ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[hot tracks] 70年代を愛する人々に

☆cine21.com
e0109292_19244481.jpg

                  エルトンジョン&レオンラッセル

この記事はニューヨークタイムズorロサンゼルスタイムズにありました
私も記事をアップしようと翻訳を試みましたがダメでした
シネ21のおかげでよくわかります



ギム・ハクソン(ウムアクウェプジン<より>編集長)★★★

あえて説明不要のエルトンジョン エルトンジョンの偶像だったレオンラッセルが一緒にしたアルバムだ。 ブライアンウィルソンやニールヤングなどの仲間たちも力を加えた。 レオンラッセルの音楽をよく聞いてみたしても、大きな心配はしなくても良い。 このアルバムには、私たちがエルトンジョンイラヌンの名前を思い出すときに連想される音楽たちが親切に盛られているのだから。 ポップロック、R&B、ブラシ、ゴスペルなど、様々な音楽が収録されているそうだが、これはほとんどおなじみの『アダルトコンテンポラリー』に収束される。 あまりにもポンハジではないか考える頃から聞こえてくるのは、ニールヤングの声に瞬間むかっとした。 これがまさに声の力であり、ベテランの力であるか。

チェ・ミンオ(ウムアクウェプジン[weiv]編集長)★★★☆

簡単に言うと『噂の宴』だ。 ベテランシンガーソングライターであり、セッションミュージシャンのレオンラッセル、そして、エルトンジョン、杰物プロデューサーT -本ネットは、ここでブライアンウィルソンとニールヤングなどのゲストまで、これよりもっと豪華な陣容をどこでまた会えるだろうか? 二人のベテランとT -本ネットの組み合わせという点ではロバートプラントとアリソンクラウスのグラミー賞受賞作品<>を連想させるアルバムである。 結果は、文字通り『大人の音楽'。 ブルース、カントリー、ゴスペル、そしてエルトンジョンの70年代を愛する人なら、これよりもっと楽しい時間はないと思う。

イ・ミンフイ(ウムアクウェプジン<ベクビトゥ>編集者)★★★★

ロバートプラントの性能に弾みを受けたようにエルトン経度深く濁りのアメリカの音楽を巡回する。 レオンラッセル、ブライアンウィルソン、ニールヤングなど、そうそうたる出演者を同伴しており、全般的に長く深い呼吸の深遠なアルバムを完成させた。 旋律は穏やかで、演奏は、豊かで、和音は調和深い。 居心地の良い美しい老人ホームで開催した小さな音楽会の印象。 永遠に聞くようになる定番の飼料が、ビルボード3位のデビューが物語るように瞬間的な反応も相当した。 ほのぼのとした作品の見事な答え。

チャ・オジン(大衆音楽評論家)★★★

このアルバムについて語るのは簡単である。 名人風貌を誇示するサウンド、おなじみの恋人のように快感のツボを丹念に覚えるのコスと達人、今までの一瞬一瞬驚くほど新鮮で誠実な瞬間たちの饗宴がどうこう...。 とにかく、課長と捜査がナンムハルしかありませんが、それが悪いわけではない。 仕方がないだけだ。 ただ印象的なのは、このすべてのものがアナログ時代の郷愁を狙うというものだが、ブログ諏訪ブラシ、ハードロックの古い質感は簡潔に言えば破裂音が非常に『美しい時代』を喚起させる。 60年代前半と70年代初頭にかけてのこの時は、両方のお年寄りのホシジョルでもあった。 美しく平和である。

2010年11月25日
by kazem2 | 2010-11-25 19:31