ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

レーガン時代のアメリカの冷ややかな恐怖 映画        「Let's Me in」

☆cine21.com
e0109292_17512785.jpg




スウェーデンの原作と似ており、別のハリウッド版<Let's Me in>
"今のようなオーサリング環境では個人的な映画を作るのがますます難しくなる。 ジャンル映画の良さならジャンルの中にこっそりと入って本物の言いたかったの内容をミルバンイプハルことができるという点だ。 (笑)私は<Let's Me in>のスウェーデンの原作小説と映画の両方を見ながら、吸血鬼の物語中に込められた思春期の痛みと普遍的な孤独を感じた。 私は<Let's Me in>をそのまま流すことができなかった"(マットリーブス)製作当時から賛否両論を巻き起こしたハリウッド版<Let's Me in>がついに公開された。 <クローバーフィールド>にホラースリラーの寵児となったマットリーブスが、果たして、この詩的で内密ヴァンパイア成長の水を正しく理解しているのだろうか? 映画を見れば分かるようになる。 マットリーブスは、完全に理解していた。 原作と非常に似ているようだが、多くの異なることもしたハリウッド<Let's Me in>の主な特徴を解説します。

リメイクの運命はいつも残酷である。 特にハリウッドでは、巨大予算でビックスターを雇用して作成したリメイク小さい予想を超える収益をあげることもできずホクピョンマンかぶったまま寂しく消えるはずだ(あるいはミハネケが自分の映画を直接リメークした<ファニーゲーム>はその運命をどいて行くことができなかった)。 それにもかかわらず、監督たちが延々とリメイクの誘惑に悩まされているのはなぜなのだろう。 まれには、このような理由がある場合もある。 原作を全身と魂を尽くして愛するために、そして自分自身と似ている魂たちと共有し、プライベートなパーティを繰り広げて。 スウェーデンの美しいヴァンパイアソンジャンムル<Let's Me in>をリメークしたマットリーブスは、そのうちの一人だった。

少女よりは『少年』への重量
1983年、ニューメキシコ州ロスアラモス。 自分の顔に塩酸をかけた中年の男(リチャードジェンキンス)が切迫して病院に搬送される。 警察が病室に入ってきて"あなた、何ジェウイジョクキラーなのか?"と問う。 警察がちょっと席を外した間、社内では窓の外にトィオネリンダ。 そして、カメラは、12歳の少年オーウェン(コーディネートスミトメクピ)に移る。 離婚された親の無関心や学校内のいじめに悩まされている孤独な少年。 彼は隣家にイサオン少女アビー(クロモレチュ)と恋に落ちる。 そのころ村にはヒュンヒュンハン殺人事件が起きて、オーウェンは、父親がその事件の首謀者だということを知ることになる。 彼女は生存のために人間の血を食べなければならないバンパイアだった。

原作小説<Let's Me in>とスウェーデンの映画<Let's Me in>を比較したとき、ハリウッド版<Let's Me in>の最も大きな違いは、キャラクターのミョサダ。 ハリウッド<Let's Me in>で重要なのは父親よりもオーウェンだ。 生きてこそ本能のために苦悩していたスウェーデンのヴァンパイア少女イエル里の心痛は、今の米国の少年オーウェンのもとに3分の1ぐらいに移譲される。 大きな瞳に不安や心配と不安をいっぱいに盛って、やつれている身体に、この残酷な世の中に叩きつけが張られるようにした可憐な少年。 彼は<ハロウィーン>のマイケルマイヤーズのような仮面をかぶって鏡に向かって"ゴプナニャ、ギェジプエヤ?"と言いながら剣を振り回す。 スウェーデンのバージョンで男の子をいじめるの級友が『豚の子』と呼ぶことと、ハリウッド版の『娘』には大きな違いがある。 "意気地なしだからプールにもないように入るのですか?"と、同級生たちはオーウェンを押し倒して彼のズボンを除去する。 切ない気持ちで父に電話をかけても、彼はあまりにも遠く離れていて、酒に酔っている母の顔は、初めからカメラのフレームの中に入ってもいない。 オーウェンは「首を切られていった」「ママと会話するわけだ。」 居間にかかっている粗野なイエスキリスト像は女性に近いイメージだ。 "私達をアクウロブトprotください"という夕方の祈りは、この細いのキリスト像の前であまり効果を発揮しない。 その結果、オーウェンは、男性性の喪失に対する恐れにとらわれているように見える。 TVの電源を入れると、ロナルドレーガン大統領が強いアメリカ、ハードボディを叫ぶが、彼は学校で『猫』音や聞く。 そして、多分それのために、"私は普通の女の子ではない"とかろうじて告白する父親との堅い絆で結束されているかもしれない。

さらにセクシュオルハン性的なニュアンス
e0109292_17561986.jpg

スウェーデン版<Let's Me in>

オーウェンが部屋の中で望遠鏡を使って隣の家の内密の風景をフムチョボルとき、あるいは商店街で熱烈にキスをするカップルを密かにギョトヌンジルハルときに、彼は性の渇望を強く表出しながらも、自分が'男性'じゃないかもしれないという不安に内心押しつぶさいるようだ。 彼が盗み見隣では男の愛撫に身を任せる女、あるいは一生懸命運動して体を作る人の男が登場する。 オーウェンの性的な渇望は、もしかしたらもっと強くなりたいは、男性性を確認したいの男の子特有の打撃により近いと思われる。 アビーとの出会いでもそうだ。 スウェーデンのバージョンでは、透明ハリマンチ白い金髪の少年オスカルがイエル里に比べてとても幼くスンジンヘに見えて、彼がイエル里に感じる愛は、異性間の化学作用というよりももっと強い相手への憧れに近いように見えた。 肉体が排除された状態の共鳴。 しかし、ハリウッド版では微妙な性的なニュアンスが強くなる。 スウェーデンの俳優たちよりもっと成熟して見えるクロ明後日實コーディネートスミトメクピウイ個人的な特質も大きな作用をする。 しかし、それよりも、状況や設定が、この二人の間の強い化学作用を暗示する。 オーウェンがアビーを連れて秘密アジト地下室に下がるとき、父親が"これから何をしようか?"と聞くと、オーウェンは誇らしげに"ここは大人たちには分からないとこなんだ"と答える。 それはまるで彼女を、この席でほしいは、オーウェンの告白のように聞こえる。 あるいは、父親が『招待』されることなく、人間の領域に入ったときの結果をオーウェンに見せることで逆説的に、その愛を証明されて見えるさせるとき、アビーは、ヘビーメタルバンドKISSのアルバムジャケットが描かれたTシャツを着ている。 80年代という背景を説明するディテイルイルこともあるが、もしかしたら、オーウェンの彼女の心からの感情が込められた記票に読まれることもある。 父親が血のついた服を脱いでシャワーをするときに、スウェーデンのバージョンでは、少年が密かにシャワーシーンをドゥルヨダボダがイエル里の性器を見てはっと驚く。 原作と同様に、少女が実際に『男性でもなく、女性でもない存在'であることを視覚的に示す場面だ。 しかし、ハリウッド版では父親が体にバスローブをかけて出ると、オーウェンは、グレッグキーンバンドの甘い歌を振って、彼女を見つめる。 この時のセクシュオルハン感じは、平静したりむずむずしたりした10代の熱病のような愛を一気に意味する力がある。 原作小説でかすめるように過ぎ去った<ロミオとジュリエット>の詩は、"私は消えて住んでいるか、とどまって死ななければし"がここでは明らかに、ソースを明かしている。 同じ年頃の少年たちはフランコジェピラリーの映画<ロミオとジュリエット>の中のラブシーンを見てキドゥクゴリが、オーウェンは、シェークスピアの戯曲を借り読む。 そしてアビーは、そのうちの一節をコピーしてオーウェンに心を伝える。 「死だけで結ばれるしかなかったロミオとジュリエット」の衝動的で未熟な情熱がもう荒れ果てたアメリカの郊外地域に移ってヴァンパイアと人間の愛で、その昔、氏の恨みに匹敵する、なかなかその間の境界線を越えることができない限界条件の内の愛に変わったのだ。

明らかな悲劇的に変わったの結末
e0109292_1757784.jpg


中年の男とオーウェンを対比させる方式も興味深い。 原作は、社内に「ホカン」という名前が与えられている。 彼は幼い少年たちに性欲を感じる傾向のために教職から追い出されて排斥されてアルコール中毒に陥った。 そうするうちにイエル里に出くわし、"あなたはこれから私と一緒にいるんだ"という彼女の命令に服従した。 イエル里は自分の代わりに血を助けてくれる人を探していて、ホカンウン彼女の奴隷であり、ツールに過ぎなかった。 スウェーデン版の映画では、社内の名前も、過去にも欲求が消されたままで、ほぼ父性愛に近い姿で描写される。 "隣の男の子に会ったよ"とイエル里にお願いするのが精一杯だ。 ハリウッド版では、マットリーブスは、この部分を非常に賢く処理した。 父親の家に入ってきたオーウェンは、父親との男が一緒に撮ったプリクラを発見する。 写真の中の男は12歳くらいに見える。 オーウェンはその瞬間、自分の父親の未来も、そのようにすることを、愛は、献身と服従に屈し、老衰の自然現象を避けることができないまま、そのようにダルアガルことを、いつでも置き換え可能なものになることを予感させるように見える。 そのため、映画の最後の、スウェーデンのバージョンと同じように、トランクの中の父親とモールス符号で会話を交わして誤解を招く蟹江列車の座席に座っているオーウェンの顔はさらに悲劇的な貞操を帯びる。 スウェーデンのバージョンは、多分、予期しないハッピーエンドで見ることができることができる。 しかし、ハリウッド版では、明らかな悲劇である。

マットリーブスは、原作とほぼ同じタイムゾーンを選択した。 原作では1981年、ハリウッド版では1983年である。 米国の80年代前半は、レーガンが主唱する『悪の帝国』の理論に飼い慣らされていた。 レーガンは、"ソンギョンエン世に罪と悪がはびこっていると書かれている。 しかし、米国はそうではない。 米国は、善良な国家だ。 病気はその外側にある"とソ連を悪の帝国と呼ばれ、罪と暴力を重ねるタイプ化した。 リーブスは、原作で一番好きだった詩にブライジ介ベリーの過去を説明する冒頭に挙げたことがある。 "居住者は9千人もされたが、教会は不在だった。 その事実を思い出してみると、ここの現代性と合理性について、しばらく理解できるだろう。 彼らが歴史の恐怖という幻影からどれだけ自由かについても。 一方で、彼らがどのように無防備の状態だったのかも見当をつけることができる"80年代のスウェーデンのブラルーベリーは、『歴史と恐怖という幻影からの自由な'場所だったら、80年代のアメリカはナショナリズムとキリスト教が結合した、厳格な倫理と政治的イデオロギーにオルメオていた。 レーガンの演説は、食堂で、学校で、家庭で、病院でTVを使っていたるところで人々を呆然とさせる。 このような時代に思春期を経験したオーウェンは、自分の怒りと復讐心をどのように調整しなければならないか。 マットリーブスは、スウェーデンと米国、一見正反対に見えるこのような状況でも、子供の感情線をそのまま維持することがあることに注目した。 自分を苦しめるの学校の友人たちが、それこそ旧ソ連のような悪意の軸に見えたこともあり、あるいは、それらを殺してしまいたいと思うには、自らの暗い衝動を実現する時の震えを打ったこともある。 大統領が言うその打者、暗く、邪悪な打者が自分の潜んでいることに気づいた時に10代前半の男の子ができることは何だろう? 彼は相手を本当に殺してしまったり、自分自身を否定しなければならない。 いずれにせよ、世界は彼を受け入れていないし、彼を許さないだろう。 まさにその瞬間、バンパイアの少女父親が現れ、彼は彼女を愛するようになる。

80年のアメリカの時代精神を体現
e0109292_17575933.jpg
e0109292_17582887.jpg


ハリウッド<Let's Me in>の中で最も美しくも恐ろしい場面の一つ。 警察が父親の家を訪れる。 オーウェンは、テーブルの下に隠れている。 彼は警察が来るのを横目で見ている途中、首を回して、ゆっくりと影の中に隠れてする。 首を回すだけで、彼の顔は闇の中に消える。 以来、お風呂ではアビーを襲撃しようとした警察がかえってアビーに殺戮(さつりく)された時、警察は、オーウェンに血まみれの手を差し出す。 オーウェンは向かい合って手を差し出す。 次の瞬間、オーウェンは、バスルームにドアをバタンと閉めてしまう。 今までのことで、オーウェンは、他の世界では、アビーと同じ側に属することになる。 何の台詞なしで進行されるこのシーケンスでは、非常に簡単なジェスチャーを使ってオーウェンが、いわゆる『悪の帝国』の理論から脱出する過程が捕捉される。

空間的に言うようであれば、リーブスはそもそも、スウェーデンの厳しい寒さを連想させる、コロラド州を念頭に置いたが、知人たちの参考にニューメキシコ州のロスアラモスを選択した。 原子力の研究実験所があり、原子爆弾投下で第二次世界大戦の終結によって書かことで、世界の善良な番人を自任していた米国の暴力を正当化する問題となる場所。 あるいは外国人の生体実験が行われたと、まだ多くの人々が信じているロズウェルもニューメキシコに位置する。 米国の'強い'核心個席が、同時に彼自身の内的矛盾を一挙に露出するところが、タイプの攻撃から自由ではない所。 リーブスは、小説で描かれた「計画都市ブラルーベリー」と同様の雰囲気を米国で探しているなら、ここが完璧だと思っていた。 そう、ハリウッド<Let's Me in>は、独自のディテールやムードを備えることになる。 スウェーデン<Let's Me in>は、カメラが遠くに立って荒涼とした風景の中で寂しく立っている登場人物たちを捕獲したが、ハリウッド版では、カメラを人物たちにもっと密接に近付く。 代わりに、それらを取り巻く豊かなサウンドは、レーガンの声、夕べの祈り、あるいはオーウェンに「猫、フリーク(freak)」と悩む子供たちの脅威的な騒音、カルチャークラブデビッドボウイの甘くセンシュオルハン声に耳を傾けることで、同じような時期別の空間の時代精神を完璧に体現する。

マットリーブスは、"私が『アメリカ化』という言葉を使う時、多くの人々は『ああ、わかった。 ドンドゥルヨソダムのリメイクをするという意味だ』と皮肉を言った。 しかし、私が意図したのはディテールだった。 ヴァンパイア物というジャンルでの成長の痛みを述べている原作の魂を損なうことなく、米国の観客が見たのも極めて自然本物であるように見えるようにしようとするそのような意図だった"と力説した。 そして、彼の意図は成功した。 同じ原作を置いて、独自のバージョンを作り上げたのだ。 ハリウッド版<Let's Me in>は、スウェーデンのバージョン<Let's Me in>と非常に似ているが、また多くの他、二編の両方に公平に愛情を配布することができるほどの観客の寛容な反応を引き出すことに成功した。

神スティラー、リチャードジェンキンスさんは誰ですか?
e0109292_17591837.jpg


もちろん、クロ明後日實コーディネートスミトメクピガハリウッド<Let's Me in>の優れた貞操を作り上げた当事者だ。 しかし、それに劣らず映画からの視線をしばらく握っておくの存在は、父親の横を保障する男を演じたリチャードジェンキンスダ。 トーマスマッカーシーの2007年作<ビジター>でアカデミー主演男優賞候補に上がったがノベオヌン数少ない出演分量だが届くことができない存在アビーの胸が痛む愛を手に取るように換起する。 一例として、彼は社内のキャラクターを分析しながら、"彼は父親に会ったのは12歳の頃であり、彼は生涯を彼女に捧げると誓ったはずだ。 彼は学校にも行っていないのだ。 それならアビーに残すメッセージでは、スペルが間違っているのが合わないんじゃないか?"と思っていた。 「ごめんね、アビー」というフレーズで、'sorry'を'sory'と書こうと提案した人がすぐにジェンキンスだった


文: ギム・ヨンオン 2010.11.23
by kazem2 | 2010-11-23 17:51 | Comments(0)