ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

映画「超能力者」 キム・ミンソク監督インタビュー

☆news.nate.com
e0109292_18402723.jpg




[スポーツニッポン苦境席記者]
映画『超能力者』が封切り2週ぶりに全国160万人の観客(配給会社の集計基準)を突破した。 新人監督としては異例的な結果だ。 'カン・ドンウォン・コス'ツートップの興行カードが'超能力'という素材と絶妙に迎えて落とされた結果だ。

『超能力者』の公開とともに、アジア経済のスポーツニッポンと会ったキム・ミンソク監督は、映画への熱い関心にも"ヨクモクジんじゃないかと恐怖を出る"と話した。 金監督自ら認めたように『超能力者』は、"味が強く作用する映画"であるからだ。 100万人の観客に会って見ることができず、結局記憶にイトヒン新人監督たちがブジギスという点を勘案すれば、彼の出発は'封切り初週100万』という結果だけを見ても十分に成功している。

"実はこの映画はスンジェジャクビガ29億元です。ミョトベクオク員が入る映画との違いがありますよね。題目だけ見て、空を飛ぶ主人公や派手な特殊効果を期待ハショトダミョン明らかにイライラするんです。想像とは違っても『面白い』は、ヌキムマン持ってくれたらと願っています。"

映画『超能力者』は、ストーリー展開ほど単純だ。 超能力を持っている者と超能力が通じない者の対決である。 ボルトとナットでもあるし、磁石の両極でもあるが、最終的に共存できないウィンドウバンペダ。 キム・ミンソク監督は"会えばならない二人が会うようになり、自分自身について悟るようになって生まれ変わるの話をしたいと思った"と説明した。

『超能力者』は、ハリウッドスタイルの英雄物語とは全然違う。 二人の主人公の対決が繰り返し行われるのもこのためだ。 彼は、"超能力というSF素材を大事にしながら、中途半端にすることはできなかった"とし、"ハリウッドのように見せるのは、多くの環境ではない場合は、勧善懲悪に応じて、陳腐にそして思わなかった"と話した。

『超能力者』のシナリオ草稿は、スクリーン上に形象化されたよりもはるかに暗く、重いことがわかった。 これを軽減することが二'花美男'俳優のキャスティングで、もう二、外国人俳優の出演である。 劇中のアル(エネスカヤ分)とボバ(アブダグド分)は、驚くほど当たり前のように韓国語の演技をこなす。 たまには韓国人顔負けの自然な発音にダビングを疑うほどだ。

"そもそも超人キャラクターは今よりも理解しにくくて怪物のような風変わりな人物でした。ギュナムド今のように明るいキャラクターではありませんでした。しかし、多くの観客とコミュニケーションするためには、より日向にドラッグして、内野しました。卵とボバキャスティングはすごく大変ができます。笑いのコードを、彼らに与えていましたが、外国の俳優が多くてもいない上、韓国語での笑いのニュアンスをうまく生かすには俳優が珍しいんです。100人余りを見た最後に二人に会うことができました。"

トルコ共和国出身のエネスカヤヌン韓国生命だけ8年目の漢陽大学の卒業生で、過去1年間は、サッカーチームFCソウルのグィネシュ監督の通訳を務めた。 ガーナ出身のアブダビという現在の医学生に、韓国滞在期間がまだ1年6ヶ月もされていませんが、当たり前のように訛りの演技を消化した。 エネスカヤウイ場合は、目鼻立ちがはっきりしたハンサムだと外国人労働者のように見せるためにわざわざヒゲをドプスルクに飼うことにしたという。

キム・ミンソク監督は、高速道路に乗って監督デビューに定着した忠武路の『ベストプラクティス』だ。 大田で大学を通って考古学を専攻していた彼は卒業後、映画をという一念で、やたらにソウルに上って来て短編作業をして、2004年の短編『オールドボーイの思い出』で注目された。 以来、キム・ジウン監督の『甘い人生』と『良い奴、悪い奴、変なやつ'とポン・ジュノ監督の『グエムル』助監督を経た後、すぐに監督として映画界に進出した。

「ノムノムノム」後半作業頃に、超能力者という素材が浮かんでシナリオ作業にドゥルオガトジョ。助手生活していた三つの作品とも、既存のジャンルの映画から外れた作品らなので、私も同様のヘルニアルの映画を作ることになったようです。運良くのような製作会社の作品である『戦友』を準備していたカンドンウォン氏のオフィスを行き来しながら、私が書いたシナリオの草稿を見た後に出演するとしています。その後ろに高氏がもう一つのシナリオを見て、一度に出演を決めたんです。運が良かったです。"

キム・ミンソク監督は次回作を問う質問に、"メカ物や探偵物を考えている"と答えた。 大作でも低予算ヨウンファゴン、その中で自分だけの物語をプルオネゴと思うのだ。 『超能力者』が興行に成功すれば、続編を強く残すのかという質問には"以降の話ではなく、以前の話をしてみたいシプギンだ"と笑ってみせた。 真剣だがいたずらっ子の少年のような新人監督の笑顔だった。

苦境席記者kave @
写真パクソンギ記者musictok @
<ⓒ面白いニュース、楽しい一日"スポーツニッポン(stoo.com)">

スポーツニッポン 原文 記事転送 2010-11-22 08:00
by kazem2 | 2010-11-22 18:45 | kim jee woon