ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

少女たちの憂鬱な灰色の都市

☆cine21.comソウル国際建築国際映画祭


e0109292_1853183.jpg

<子猫をお願い>の仁川(インチョン)旧都心の風景




仁川(インチョン)の旧都心、仁川駅と城関街の一部が、この映画の中心領域である。
旧都心だから? 華麗な過去が連想されていないスェラクハン街並みは、それはこの映画の制作年度2001年、10年が経った現在や別段違わない。 チョン・ジェウン監督の<子猫をお願い>にさらされる時間のコードだけで見ると、同時代の仁川(インチョン)の容量は、松島を中心とした経済自由区域の序盤開発ムードが熟していた。 小さなものを振り返る余地がなかった時だ。 それにもかかわらず、監督の視線が仁川の旧都心を向いているのは、大きな計画への静かな抵抗の地として読まれた。 開封序盤、この映画が観客の一般の関心の外に押し寄せていたのは、設定の人物のソンジャンソソルジョク構成が強く迫ってくるという印象がジトオトドンわけだ。

皮肉なことに、この『小さい』の映画は、序盤の不振を払い、世間の話題作に輝く浮上する。 この映画の話は、仁川(インチョン)の人々の口コミで広がり、ついに公職者たちが大挙チャクソクハン中で仁川(インチョン)でジェゲボンされるハプニングが苦しむ。 理由は単純だった。 シミンサフェナ公職者や映画の中の中心領域に仁川(の旧都心)がカメラに収められているということがすべてだった。 世界の端に滞在していた貧しい隣人の生活の場のスクリーンに置き換えるには監督の視線が大変重要だと、この地域のオピニオンリーダーたちは誰にすることなく、新都市の開発に拍車をかけていたの公職者たちの手を握って引き付けるとなり、彼らは、この映画の中の仁川(インチョン)旧都心の再生事業という新たなフレームを見つけたようだ。 しかし、視野はお互いに違っていた。 都市再生、大きな計画がない小さな計画的に都市を再構築しよう。 問題はこのような考えが仁川(インチョン)の政界の大勢ではなかったという点だ。 映画は、政治的なプロパガンダを容認しない態度を見せていたが、都市のスラムの現場に目を与えたの開発主義者たちの中に歓呼したのは明らかだ。 仁川という都市空間をお金持ちの空間として再構築は、道だけが、ソウルの衛星都市という汚名を脱ぐ唯一の道であるという確信をしたようだった。 その後ろに仁川(インチョン)は、松島を中心に開発狂風の最前線に合流する。 もはやマイナーリーグの仁川はない。 そうなのか? 映画は、仁川(インチョン)のコアとエッジの間で境界の皮肉を絶妙に引き出している。
by kazem2 | 2010-11-27 18:51 | Comments(0)