ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[エディトリアルチーム] Imagineジョンレノン

☆cine21.com
e0109292_18591698.jpg




ジョンレノンが、マイクチャップマンの銃撃で死亡していた1980年12月8日、私は中学校への入学を控えた立場だった。 童謡や歌謡曲を行き来する音楽の趣味を持っていた私としては、その死が何を意味するのか分かる顎がなかった。 しばらくして三歳位の兄がジャプジチェク一冊を買って来た。 <月刊ポップソング> 1981年1月号(2ウォルホイル場合もある)であった。 その号は表紙からジョンレノンを掲げて、巨大な特集記事を載せていた。 ラジオでの彼のユジャクイン<<Double Fantasy>>の<Starting Over><Woman><Beautiful Boy>がずっと流れて出てきたせいか、銃撃死亡したという事件自体の衝撃のせいか、それともヒョンオンにくいフォースの白黒表紙タトイオトヌンジ、とにかく<月刊洋楽>その号はがたがた外だように読んだ。 読んで、また読んだ。 それ以来、<月刊ポップソング>は、毎月の発売日をまとめて買わなければならない必須アイテムとなり、<煌めく用の英ポップス>との相互補完関係を成してパプウムアクエの地平を広げてくれた。 そのように計算したら、ジョンレノンは私の大衆文化へと導いたの最初のゴリラといえる。

『現代パプウムアクウイシウォンは、ビートルズ』という<月刊ポップソング>の教えに従い、私たちは、ビートルズのファンであることを自任した。 しかし、当時の韓国に記載されているビートルズのアルバムは『グムジゴク'この穴のようにポンポン空いたベストアルバム何枚かだけだった。 自尊心のイメージの音質が最悪「ペクパン」を聞く純なかった私たちの救い主はオポサンをしていた友人の父だった。 その方が外国を行き来して買ってくれたビートルズのアルバムの中で私達の最も感激させたのは、一般的に『ホワイトアルバム』と呼ばれる<<The Beatles>>だった。 実際のLPまで白に押されて出たという伝説のチョパンボンではなかったが、巨大なポスターがスリーブの間に挟まれているこのアルバムは、私たちがビートルズの狂信的なの作った。 ジョンレノンやビートルズに関する今回の特集記事を読むとはそのようなあんな思い出が新たに生え出た。 特に、『印象的な20の場面を見るとは、ビートルズに熱狂していた記憶の映画インド一つや二つではないという気がした。 になれば、きっかけさえできれば、ビートルズのジョンレノンという名前を掲げて企画アルバムを作るっていうのはヤルミオミョンソドきちんと購入することになるのも、まさにそのような思い出のためであろう。

特集記事にも登場するが、ビートルズファンの長年の論争の種には「ジョンイニャポルイニャ」だ。 私は当然ジョンイダ。 ビートルズ時代やソロ時代や、ジョンレノンがポールマッカートニーより一枚ウィヨトダヌン考えだ。 音楽的な次元だけではなく、芸術家としての人生という意味でも、だ。 彼は当面、ベトナム戦争に対抗してオールヌードに妻のオノヨーコと一緒にベッドでデモを繰り広げ、人々に平和のために立ち上がることを歌に扇動した。 平和を唱えていたジョンレノンの
30サイクル、韓半島では、危機感が再び高まっている。 戦争は終わるんです/あなたが望むなら』(<Happy Xmas(War Is Over)>)と叫んでいたジョンレノンがさらに思い出す。 Give Peace A Chance!

文: ムンシク 2010.11.29
by kazem2 | 2010-11-29 18:59