ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

その男が住んでいるところが言うこと

☆cine21.comソウル国際建築国際映画祭


e0109292_18405754.jpg

                  <春の日は行く>
e0109292_18412927.jpg

                  <8月のクリスマス>


            <8月のクリスマス> <春の日の行く>の感情的な空間




次期作で<建築学概論>を準備しながら、映画の中の「良い空間」に多くの思考をすることになった。 それぞれの方法でスペースを活用し、また建築家が登場する映画が多かったが、ほとんど肯定的イギボダ逆の場合に作用している物足りなさが残った。 映画を論ずる前に、韓国での家は、本来の価値を失って、交換価値のみ認められてきた。 いい壁紙がすぐにその人の地位を語ってくれる世界。 歪曲された価値は、映画にそのまま適用され、華やかな装いがすぐに良い映画空間に受け入れられてきた。

印象的な空間を実装している作品で、私は、ホ・ジノ監督の<8月のクリスマス>と<春の日は行く>を挙げる理由は、その明確になる。 二つの作品の空間には、別の場所で見つけることができない感情がスムスィクダ。 <8月のクリスマス>で寝ているのニワ(ハン・ソッキュ)の場面。 陽のあたるながら、彼が横たわっている床のフロアーリングのきめが生きているスペース。 また ニワのこの場では波をトリミングするときに、下水管に入る水を追いつくのクローズアップショット、<春の日は行く>の雪が降った日サンウ(ユ・ジテ)がウンス(イ・ヨンエ)と目をバルドン時のブガムショト、父(パク・イヌァン)が焼酎を飲むにはサンウを励ますときのブガムショト。 こんな小さなディテールは、その空間には、その家に行かなければ、初めて知ることができる本来の姿である。 空間を情緒的に変身させて、画面に憂いを盛り込んだ結果、庭に近所のは、過去の初恋(ジョンミソン)との記憶を思い出すことができる余地を提供し、(<8月のクリスマス>)、山寺で寝て雪が降る音で目がさめ私は、サンウがウンスと出会うシーン(<春の日は行く>)は、ファンタジーだが、観客に触れることができる。 二人の男も、地方の小都市で生まれたかのようなすぐ目に付くの認証が映画の中の小さなところ一つも欠かさずに隠れている。 映画の中のキャラクターがどのように生きてきたかの領域を通って設定して、二つの作品は、すぐに容量がキャラクターに貢献できることを示す最も的確な例だ。 アランド通常の<幸福の建築>をみると、「家、記憶と理想のストア」という。 <建築学概論>やはりこのような悟りから出発した。 その感情を大事にすることができる映画を作りたいと思うのが私の今の風である。
by kazem2 | 2010-11-27 18:41