ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

青龍映画祭の女優たち  火花散る鎖骨合戦!

☆newsen.com
e0109292_22355424.jpg




[ニュースに割り当てられた記者]

今年の青龍映画賞(青龍映画祭)で異変が多かった。 『義兄弟』が最優秀作品賞を受け、俳優ユンジョンヒとスエが主演女優賞を 共同 受賞した。 また、主演男優賞は『コケ』チョンジェヨンに帰った。

義兄弟'は26日午後7時、ソウル奨忠洞 の国立劇場で開かれた第31回青龍映画賞授賞式で最優秀作品賞を受賞した。 演出を引き受けたチャン・フン監督は、自身の二番目の長編映画『義兄弟』で最優秀作品賞を受賞し、作品性を認められた。 チャン・フン監督は、最初の長編映画『映画は映画だ'も興行成功と一緒に作品性を認められた。

今年2月に 公開した『義兄弟』は547万人(配給ショバクスミディオプルレクス集計)を動員し、興行に成功した。 『映画は映画だ』チャン・フン監督の演出、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン主演で注目された『義兄弟』は、罷免された国家情報院要員ハンギュ(ソン・ガンホ)と、捨てられた南派工作員(カン・ドンウォン)のサポートの運命的な 同行を描く。 チャン・フン監督は、公開当時の繊細な演出力で観客と評壇から好評を博した。

この日の『義兄弟』は『おじさん』『戦友』『苔』『メイド』と一緒に最優秀作品賞のトロフィーを置いて競合を繰り広げた。

チョン・ジェヨンとユン・ジョンヒ、スエは、青龍映画賞 男女主演賞を受賞した。 チョン・ジェヨンの今回の受賞は、10月の夫日映画賞に続き2番目の主演男優賞を受賞。 特に、チョン・ジェヨンは、去る10月と今月、それぞれ行われた第31回大鐘賞授賞式と第8回 大韓民国映画大賞授賞式に続く3番目の主演男優賞を狙う、ウォンビンを破って主演男優賞を受賞して注目を集めた。

チョン・ジェヨンは、カン・ウソク監督の『コケ』でカリスマを放つ70代チョン・ヨンドク以蔵役を引き受けた。 リアルな演技のために剃髪を敢行し、高齢者の扮装を消化して、観客と評壇の好評を得た。 チョン・ジェヨンのもう一つの 挑戦が引き立つ『コケ』は、30年間隠された 村を訪れた見知らぬ異邦人ユヘグク(パク・ヘイル)との理由もなく彼を 警戒する村の人々の物語を描いた映画だ。 この日、チョン・ジェヨンは、ウォンビン(おじさん)、パク・ヒスン(裸足の夢)、イビョンホン(悪魔を見た)カン・ドンウォン(義兄弟)と一緒に主演男優賞のトロフィーを置いて競争を繰り広げた。

16年ぶりに『詩』に復帰したユン・ジョンヒは、大鐘賞主演女優賞を手にしたのに続き、青竜映画上でも、主演女優賞のトロフィーを胸に抱いた。 『詩』は、今年開かれた第63回カンヌ 国際映画祭 コンペティション部門に進出し、脚本賞を受賞している。 しかし、残念ながら、カンヌ主演女優賞受賞は、不発になった。 イ・チャンドン監督は、ユン・ジョンヒを念頭に置いてのシナリオ作業をして来たし、これ劇中の名前も、ユン・ジョンヒの本名ミジャを使用した。

最近出演した前作が興行との距離があったのスエは『深夜のFM'興行と主演女優賞受賞で笑いを建てることができるようになった。 スエ、ユジテ主演の『深夜のFM』は、限られた2時間の間、家族を救うため、正体不明のリスナー(ユジテ)に対抗し、単独での死闘を繰り広げるスターDJ(スエ)の最後の生放送を描いたスリルロダ。

この日、ユン・ジョンヒとスエは、キム・ユンジン(ハーモニー)、ソ・ヨンヒ(ギムボクナム殺人事件の顛末)、チョン・ドヨン(女中)と一緒に主演女優賞候補に上がって競合を繰り広げた。

一方、映画賞新人賞の3冠王に上がって「狂ったスサンガム」を見せてきた「狂気の存在感」俳優ソン・セビョクやはり青龍映画上では、新人賞を受けられず、『4冠王を独占受賞』が不発に終わった。 この日の塔(本名チェ・スンヒョン)が「飽和の中に」で青龍映画賞新人男優賞を受賞した。

◇第31回青龍映画賞(青龍映画祭)の授賞式受賞者(作) 名簿

▲最優秀作品賞=義兄弟(ルビコンピクチャーズ、ショバクスミディオプルレックス、多細胞クラブ)
▲監督賞=カン・ウソク(コケ)
▲主演男優賞=チョン・ジェヨン(コケ)
▲主演女優賞=ユン・ジョンヒ(市)、スエ(深夜のFM)
▲助演男優賞=ユ・ヘジン(コケ)
▲助演女優賞=ユン・ヨジョン(女中)
▲新人男優賞=塔チェ・スンヒョン(飽和中)
▲新人女優賞=イ・ミンジョン(シラノ;ヨンエジョジャクダン)
▲新人監督賞=ギム・グァンシク(自分のチンピラのような恋人)
▲脚本賞=キム・ヒョンソク(シラノ;ヨンエジョジャクダン)
▲撮影賞=叔母ヶ(悪魔を見た)
▲ジョミョンサン=オスンチョル(悪魔を見た)
▲音楽賞=モーグ(悪魔を見た)
▲美術賞=イ・ハジュン(女中)
▲技術賞=バク・ジョンリュル(おじさん/武道)
▲ハングクヨウンファチェダグァンゲクサン='おじさん'(オポスピクチャーズ)
▲チョンジョンウォンインギスタサン=ウォンビン、ソンイェジン、塔チェスンヒョン、チョヨジョン


割り当てられたhany@newsen.com 2010.11.26.22:24:26
by kazem2 | 2010-11-26 22:36 | Movie | Comments(0)