>を引用するような場面、つまり超人に心を奪われ機械のように動くようになた人々を描写してあ時は、元の踏襲レベルから脱した創造性を示しています。 仮に、超人の命令を受けて人々がマンホールの穴の中に自分の身を投げて入れるシーンとか、都市の古いアパートで飛びおりるの人々を置いて超人とギュナムイ対立する場面などは(それが最大限の効果をドラッグして出したと言うことがはないとしても)監督自身が言いたいこと、メッセージにふさわしい状況を表わすことができる能力を証明する。

しかし、映画のエンディングは、まるで自分がアレゴリー的に記述していた現実をドゥンジムウロソマン存在することができるのかちゃん、『飛躍的に『その場に表示されます。 <霊能者>は、そのような現実を揮発させた見返りに、完全なファンタジーの世界に進入する。 <霊能者>は、エンディングの席でこのような共同体の夢を人為的に挿入するだけでするだけで、なぜそれがその場に位置するかどうか蓋然性のある理由を提示するのに失敗する。 <超能力者>のエンディングに表示される、その飛躍は、韓国映画が共同体の幻想を夢を見ることができないの挑戦に直面したという逆説的兆候であると同時に、現実の悪夢の中で自分の夢を救い上げることができる方法をまだ持っていないという事実を証明するだけだ。 <不当な取引>の正確なエンディングのように悪夢に留まるか、それとも<超能力者>のエンディングテーマのように飛躍するか。 多分、今私たちに必要なのはサミュエルフラーの<衝撃の廊下>よりはジョンフォードが見せてくれたの西部劇映画の世界ではないか?

アン・シファン いくつかの大学で講義をしている。 映画批評の学位と地位が何の役なのかと言いながら、本人は、歴史映画の研究に東国大で博士号を取得。

文:アン・シファン(映画評論家) 2010.12.02
by kazem2 | 2010-12-02 18:56