ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「超能力者」キム・ミンソク監督、ポン・ジュノ監督に会う①

☆movieweek.co.kr
e0109292_1019387.jpg




- お二人はVIP試写会に会いましたね。

ポンジュノ監督(以下、ポン・ジュノ) その日私達何時までマショトジ?

キム・ミンソク監督(以下、キム・ミンソク) 3〜4時まで飲んだんです。

ポン・ジュノ
私はもっと長くいたの? キム・ジウン監督よりもか(笑)

キム・ミンソク
はい、それでもその時のキム・ジウン監督の酒をたくさん飲んだんです(笑)。

- ポン・ジュノ監督は、その時初めてなんて話をしましたか?

ポン・ジュノ
劇場から出るときにインタビューするんじゃないか。 通常、どのように見たのかと聞くけど、その日は、キム・ミンソク監督に言いたいことが何なの頼んでんですよ。 思わず急に話をしました。 "苦労した、ミンソクア。"どれだけ苦労みなかった。 (反応がないと見つめて)簡単に撮ったんだね?(一同笑)

- 以前にボン監督がシナリオで何を書くかと聞いてその時に突然超能力者の物語を書くだろうと言って書き込みを開始したと聞きました。

ポン・ジュノ
私はそうだった。 いつか?

キム・ミンソク
残る電子レンジかしてくださったことをした時ですよ(笑)<良いやつ悪いやつ変なやつ>(2008、以下<ノムノムノム>)最後のミキシングしているテジョ。 聞いて見てくれて一応ベトオトジョ(笑)。

ポン・ジュノ 、ある程度考えがあるから吐き出しますよね。 何も考えずにしたでしょうか?

- その質問から始まるようになったので、キム・ミンソク監督と普通の縁ではないでしょう。

ポン・ジュノ
私は、キム・ジウン監督の半分くらいになるでしょう。 キム・ジウン監督とは二つの作品やから。 初めてのキム・ミンソク監督が演出部に入るとき、裏調査しようとしたのではなく、よそ仕事キム・ジウン監督との通話している途中の話が出ました。 <甘い人生>(2005)演出部一フヨトヌンデ、キム・ジウン監督が、"キム・ミンソク、仕事上手で、奇抜で、肉体を書くことが好き"そうなんですよ(一同笑)武術チームが仕事をやりたがって、現場での体を本当に書く、体のエネルギーがすごいと。 最初はどんな音なのかが、右でんですよ。 <モンスター>(2006)でチョルチョルが着てモンスターを演技したのか(笑)

キム・ミンソク
<怪物>に私が引き受けたのパーツが特殊効果なので、自然にチョルチョルこれを...。

ポン・ジュノ
<怪物>の怪物でした。 漢江(ハンガン)沿いに数百人のエキストラが走って行きながら視線を合わせなければならないんじゃないか。 あとは、CGで覆うんだけど誰か1人の怪物だと宣言して走らなければね。 "黒タイツを着た人が怪物だ。 悲鳴かどうかをするとき、その人のレポートジルロラ"んです。 武道の俳優はキム・ミンソク監督がぱん打てばごろりとが落ち。 声は、オ・ダルスさんが演じるが、怪物の体はキム・ミンソク監督がしたんです。 (松)ガンホ兄が交通標識で打つ時も怪物だったのか?

キム・ミンソク
最後に付けるときのように押していたんです(笑)。

ポン・ジュノ
だからキム・ジウン監督の言葉ば当たっている、んです。 キム・ジュンス助監督と一緒にモンスターのすべての特殊効果を務めていた。 <ノムノムノム>や<霊能>するときのノウハウがたまっていたんです。 モンスターだけでなく、体もしないんじゃないか? <怪物>のソが捕えられている深い下水道に見ると、体のいくつかの区がノルブロジョじゃないですか。 その中の一つでした。

キム・ミンソク
山を作ったんだけど、カメラが近くに行けば弾けることが起こり、コーナーにめりこんでいる山は、ディテールに作成されていない場合もあって(笑)。

ポンジュノ
ソが直接触れるの体は、柔軟に動かなければならないからね。 ソが取れたの隠れ家の場面でカメラの前に掛けられた遺体は、ほとんどキム・ミンソク監督だと見ればいいんだよ(笑)演出部働きながら、毎回体の死体扮して、パンツだけ着て横たわっていた。 それも寒い冬にゴチルゴチルしグジョンムルがたまっているところ。 それから印象的だったのが、体の役割をしながら、精神のない間に意見があれば、言ってくれた。 ソが手に水滴を受ける場面で、"監督、これは2つの面では意味がありません"と。 私は"そうか"と言いながらそのままチクギンした。(一同笑)
by kazem2 | 2010-11-23 10:20 | kim jee woon | Comments(0)