ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

サイバー空間の進化を目指して

☆cine21.comソウル国際建築国際映画祭

e0109292_18475282.jpg

           <インセプション>の想像を超越仮想空間




迷路を設計する建築もアリアドネを最初に連れて行く夢の中のスペースは、文字通り、現実ではない夢の中、つまり、仮想空間との期待には重力を無視した巨大な都市として表現される。 アリアドネに説明している「ペンロジュウイ階段」だけでなく'キック'、'トデム'、'ツヨウンチェ'などの用語まで、いや『迷路』という言葉まで、この映画は、今まで想像していた仮想空間的な見どころとして期待感まで持つようにする。 しかし、銃創されたフィッシャーのためにもう一度夢の下のレベルに行ったところ、すぐにコブが奥さんメルグァ一緒に50年の間に作った都市は人々が排除されたジョクマクガムにサイバーのイメージを作成するだけだ。

実際に導入部で描かれた夢と呼ばれる仮想空間はジョンジェドゥェン想像力には、その可能性だけを提示しただけだ。 現実よりもむしろより現実的になってしまったの雪原の要塞までの仮想空間は、一見の間 - パイ(Sci - Fi)の映画でよく見てきた無重力状態をホテルの廊下に広げて置かれただけで、斎藤を入手してこなければならないのリンボーのような魅力的な空間表現さえあまりにも平易に描かれているからだ。 むしろデヴィッドボウイが出演した映画<ラビリンス>(1986)で表現されたエッシャーの無限の空間と映画<13階>(1999)での時間的な要素が懐かしくなるのは、仮想空間だけ考えてもかな...?
e0109292_18504193.jpg


とにかくこの映画は夢という名前の仮想空間よりも夢の中のもう一つの夢で5段階まで単発ごとに結びつけるクリストファーノーラン監督の理性的なパズルゲームで楽しい。 今はサイバー空間を注目される時期だ。 3Dアイマックスで見た<アバター>(2009)空間の中にプログラムされたインタラクティブなまでに可能であれば、あれこれすべてペンゲチゴ仮想空間のみで安住する廃人たちで、もう一つの政府の規制が起こるかもしれないことだから...多分、近いうちに。

イ・ファジョン
by kazem2 | 2010-11-26 18:51