ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イ・ファジョン フレームの中で誕生した風景

☆cine21.comソウル国際建築国際映画祭
建築の専門家など10人が探検した映画の中の空間の世界
この記事がアップされるのを待っていました
e0109292_134469.jpg




ソウル国際建築国際映画祭が2回目を迎えた。 11月11日から17日までアートハウスももで開かれるこの行事は、映画を通じて建築に対する理解を広げ、国内外の現代建築の流れを紹介しようと用意された。 建築は、社会や歴史、文化、自然、そして人間を一つにオオルヌン媒介として存在している。 <シネ21>は、ソウル国際建築国際映画祭が提案された構造とスクリーンの相関関係を映画の中の空間とキャラクターで規定してみた。 映画というフィクションの世界。 スクリーンの中の空間は、この仮想の世界を現実化するための最も重要な手段である。 空間を分析する時、キャラクターは、フレームの中で、実際の人物に変身する。 映画の中の、人物が存在し、それぞれの点を接続した瞬間、彼の主張する理由が生じるのはもちろんのこと、彼の行動は、彼の事情を推測することができる。 だから、巨大な都市でも、街の風景も、建築物も、また、仮想的に作成された未来の姿もすべて映画の中の空間に役立つことができる。 その場合は、スクリーンの中に実装された領域の良い例は何だろうか? スペースの鑑識案の専門家が交渉して彼らに映画の中の'良い空間』を頼んだ。

建築家ファンヅジンウン平凡な町に存在している風変わりな場合の<マザー>の山東はいから探し、建築評論家の前進とした<子猫をお願い>が示した仁川(インチョン)のスェラクハン風景の意味を反芻した。 詩人であり建築家の歓声号、<バットマン>と007シリーズが示す、それぞれの価値がある空間にインポートされた差を、イラストレーターであり、建築家として活動している来る社は映画のためにカスタム設計された<時計じかけのオレンジ>の豪邸を述べた。 関連する映画を準備中の監督たちにも『スペース』は、機密性の高い研究課題となる。 最近の建築ドキュメンタリーを準備するチョン・ジェウン監督は<シャイニング>の空間がインポートされた恐れの最大化について述べる。 次期作で<建築学概論>を準備してキャラクターと空間の相関関係を研究しているイ・ヨンジュ監督は、その二人の調和の例として、ホ・ジノ監督の作品を挙げた。 映画と建築の接点を喚起させるソウル国際的な建築の映画祭でも、空間についての質問を投げかけた。 まず、執行委員会の原因の建築家ガンビョングクは、クリストファーノーラン監督の理性的なゲームを認識してくれた<インセプション>のサイバー空間を、ハンソンフイプログラマは、LAのモダンな感情を浪漫とギョルブハン<500日のサマー>の芝居の空間を選定した。


文: イファジョン | 2010.11.25
by kazem2 | 2010-11-25 13:49 | Comments(0)