ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[ジン・ジュングォンのアイコンを]放棄しろ、あきらめている

☆cine21.com
e0109292_12423586.jpg

                    カフカ感と、テキストの多義性




"非常に早い朝だったし、街はきれいに空いていた。

私は逆に足を向けた。 時計台の時計と自分の時計を比較してみて、思っていたよりも遅れたことを悟った。 急いでいた。 この事実を悟ったことが道を探る自分の足を不安にさせた。 しかも私はこの町をよく知らなかった。 幸いにも近くに警察官がいて、彼に走り、息暇もなく、道を尋ねた。 彼は微笑を浮かべて私に言った。 「お前、僕に道を教えてくれというのかね? 」「はい、一人で道を見つけることがないからです。」「 放棄しろ、あきらめて。」男はそう言うと、まるで笑いと一人でイトゴジャている人のように、私からサッと身を向けた。"

謎同じで、不気味で脅威的な

ずいぶん前留学のためのドイツ語会話を習った頃、教材として使用していた本で発見されたカフカの文だ。 単一の段落、(ドイツ語原文で)五つの文章が短い文章が私には到達できない書き込みの外で考慮される。 今は<あきらめ>(Gibs auf)というタイトルで知られているが、カフカが残した原稿には、タイトルなしで、ただ'コメント'(Kommentar)とだけ書かれていたという。 何についてのコメントだったのだろうか? 知ることができない。 その短い文に描かれている状況は、カフカが実際に経験した事かな? それともいつか夢で見た場面なのか? 状況自体が夢幻的でもどちらでも答えにくい。

何かから逃げる夢を考えてみよう。

全力を尽くして足を動かしても体は足踏みだけをするだけだ。 そうなわたしビウトギナと同じように私を追跡することをこれは、つかつか近づいてくる。 脱出は無意味である。 似ていないか? 文の中の主人公は、自分がよく知らないその都市を強制終了する。 列車を逃すと都市から抜け出すことができないが、列車の出発時間は近づいてきて、私は駅に到達する道がない。 しかし、都市は巨大な迷路。 そこで唯一の救助者に思っていた警察官はウェリョ「あきらめてください」と私の努力を嘲笑する。 現実では十分に行われることができる状況や、どうも悪夢のような不気味なところがある。

固有名詞の後ろに'だ'は、語尾を付けて形容詞を作る活用がある。

ドイツでも、『カフカだ』(kafkaesk)という単語が存在する。 ヅデン(Duden)辞書は"カフカの記述方式のように"という説明と、それを"謎同じで、不気味で脅威的"だと定義する。 カフカ感は、謎のように分かるように知らないと受け止め、怖さを与えることは、一言でオンケニ(unheimlich)したのだ。 このプロパティは、状況の効果であると同時に描写の効果。 つまり、カフカなのは、文の中で、主人公が置かれた状況が醸し出す効果であると同時に意味が不確実で明確な解釈を拒否する、テキスト自体の効果もある。

四つの解釈

そのテキストはどのようなジャンルにソクハルカ? カフカの短い文をよく'寓話'あるいは'例え'(Parabel)と呼ぶ。 しかし、例えは、メッセージが比較的明確である。 たとえば、新約聖書に出てくるイエスキリストの比喩を考えてみよう。 放蕩息子のたとえ話は、人間に対する神の愛を、タラントの例えは、生まれつきの才能の問題を、善良なマリアの人々は民族を超越した道徳の普遍性をいう。 イエスキリストの比喩は"心が貧しい(=未読)者たち"のための神学的倫理の抽象的な問題を理解しやすい日常的になぞらえて説明する。 しかし、カフカは異なっている。 彼は理解しやすい日常の状況さえ永遠に解けない謎として提示する。

そのため、カフカのテキストは、多的に解釈される。

ウンベルトエコは、カフカの文章は大きく、社会学的、神学的に、存在主義的、精神分析学的解析の4つの読み取りが可能だと言う。 たとえば、社会学的解釈をする人々は、上記のテキストでは、資本主義官僚制の権力の網にかかっているつもりな距離は、フーコーの主体を表示することで、存在主義的な解釈をする人々はその話では無意味と不条理な世界に生きる現代人の実存的状況を見るである。 また、神学的な解釈をする人々はそこに必死に神を求めてさまよう人間あるいは神を失った無意味を彷徨する人間の話を読むことだ。

精神分析学的解釈をする人々はその物語の中の警官からのカフカの父を見る。 幼い頃災難を克服し、刺繍の城かけた父は息子にも、自分が持っていたのと同じ強さを要求する。 しかし、弱い息子は父のニーズと期待をいつもジョボリミョ毎回挫折に陥ってしまう。 そこに来る無力感、孤立感、孤独感と、その後ろに続く実存的諦めの状態。 カフカの父親が同時にラカンが言うサンジンギェの『父』を意味すると見れば、この状況は、ただカフカ個人の体験にとどまるのではなく、同時にサンジンギェの父を恐れている、すべての子たちの体験になるだろう。

形式言語を使用している科学者たちには文学の言語があまりにも多的なので、混乱を招くかもしれないが、文学的情報処理の本質は、まさにその曖昧さにある。 例えば、高校時代に国語の試験では、ハンヨンウンの『さん』が、仏と祖国と恋人の両方を指すと書かなければならない。 詩人が一つの時のと同時に、宗教的、愛国的、個人的なメッセージを入れておいからだ。 カフカも、四つの言語(神学、社会学、実存主義、精神分析医)で話すことを一つの段落では、圧縮させる。 このように異なるコードが交差する地点を捕捉したので、あんなに短いテキストでもそのように多くの解釈を生むことができるだろう。

実はカフカの記事へのすべての解釈は、どのくらい余分な解釈といえる。 記事自体があまりにも短いうえ、状況の設定自体もあまりにも不確実性、特定の解釈を支持してくれる根拠を探すのが難しいからだ。 例えば、上記の記事で、私は誰なのか、'私'がなぜ離れようとするのか、その都市がオディミョまた、どこに行こうとするのかまったく表示されていない。 警察官がいきなりタメ口をして助けを拒絶するかの理由も結局現れない。 しかし、これらの不確実性が与える恐怖とブルアンハム、そして解釈の微結晶性が与える混乱するとともに、不快感こそがカフカである(kafkaesk)といえるだろう。

カフカの散文を'ロルシャフ絵'に比喩する人もいる。 ロルシャフ絵が描いたそれよりも、見る者の心理を教えているように、カフカの解釈も、著者よりピョンジャの考えを教えてくれたということだ。 実際にそうかもしれない。 インターネット上で触れた、どの記事が物語で、『主人公が時計台の時計よりも私の腕時計を信じていなければならない』は、寒い教訓(?)を引き出していた。 あえてその映像を記述するようにすればカフカの諦めをこのように読みたいと思う。 '現実自体が永遠の迷路だと無駄にそこに出てくる道をチャトヌニ - どの迷路のように書かれている名門のように - その中で賢明な道を失わなければならない。]

日常と幻想

状況は、徹底的に日常的である。 奇妙なことがある場合は、警察官がいきなり『お前』(du)と口で返事するということ。 それでも雰囲気は超現実的だ。 このように日常を幻想的に、不快感を提示しながら、「オンケニ」(unheimlich)の効果を醸し出すことにカフカっぽさの本質がある。 物語はもちろん、カフカの個人の日常から出たのだ。 しかし、その日常は、個人を超えて、すべての歯の幻想は、人類の不快感になる。 男二人の女追いかけていますが振られた後に二人で盃を傾け、『ああ、人生とは』と愚痴や並べること。 ホン・サンスの映画ではせいぜいこんなものや繰り返してコピーすることはカフカスロプギだけではなくチジルヘようである。

文:ジン・ジュングォン(文化評論家)2010.11.26
by kazem2 | 2010-11-27 12:42