ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[キム・ヘス] クールなのではなく、大まかな女

☆cine21.com
e0109292_18494234.jpg

                      <2階の悪人>キム・ヘス




映画<2階の悪人>はジョンシンジュルれた女性と彼女のために正気を釘のピンとくる男の話だ。 キム・ヘスが演じたの演奏は、夫を失い、訪ねてきたうつ病とぞっとするような思春期を経験する娘に悩まされている。 映画の中のキム・ヘスは、かなり可愛くて、それで少しは見慣れない。 彼女は落ち込んでしますが、<열한번째お母さん>のように暗くて、恋に落ちるが、<モダンボーイ>のナンシルや、<スタイル>(TV)の打ち子のように周到でもない。 "完全にメンハン女だ。 正確に言えば、自分がメンハンともわからないほどのメンハン女だ。 (笑)"これまでのケリクトサンすき間を現わされなかったキム・ヘスは、演奏を使って『完全なすき間』を示している。 賑やかだった熱愛説の主人公、時事番組司会者、そして、ドラマ<楽しい私の家>の精神科医楷書とも対照的な'隙間'である。 そのすべての経験について尋ねた。 彼女の答えは、すき間がなかった。

- いつものコメディー演技が容易ではないとした。 <2階の悪人>は、久しぶりに出演したコメディ映画だ。

=私は、ユーモアのセンスがない方だ。 性格がバルギンが、だからといってコミディラン合うようではない。 コメディー映画のカテゴリーの中で普通に動く私を、私は釘見てくれることがある。 コメディ映画の中の自分の声がとても嫌なものもある。 話すときは、低音だが、音のかはトーンが高すぎる。 観客も聞くこと嫌いなんでしょか? 私の自身のセクイジャハンディキャップなのに、それがキャラクターの欠点として表れるようだったよ。 しかし、<2階の悪人>はソン・ジェゴン監督が最初にコメディを意識していない演技をほしいと思ったので、あえてその必要はなかった。

- シナリオを読んだ時はどうだったか。

=おもしろく読んだ。 しかし、私ができるのか、私は必要かどうか心配になったよ。 監督は私を念頭に置いてシナリオを書いたのですが、私のどんな姿を念頭にドォトヌンジ知らなかった。 俳優としては勇気をネボルな作品ですが、ディテールを見逃さないではないかという恐怖があった。

- 劇中の演奏は近作の中のキャラクターとは大きく異なる女だ。

=そうメンハンジ演技をしながら、分かった。 (笑)普遍的なリアクションを裏切られることがあった。 演技をしながら、そのような性質を計算することはなかった。 あまりにも自分の人生に焦点を合わせることができないコンディションで、感情的に疲れているうえ、本人を現実に引き上げておいて生存はボゴプゴ。 さらに、周囲の状況は、多モトマタンハゴ、だから自分も知らないうちに感情を噴出しておいては、再後悔して。 そんなメクラクマン持っていった。

- 劇中でハン・ソッキュが演じたチャンインイ定数なら、演奏は特別な変数です。 このようなキャラクターを演じたキム・ヘスを見たことがなかったようだ。

=なかった。 結果を見るとより多くのそのようになったようだ。 チャンインウンあまりにも簡単に考えて、この家に入ってきたものだが、よりによって策略的トルトルハン女性ではなく、最初から平均以下の心理状態に置かれた相手に出会ったのだ。 そのような化学反応が、この映画のポイントとして示されていた。

- それだけに、<2階の悪人>は、ハン・ソッキュとキム・ヘスが対決する場面が魅力的な映画だ。
キムヘスの風変わりな姿を見ることができる映画だとハン・ソッキュは、大衆が愛したハン・ソッキュの姿を見せている。

=ソッキュお兄さんは、私は人間的にも大好きな人である。 <ドクターボン>後には一緒にする機会があったが、事情がよく合っていない。 劇中でチャンインイ演奏に、"あなたは、サファイアオゴ水晶振動子であり、エメラルドだよ"と言う場面がある。 そのようなセリフを、他の俳優が完了したら、実際の典型的なコメディーになったのだ。 ソッキュ兄がいるから違うよ。 臨機応変にのみ可能であるだけのこの人に本気が生じたという感じだった。

- 少しは、他のキム・ヘスの姿を追求してみたい気もあった。

=これまで私は、わざわざセンサーの場所を見つけたのではなかった。 やすいキャラクターを探そうという考えもなかった。 そうなったのか古くなった。 俳優の宿題が変身だというのに、実際に我が国では市場も狭くて、コンテンツも不足している。 俳優が望むようにぴったり合わせて、スタンバイされているものはない。 昔は変身する必要があると思ったが、今はそのような強制がない。 私は俳優としてどのようなケリクトドゥン正確に表現するのが重要なことなのに、頭を育てたが切れたり、派手な服を着てから、普段着を着るといって、それが変身はないじゃないか。 観客も同意することができないんだ。

- <二階建ての悪人>封切りを控えてドラマ<楽しい私の家>が放映を開始した。 人物構図の上では連続ドラマのように見えたが、知ってみると謎だったよ。

=元々は今年のドラマをするつもりはなかった。 心がドンハヌン作品もなかったし。 ところが、<楽しい私の家>は、台本を見た瞬間、"こんなこともあるのか"と思った。 楷書だけでなく、ユニもしたいしユンヨジョン、先生がなさるウンスクがも演技してシプドラ。 俳優が自分自身を刺激する作品に出会った以上しない理由がなかったよ。 ちょうど放映時、この<2階の悪党>が公開される頃だというのが気にかかった。 スタッフの立場で、主人公が他の作品で最初に不織布して登場すると、不機嫌になるかと思って。 ありがたいことにソン・ジェゴン監督や制作会社や俳優が必要な作品を会ったらとするのが当たり前だと言ってくれた。

- 実際に視聴率があまり良い方ではない。 同じ時間帯競争作にも強い方で。

=マネジメントの方でも、現実的な話をした。 それなのに私はそのような感覚がない人だ。 <いかさま師>のような映画でも、私は試写会のときに見ても映画的で良かったのですが、興行はうまくできないと思っていた。 興行がジャルドェも良い行分からなくて、それだけで決定して撮影するのがダダ。 かつてのパートナーだった朴成恵氏は、同様の問題を持って、"自分の本当の大丈夫なの? 実際大丈夫なの? どのようにいいの?"こうだったよ。 私はグェンチャンドだ。 私は平気なふり、おおまかなふりをするのではなく、本当に何でもなくて笑っているから、それが本当に憎かったとした。 どのように俳優になって勝負根性がないことを背信がドゥルドレ。 ところで、私が負担を感じるといって、視聴率が良くなるわけでもなく、賞を受けるとしても演技力が良くなることもないじゃないか。 もしそうなら躍起だろう。

e0109292_1853135.jpg


- 悪役モユンフイルルキムヘスが演じるのは、どうだったのだろうと思った。

=ドラマがスタートしてからこそ、そんな話もあったよ。 シネのお姉さんには申し訳ない自分だけ考えだが、シナリオを読みながら1人2役をしてみても面白いんじゃないかとした。 だから、双子であることなの。 ママとパパが幼いときに離婚しており、私はビョンウォンジプ娘ジャルサンだ。 ユニは、お母さんが酔っ払いの人に会って犬をしており、後に二人の女が状況が変わるようになって。 自分の体型と似ている俳優を連れてきて背中を撮って、CGのようなものを活用して作成すると、本当に演技の味が出そうだった。 おそらくトムブルリンハゴ通っていたのだ。

- 今年の活動の中で最も目立ったのは、やっぱり<W>だ。 どのように出演することになったのか。

=ドキュメンタリーを好む。 <W>はお姉さまが推薦してくれてみたが、撮影がないときは、ぜひ探してみた。 前々年か、マネジメント側に個人的にはそのようなプログラムに関心があり、<W>製作スタッフちょっと会ってみるとだめなのかとしたこともある。 一人で考えることないもん。 私が会いたいとその方たちが会ってくれるのか。 そうするうちに、当ボランティア活動のために海外に行くことになったが、<W>チームが一緒に来たんだ。 彼らにも好きな番組だと述べた。 それから一緒に行ったPDがチームに話をしたことだ。 <W>は、再構成するたびに危機を経験したプログラムだと切迫した状況だった。 私としては<W>のようなプログラムを作成して、取材する人々との縁が起こるというのが嬉しいことだった。

- プログラム名が<キムヘスのW>に変わるほどに、事実上、このプログラムの救援投手だった。 しかし、最終的に廃止された。

=最初はただ<W>にするのが良いとした。 キム・ヘスの名前は何だと、そこに付のか。 しかし、このプログラムを維持するために必要だと言っていたよ。 キム・ヘスがゲプルでもないが、維持するのに役立つならば、他の人々がどのように誤解しても構わないと思っていた。 もし私の出演料が制作費の問題を起こす場合は、最初からしないつもりもあった。 それとも、問題が発生しないラインで整列させたり。 どのような方々は、高い出演料をジュォガミョンソなぜ芸能人を連れてではどちらを使うかとしたが、実際に契約書にハンコを押したのは廃止説が出た後だった。 廃止の議論が入ったときは、そのような記事もトゥドラ。 MBCはキム・ヘスに謝罪しろと。 もちろん、1年契約したんだから、かければかけるんだ。 ところがそれは私の人生に何が重要なのか。 私は、これらの人々に出会ったのがとてもおしいだけだ。 廃止が確定した後にも取材を一生懸命しており、私にできることはすべてした。 プログラムの方向性や取材の考えもすべて共有した。 私は楽しくアイデアを出したが、作家たちは好きでしたが、PDはどうだったのか分からない。 あとで最後の会食の席で、CPがそう言っていた。 "キム・ヘス氏が作家だったらPDがされて不便だと。"結局、私にはそのような人々に出会ったのが人生のボクイオトダ。

- 今年、大韓民国の開始は、キム・ヘスが付くといっても過言ではない。 どのような経験だったのか。

=望まなかった、不必要な課題であった。 それはその程度までの課題にならなければならないのか? 本当にそんなにすごいのか? 年齢を買いになってもちろん、その時点では30代だった。 まぁ不惑の年に恋愛するのが、その程度で問題になることか。 そうしてこそいるのか。 <W>も、ドラマのためにインタビューをした時、馬ハンマディハンのが、編集が珍しくなって出てこないではないか。 私も知らないの意味をとてもよく取ってくれるようだ。 芸能人なので、私の本質と違うのがアピールされて、それが再びマスコミで大騒ぎに私が当惑している。 芸能人がそんなことではないかと言いたいけど。

- キム・ヘスは、過去から現在まで、常に案件の対象となる俳優だった。 今回は淡々に渡すだけのことではなかったようだ。

=昔はほとんど神経を使ったが、今は見たいと思ってもみないほどグァヘジョトダ。 俳優が俳優としてすぐに立ち、俳優としての評価を受けることが不可能だというのは分かるが、仕事を長くしたが、まだよく分からない。 どのようなときは、本人の影響力があまりにも過小評価するのではないかという話も聞く。 いや、私は何の影響力がある。 実質的な影響力がないのに、それが影響力というと、本当に落ち込んでいない。 私はゴシップに関心もなく、利益を受けることも好まない。 仕事をするだけでも手ごわい。 大衆とメディアをヨウンアクに相対する能力もなく、その必要性も感じる事ができない。 もし、今になってそうすれば、むしろもっと大変なことはないか?
e0109292_1854667.jpg

- <楽しい私の家>と<2階の悪人>までに公開されれば、結局、今年1年の間、キム・ヘスと関連ニュースが年初から後を絶たないわけだ。

=ニュースが私を好む。 なニュースも作り上げるパンイニ。 芸能人たちのランクさせる住まいにもぜひ挟まれていたよ。 この年齢でも。 (笑)

文: ガンビョンジン
写真: ベクジョンホン 2010.11.22

スタイリストのイボラム衣装協賛1423、DVF、マイケルコース、アルマーニ、ハンスタイル
by kazem2 | 2010-11-22 19:11