ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

二人の男女のいきいきとした出会いの秋のときめきと温もりを伝達<私たちは会ったことがありますか>

☆cine21.com
e0109292_1922743.jpg




写真作家のウンギョ(バク・ジェジョン)は、会社から切られ、女友達さえも去ってしまって落胆していた。安東(アンドン)で講師の席があり僕はためらうことなく安東(アンドン)へ向かう。 そこには大学のサークルの後輩だったインウ(ユン・ソイ)が彼を待っている。 しかし、ウンギョヌンインウをどこかで見たようだと思いながらも、一度に見分けができずに、言う。 「私たちに会ったことはありますか? 」

古今東西これほど陳腐な作業メントにないはずなのに、最近も、まだ周りでこの言葉がたまに聞こえる理由はおそらく、本当にそうだとする希望からだろう。 <私たちは会ったことはありますか>は、秋、写真、初恋、田舎のホテルでゆっくりと美しい風景などのロマンスに頻繁に活用されている陳腐な素材でいっぱい満たされているが、比較的陳腐されていない方法で感性を伝達するのに成功している。 安東(アンドン)地方、実際の話である'ウォンママ'説話を土台にしたこの映画は、安東(アンドン)の静かな雰囲気と景色と合って二人の男女のいきいきとした出会いを急がずにじっくり見せてくれる。

中ウンギョルル待ったインウは自分自身を調べることができない彼が寂しいながらも、一緒にいられるようになってただ満足している。 秒中盤既視感とは、素材をもとに片思いしていた先輩のような心臓病にかかったインウとそんな彼女を簡単に調べることができないウンギョウイ出会いで進められていた話は、それ以降前世の記憶に接続され、もう一度、これを効果的に活用する。 多くの場合、話のナレーションで仕上げている遊んでいるのと突然の結末に多少の脈が抜ける感覚がないが、安東(アンドン)のひそやかな気分を背景にした二人の男女の美しい場面は、物語に大きく関係なく、秋のときめきとぬくもりスクリーン外に直接伝達してくれる力がある。

文:ソン・ギョンウォン(映画評論家) 2010.11.24
by kazem2 | 2010-11-24 19:06 | Comments(0)