ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[建国大学]巨匠ホンサンス監督に学んでみようかな

☆cine21.com
e0109292_19253118.jpg

                イ・ミンギの母校建国大学校



建国大学校映画科

入試ガイド:定時選考
建国大の映画とは定時'ダ'軍に位置する。 演出制作専攻は、学生部30%、修学能力試験70%で、演技の専攻は、学生部20%、修学能力試験30%、実技試験50%で詳しく述べる。 定時で計6人を選抜する予定である(詳細については、学校のホームページhttp://www.konkuk.ac.kr/を参照)。


"君はマッチョなキャラクターで演技すると、うまくいくと思う。 強く一度やって見よう。"11月11日午後3時、建国大学芸術文化大学の演技演習室。 映画とジョ・ソンドク教授は学生たちが演技する前に、彼らの実際の姿と徐々に文字を指定してくれる。 教授のガイドが終わるとすぐに二人の学生は、『オースティン』と『リ』になって演劇<トゥルーウエスト>の一場面を再現して見える。 言葉が授業のない二人が吐き出すエネルギーは、実際の演劇と違うところがないほど激しかった。 <トゥルーウエスト>は、サムシェパードの家の悲劇の3部作のうち一つで、解体された家族の悲劇を扱った作品で、工業化社会の中で生きていく二人の兄弟の孤独と寂しさを描く。 現在の大学路でユヨンスが演出して、オマンソク、コックピット、ホンギョンインなどが出演して公演している。 <トゥルーウエスト>の一場面が終わるとジョソンドク教授は良かった点と、間違った点を即座に評価する。 "途中から良かったよ。 集中度ジャルヘトゴ、マッチョなキャラクターがよく表現になったの。 ところが、初めの部分は出さないルだけで、インパクトがない。 そんな時は、セリフごとに傍点を正確につけてくれなければよ。 それは君のキャラクターで出てくることができる姿だ。 もう一度してみよう。"教授の言葉をアルアドゥルオトかのように、学生は、再見える。 確かに最初にするよりもセリフに力を与える様子がありありと見える。 建国大学映画科3年生を対象にした『場面演技実習』の授業の一風景である。

人物が自分を捨てて、キャラクターに入って、スタニスラフスライサープロスキー演技論に立脚した、他の演劇映画科とは異なり、建国大の映画とは完全にメソッド演技を追求する。 メソッド演技は俳優が自分のキャラクターになると同時に、自分の演技の状態を冷静に判断できるように訓練する演技方法をいう。 マーロンブランドやジェームズディーン、アルパチーノなど、ハリウッドの多くの俳優たちが自発性を強調する映画の演技を主導した。 ジョ・ソンドク教授は、"映画のようなので多少誇張された台詞や行動をするの演劇の演技よりも、スクリーンにふさわしいリアリズムの演技をもとに教える"としながら、"無理に学生たちのキャラクターに同化させようとするのではなく、学生たちの実際の性質にふさわしいキャラクターとして再解釈する方式"と説明する。

芝居より映画の演技の中心
e0109292_19302972.jpg
e0109292_19311933.jpg


映画の中の演技を分析してみては授業もある。 3年生の2学期プロセスの'スクリーンの演技だ。 学生は、黒澤明監督の<7人の侍>を見て重要な場面をそのまま真似てみる。 劇中の人物たちが刀を握る方式やエクションハルときに体を動かす順番など、俳優の演技が映画の中でどのような目的のために機能するかを体で煮て、分かりためだ。 このほかにも『メソッド演技』、『キャラクターの研究』など、演技専攻の授業は、『映画の演技』が中心の建国大の映画との教育哲学を代弁する。 もちろん、建国大の映画とは、演劇の演技をないがしろにするわけではない。 チョ教授は、"今年の<12人の怒っている人々>をはじめ、全4編の作品を舞台に上げた"と話す。

演出専攻は、完全に"実技中心"の授業で構成されている。 ソン・ギヒョン教授は、毎学期の短編作品をハン・ピョンシク作成する必要が次の学期に進むことができるワークショップのプログラムを紹介した。 "卒業した後、現場に直接投入できるように、できるだけ多くの現場経験を積むようにしようとする。 授業も実技を中心に組んだ。 休暇期間を利用してチョワルヨウンブと演出部、制作部など、現場のスタッフを体験できる機会も提供している。"学生たちはレッド院カメラをはじめ、大規模なスタジオと演技練習室、編集室、録音スタジオなどの最新式の機器をワークショップはもちろんのこと、個人的なタスクなど、いつでも利用することができる。 また、韓国映画アカデミーに進学した先輩たちが学校を探して後輩たちに自分の経験と技術、ノウハウなどを教えることもある。 学生は、3年生の時に学んだことを4年生の卒業映画制作に活用することができる。

建国大学映画科の学生たちが誇りを持っているもののうちの一つがまさにホン・サンス監督の教授であるということです。 主に3、4年生の授業を担当しているホン・サンス監督は、"学生たちに人気のある最高である先生"である。 ソン・ギヒョン教授の話によると、ホンサンス監督は、4年生の卒業映画の授業を担当しているのに、学生たちをマンツーマンで教えることで有名だ。 撮影するとき以外は、ほとんどの学校で過ごすために、学生たちは彼から多くのことを学ぶことができる。 世界的な巨匠から映画を学ぶということは容易に会うことができる機会がない。

チュンチンデ、青島、五代などの海外交流の活発
e0109292_1932560.jpg


歴史が短いほど、建国大学の映画とはこれからもっと進もうとは欲が多い。 今年最初の新設される大学院のコースもそのひとつだ。 建国大学広報室のある関係者は"一般の大学院で映画のビデオとという名前で、新設される大学院では、映画はもちろん、アニメーション、映像全般にわたる理論的であり、実務的な知識を学ぶことができるコース"として"一応のマスターコースだけの実施する。 段階的に博士課程にもゆっくりと新設する"と述べた。 海外の大学、特に中国との継続的な流れを維持することも重要である。 建国大の映画とは、昨年と今年の二度にわたり、教育の競争力強化事業の一環として、中国の大学と交流を結んだ。 ソンギヒョン教授は"昨年、建国大学の学生たちがチュンチンデ学生と一緒に、中国では2本の映画を作っており、今年も2編を作った。 来年2月には青島大学に行って、一緒に映画を作る計画だ"と述べた。

これは去る2010年9月に就任した金珍圭総長が打ち出した『i - SMART建国2010年のビジョンと一致プロジェクトだ。 「i - SMART建国2020」のビジョンは、建学90周年となる2020年までに革新的な大学教育を使ってスマートな建国大学を作るというの中長期発展ビジョンである。 学校側が掲げた5つの重点課題のうちの一つが、海外の大学との交流の強化である。 このほかにも建国大は産学連携と共同研究を希望、政府と地方自治体、国内外の企業から1千億ウォン規模の外部研究費を受注しており、フィンランドのVTT国立技術研究センターと一緒にIT分野の新技術の開発のための『建国大- VTT共同研究所を設立するなど、世界的な研究所を大挙して誘致した。 また、学生が学業に専念できるように、3070人を収容できる大規模な最先端の寮クールハウス』を設立した。 明るい未来を準備する学校側の強い努力と意志は、建国大の映画との未来を明るくする。

"カメラに映る表情の演技に重点をチェック"
建国大学校映画科ソンギヒョン教授
e0109292_19324649.jpg


- 建国大学映画やカリキュラムの特徴は何か。

=理論の講義はほとんどなく、徹底的に実技中心の授業で構成されている。 その中でも、ワークショップの授業が最も重要である。 演出専攻の学生は、2年生の時、一学期に短編一作品ずつ作らなければならない。 演技専攻学生たちも住脇役として出演する必要があります。 ように、次の学期に進むことができる。 4年生は、他の学校と同様に、卒業映画を作成し、。 そのように作った映画を、映画祭を開いて上映する。 優秀作品には賞を授与する。

- 定時募集が残った。 煙の専攻実技試験で、最も重点を置く部分は。

=実は3〜4分という短い時間の中で何千人もの生徒を把握することは難しい。 しかし、最も気に使って表示される部分は、生徒たちの成長の可能性である。 今すぐここに入って来て何を見せてくれるの学生よりも4年間のカリキュラムを真面目に消化して、育つことができる学生が必要である。 何よりも演技は人々がいるのだ。 ピアノやバイオリンなどの楽器を演奏するのとは異なり、演技は、審査員の顔を見つめているのだ。 審査の過程で実力が多少落ちても心を動かされる演技がある。 そのような学生たちが成長する可能性が高い。

- 実技試験はどのようにチルナ。

=指定演技と自由演技、次の2つを見る。 他の演劇映画科とは異なり、スクリーンの演技を重要視する。 試験当日のカメラでの検査の全過程を撮影するのもそのためだ。 画面の足という言葉がないか。 演技のさまざまな部分の表情演技を最も重点的にチェックする。 そして審査員は、ネブイン2人、部外者の3人で構成されて採点する。 公平に評価するためだ。 もちろん、審査委員の数は、今後変動する可能性がある。

- 希望者をはじめ、高校生たちが、建国大学映画科に来ようとすればどのような準備をしなければならないか。

=演技の専攻でも演出専攻でも一番お願いしたいのは、映画や本をたくさん見てほしい。 映画をするという人が映画について知らなければ言葉アンドゥェジャンナ。 そして、単に無知にたくさん見るのではなく、映画を見てどのような点がよく、悪くを続ける考えなければならない。 そんなことが、今後映画の仕事をするのに良い滋養分になる。

文: キムソンフン 写真: チェソンヨル | 2010.11.22
by kazem2 | 2010-11-22 19:41