ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ウエスタンを生きた男

☆cine21.com
ジョンフォードの傑作で、11月30日から12月5日までソウルアートシネマで
e0109292_1992934.jpg

                          <鐵馬>




<シェーン>(1953)で知られる映画監督のジョージスティーブンスは、モニュメントバレーを訪れたことがあった。 最初はそこで映画を撮ることについて検討していた彼は、その考えを折ったり、ハリウッドに戻った。 それとともにこう言った。 "そこに見ることができるのは世界中ジョンフォードのショトドゥルプンイドラ"も、『フォードのポイント』と名のついたスペースさえあるモニュメントバレーは、それこそジョンフォードの世界だったようだ。

このくらいなら私たちは、ほとんど自然にジョンフォードという映画監督の定義を偲ばれる。 彼は何よりもウエスタンを作った映画監督であり、広大な風景をイメージとして捉えることを知るの監督であり、言葉よりはアクション映画の本質があると信じていた監督だと言われる。 しかし、彼の映画を細密な関心を持って見た観客の方は事情がもっと複雑であることを知っている。 簡潔に言えば、ジョンフォードは広い書士詩的な空間と個人のドラマを融合与える知り、ただ美しい画像を作成するだけなのではなく、そこに内密の感情を吹き込むだろうと思っており、広大な舞台で、孤独と喪失をサユハン映画監督だった。 彼の最近の評価が指摘するように、この『アメリカ映画の受賞者』は自分の映画の中で、豊かな美的な複雑性を実現いた人物だった。 おそらくこれはジョンフォードの映画を継続的に見なければならないかの重要な理由だと言えそうだ。 彼の世界を今一度吟味して、探検する良い機会が設けられた。 11月30日から12月5日までソウルアートシネマで計7本のジョンフォードの映画を上映する『ジョンフォードの傑作選』が開かれる。

ジョンフォードのスコットの子供だけの著書に『フォードと彼の協力者たちはウエスタンを作っていたのではなく、ウエスタンを生きていた'というフレーズが出てくるが、これはフォードの初期作<鐵馬>(1924年)を取り上げて書いたものだった。 シエラネバダの強風が吹いて寒い地での映画製作陣たちはいろいろな苦労に耐え、さらには彼らだけの世界を『開拓』して映画を撮ったのだ。 この隊列の指揮者だったフォードは、非凡な(直感的)リーダーシップを発揮し、彼の最初の傑作といわれる作品を発表する。 大陸横断鉄道建設を背景に繰り広げられる人間ドラマで、広大な空間とその中で逆境と対面し、最終的には、英雄となる人物のようなエピックの側面は、繊細に扱われた人物とストーリーの構成との融合を示しています。

e0109292_19141193.jpg

                     <荒野の決闘>

"世界で最も美しいものの2つは、走る馬とワルツを踊るカップルだ"とフォードは言ったことがある。 このような考えの適切な映画の実装が<荒野の決闘>(1946)ではないかと思う。 この映画の中で多分最も印象的であり、重要な場面は、最後の決闘ではなく、まだ完成されていない教会の建物で、人々が踊るジャンミョンイルだ。 ここで、私たちは、<鐵馬>で重要に扱われていた『文明』の到来と建設という主題上の共鳴を聞くことになる。 <荒野の決闘>は、きれいにひげそりをしたワイアットアプローチがセキュリティ官の村に学校や教会が造られる過程を描いた映画だ。 しかし、そう開き直るられず、前述の踊るシーンを見てもそれは十分に見る者の心の中に入ってくる。 <荒野の決闘>は、可視性(诗情)が込められているウェスタンである。 例えば、大部分が、巨大な空に満ち、画面とか保安官事務所の外でワイアットが柱に足をつけて座っているその有名なシーンは、<荒野の決闘>が美しい詩的なウエスタンであることを証明する他の実例である。

上映作品の中では比較的それほど知られているが、注目を要する作品は、<ヒールも蒸気船>(1935年)である。 フォードは、自分のメリットの一つにユーモアを挙げたことがあるが、これは彼のコメディ感覚が豊かに生きていて付いて叙情性が付与された作品である。 フォードは、西部の男と呼ばれていた俳優ウィルロジャースの存在も見逃せない。 このほか、独立戦争を背景に、苦難を乗り越える人々を描いた<モホーク族の太鼓の音>(1939)、大恐慌期のアメリカ社会をリアルに描いた<怒りの葡萄>(1940)、家族の解体と楽園の喪失の感動的な映画<私の谷はプルロトダ>(1941)、西部の消滅のエガイン<リバティバランスを撃った男>(1962)は、フォードのまだ知られていない面を探検することにするもう一つの上映作品だ。

文:ホン・ソンナム(評論家) 2010.11.29
by kazem2 | 2010-11-29 19:09