ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画「超能力者」 キム・ミンソク監督インタビュー

☆news.hankooki.com
"カンドンウォンキャスティングは想像もできなかった"
e0109292_12144036.jpg




主演のカン・ドンウォンとコスの青春スターがもたらした話題性と、国内で初めて集中照らされた、超能力という素材がかみ合った結果だ。

映画の封切り直前の演出者であるキム・ミンソク(33)監督とのインタビューを進行した。
金監督は、映画『甘い人生』と『グエムル』の演出部を経て、『良い奴、悪い奴、変な奴』の脚本と助監督を務め、忠武路でのデビューが期待される新人として注目されてきた監督である。

カン・ドンウォンのキャスティングは想像もしていないとし、映画の製作過程の球を俳優たちにドルリドン金監督は、超人(カン・ドンウォン)が群集を操るモプシン撮影中の補助出演者たちのNGのエピソードを打ち明けてノトルウトウムを笑った。


- 『超能力者』を演出するようになったきっかけは。

▲『良い奴、悪い奴、変な奴』のアシスタントディレクターとして働いたのに映画が終わる頃にイユジン代表(映画会社家)に演出の提案を受けた。 周りからずっとどのような話をするのかと尋ねる突然ポツリと答えが出てきた。 "超能力者の物語を作る"としてから物語を書き始めた。

- 普段霊能者に関心が多かったかも。

▲テーマは、あらかじめ考えておいた。 シナリオを書かなければならないから、さまざまな哲学書を読む方だ。 ニーチェの著書を読んでいて超人思想に急にささった。 『快適な暮らしなら、世の中に混じって、自分を忘れてしまいなさい』という話がとダトアトジョ。

- 製作過程は順調したのか。 若い年齢でイプボンヘ悩まないでデビューしたという見方もある。

▲シナリオを1年6ヶ月以上書き改めた。 イプボンカジ10年もかかる人もいるが順調であれば順調な過程だったろうが、それなりに苦しかった。 このような問題は相対的である。

- 大学で映画を専攻したのか。

▲忠南大学で考古学を専攻した。

- カン・ドンウォンがチョゴマン見てキャスティングを受諾したというが。

▲このシナリオが映画化されるかダメかもしれない状況だった。 カン・ドンウォンのキャスティングは、想像もできない状況だったが、彼が力をつけてくれてとてもよかった。

- 映画の好き嫌いがグクミョンヒ分かれる。 最も印象深いの反応は。

▲インターネットのレビューで見たんだけど『私は霊能者になると、監督から殺す』という話があったよ。 実際の映画に対する褒め言葉はよく聞く。 良い話だけにぐいぐい耳に入って来る。

- 全体的な演出の目的は何だったのか。

▲超能力という素材が持って来ると期待心と快感があるので、最大限の漫画的展開と思った。 ブロックバスター映画ではないので、相対的に漫画的な雰囲気を選んだこともある。 超人から恐ろしく鬱陶しい気もプンギョヤが、超人とギュナムウイ対決で、悲しみが基底に埋めてそれは私だと見た。 純粋で、事あるごとに幸せを感じて生きるギュナムイガ大切な人を失った時に感じる怒りも、非常に人間的に描こうとした。

- 超能力者が素材であるだけに、ハリウッドブロックバスターの文法に続き、誘惑もあったのに。

▲最初の超人の能力を規定することについて悩みが多かった。 地球征服をする必要か、銀行の毛、これをさせるか、それとも連続殺人犯を作ろう星の想像を尽くしていた。 シナリオに対して、善悪の区別を明確にしてくれるというアドバイスも多かった。 しかし、そもそもしようとした物語が善悪の話や定義についての話ではなく、自我の話だった。 他のバージョンの文も作ってみたが、結局の主題を生かす方向で結論が出た。

- 超人が数十人の大衆を操る地下鉄やアパートのシーンの撮影ではNGが多かったようだ。

▲通常50〜70人程度の補助出演者たちを迎えていた。 超人とギュナムイ対決するの地下鉄のシーンを撮影するときに、特にNGが出た。 "じっとしていらっしゃればされています"と言ったら、むしろ不便だったよ。 ほとんどの出演者たちが超人の操縦での動作を停止する場面で何度もスムカジほんがNGが出た。 どのような50代のおばさんは、"息が詰まって死にそうだ"と足をバタバタグルシドラ。 実はこのシーンのアイデアは、『グエムル』と群集シーンを撮る時からあった。 『グエムル』は、ブロックバスターから動員されたグンジュンマン800人だった。 これらが、漢江河川敷かどうかをいっぱいに埋めて、同時に止まっているのを見ると不気味な感じが良かった。

- ハリウッドのヒーローの水のような大規模なアクションシーンにも欲が出たのに。

▲予算と時間的な部分で、条件が残念。 事実「インセプション」と「ダークナイト」を見て、目の高さが高い観客たちに申し訳ない気持ちもある。 私だって多ケブスゴ素敵に噴き出して涼しく騒動一度ひいて気持ちがなぜなかったのか。 それなりの限界があり、個人的には名残惜しい面もある。

- カン・ドンウォンとコスに演技指導はどうしたのか。

▲監督がどんな演技指導をひとつ。 監督は、状況や出来事について正確に知らせてくれるだけだ。 演技は、演技者たちがすることであり。 ちょうど二人を見守って感じたのはコスとカン・ドンウォンは、性格と性格が全く違う。 両方とも真実で忠実な面は似ていますが、カン・ドンウォンは、非常に涼しく、コスは非常に熱い人である。

カン・ドンウォンが水には、コスは火である。 演技をする時もカン・ドンウォンは、シュートに没頭してから、すぐに自分に戻る。 一方、コスは、強力なキャラクターに自分自身を支配する。 映画の中のギュナムウロ住んでいた。 カン・ドンウォンは、漫画的な想像力、嘘の世界を楽しむ趣向が記載されて似ている場合は、コスは、同じ忠清道出身だとの気質的に通じる部分が多かった。

- ポン・ジュノ、キム・ジウン監督の助監督時代に学んだ点がある場合。

▲両監督に教わったのは、映画やムルア一体になるという点だ。 現場では大きな音をアンネゴジェントルに陣頭指揮している点も似ている。 映画の仕事を何よりも正当化は、ここでは方々である。 映画にとっては、両方の監督の真摯な態度はそっくりと思う。

韓国子供ドットコムモ シン・ジョン記者 msj@hankooki.com
写真=韓国子供ドットコムのイ・ヘヨン記者 lhy@hankooki.com
by kazem2 | 2010-11-25 12:52 | kim jee woon | Comments(0)