ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カン・ドンウォン 映画「あいつの声」音声ヴォイス

☆lights7540.blog.me矢印をクリック
e0109292_9311845.jpg

カン・ドンウォンの作品は大体見ましたがこの映画だけはどこを探してもありませんでした




☆movie.naver.com
現象スベグク
1991年イヒョンホ軍の誘拐事件の実話
自分の子供を奪った誘拐犯の44日間のピマルリは、脅迫電話
買うことも死ぬこともできませんでしたGNOMEをとる前には... 私達の子供はわずか九才でした

犯罪との戦争がソンポドゥェルほどヒュンヒュンハン凶悪犯罪が後を絶たないなかった1990年代。 放送局のニュースアンカーハンギョンベ(ソル・ギョング)の9歳の息子サンウが、ある日の痕跡なく消え、1億ウォンを要求する誘拐犯(カン・ドンウォン)のピマルリは、脅迫電話が始まる。 妻オジソン(キム・ナムジュ)の届出に夫婦には専任の刑事(キム・ヨンチョル)がついて、秘密捜査本部がチャリョジョ科学捜査まで動員されるが、知能的な犯罪者は、嘲笑するように捜査網をくぐり抜けていき、執拗な脅迫電話にハンギョンベ夫婦に新しい接線方法を指示する。 緻密な手法で渋滞が認識されない誘拐犯の唯一の手がかりは、脅迫電話の声。 教養のある話し方、感情イラゴンないように鳥肌が立つよう冷静なあいつの声だけだ。 事件発生から40日が過ぎてもサンウの生死も知らないままに脅迫電話のみにしがみついて一喜一憂する親たち。 切迫した心情は、徐々に怒りに変わり、最終的にハンギョン船は自らのGNOMEに接線の方法を指示し、息子を取り戻すための正面対決を宣言するが...
by kazem2 | 2010-11-28 09:27