ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

すべての町には伝説がある法

☆cine21.comソウル国際建築国際映画祭
<マザー>の珍景山水、ジンギョン建築、ジンギョンの映画
e0109292_2283570.jpg




珍景山水はフェファサで、主に澗松派を中心に広く知られてきたわけだが、真景建築やジンギョン映画という言葉には不慣れである。 しかし、私たちの周りの実際のコンテキストを創作の背景とする態度を示すために、これより適切な表現ではないそうだ。 ところが、さすがにここでジンギョンが、ありのままの現実を意味するのだろうか? そうでもなく、またそのためにもならないことを私たちの時代の代表的な真景創作であるポン・ジュノ監督の<マザー>で、また見せてくれた。

我が国のほとんどの都市なら当然ありそうな急斜面の一地区。 監督の前作<フランダースの犬>でのマンションのように一つも珍しいことのない場所だ。 しかし、場所やストーリーが持つ関係の不審な粘着性は、映画が進むにつれ、ノプアマン行く。 ドジュンお母さんにチンテファの言葉、"町内が変なの。 ぜひ劇場の舞台だ"は、そのクンクンハムエの重大な表現である。 そして、事件の手がかりも狭い路地で、不快についている建物の間の交差する視線の中に存在する。 結局、その話は、まさにその場所であったために可能だった。 もうその町にはもう普通ではない!

これらのジンギョンジョク創作には、基本的に3つの要素があるようだ。 その最初は、ターゲットの退屈なほどの観察である。 その次には、その観察に基づいて内容的展開だ。 そして最後には結局、対象自体を超越してしまうのだ。 最初の2つの段階まで行くの創作人たちは多い。 ただし、第3段階は、最終的に火の審判のようだ。

この映画を見てからこの世に平凡な町ということはない。 すべての空間と場所はどこか隠されている物語を大事にしており、それは日常の我々の期待を完全に振っておくほどの破壊力を備えています。 それが『ジンギョンジョク視線』の力である。 その強さは、200年前のギョムジェ上等でも、今の私達にもまだ利用できる。 おかげで、私は今日も、この世界で最もエキサイティングな私たちの町の調査を続ける。

文:ファン・ヅジン(建築家) | 2010.11.25
by kazem2 | 2010-11-25 22:04