ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[ジン・ジュングォンのアイコン] 一言で世界をベラ

☆cine21.com
e0109292_1841450.jpg




ラコニクグァTwitter

映画<300>には、いわゆる『スパルタのユーモア』が登場する。 例えば、ペルシャの軍隊が、"私たちの矢が空をドィドプウルだろう"と脅迫すると、スパルタの勇者たちは急に"じゃあ、涼しい日陰の下で戦うことがあるだろうね"と返事する。 映画ではまともな描写がアンドェトジマン、レオニダスが降伏を受けてきたペルシャの使者を蹴り井戸チョノトヌン場面も、実はこれと関連がある。 当時のペルシャの使者は、古代の習慣に応じて、堤の象徴として、スパルタの土と水を捧げなさいと要求した。 スパルタの人々がこれらを井戸に落としたのは、典型的なスパルタ式のユーモアの演出だった。 "(井戸の底に落ちて)直接波行け。"

スパルタ式省略語法

悪ふざけをするだけではなく、スパルタ人は、普段も口数が少なかった。 エステル毛筆の谷間を妨げているスパルタの勇士たちにペルシャの王ケルKESは"武器を出せば、命を助けていきたい"と話す。 この提案にレオニダスが送信された回答は、たった二節。 "モルロンラベ"(Μολωνλαβε)韓国語で"来て取る"という意味だ。 今日、この言葉はギリシャの陸軍第1軍団のモットーとして使用されている。 ペルシャの女性たちは戦争に行く夫や、子供たちにこう言ったという。 "盾を持って、あるいは盾に聞かせて。"勝利して、盾を持って帰ってくるのではなく、場合は、転写し盾に掲載されて戻って来いということだ。

一、二節にすべてを込めて出すスパルタ式語法には、妙な魅力がある。 この魅力的な語法のクライマックスは、おそらく国の宣戦布告の有名なデクイルだ。 ギリシャの都市国家を次々と服属させて行っていたフィリップ大王がスパルタに最後通牒を送った。 "すぐに降伏するのが良いことだ。 もし(if)私は自分の軍隊を率いて、あなたがたの国に入る場合には、わたしはあなたがたの農場を破壊して、あなたがたの民を屠殺して、あなたがたの町を崩すから"これに対するスパルタの正式回答は、ぴったりした言葉。 "もし"(if)この一言にフィリップ大王も、彼の息子アレキサンダーも結局はスパルタをむやみにつかないことができなかった。

修辞学では、このような省略法を'ラコニク'(laconic)と呼ぶ。 'ラコニク'は'ラコニア'(=ラケダイモン)という地名から始まったのだ。 『ラケダイモン'は、元のスパルタと区別されるもう一つの都市国家を指すかのキーを、当時の人々はお互いに隣接するこの二つの地域を『ラケダイモン'と呼んだという。 スパルタ式語法'ラコニク'という名称を持つようになったのは、この可能性だ。 ところが、スパルタの人々はなぜ省略法を好むのだろうか? それはおそらく、スパルタ特有の軍事主義文化と関連があるのだ。 べちゃべちゃ長い言葉を並べるのは、チャンピオンに応じていない方。 戦士の長所は、やはり言葉よりも行動でていなかったのか。

ラコニク語法は、野蛮な社会の特徴なのかもしれない。 マルスマン少ないのではなかった。 スパルタは、法律のことも少なかった。 スパルタは、法律がどうしてこんなにジョクニャヌン問いにカリルラオス王は、"元の言葉が少ない人々は、多くの法律が必要ない"と返事したという。 法がなくても買うことができる社会は、正義のある社会なのか分からないが、発達した社会ではないだろう。 社会が発展すればするほど、人間関係も複雑になって、それに応じて、法律のことも増えるしかないから。 レトリックも同じだ。 スパルタ人たちの言語で哲学をノンハリョている場合は、それらが使用される語彙や文章も、アテネの人たちのように精巧で複雑になってのことだ。

しかし、ソクラテスは、別の方法で見たようだ。 デファピョン<プロタゴラス>によると、スパルタの人々は、"実は哲学化法では、最高の教育を受けた"、"ただの戦闘能力だけで抜群のように見てもらおうと、自分たちの知恵を隠してわざわざドルモリインふりをする"ということだ。 "普通のスパルタ人と会話をして見れば、彼が最初は馬鹿げているようであるかもしれないが、結局は彼らは短い言明に(彼らに比べれば)君が子供であることを示す。"もちろん、ソクラテスの言葉をありのままに信じることはできない。 スパルタと優れた哲学者がなかったのではないが、スパルタの人々は概して、単純、無知、手がつけられなかった。

言語の禁欲

慶尚道の人々の活用は一般的に「ラコニク」だと思われる。 慶尚道の男が、帰宅して家に入ってきている言葉は、たったの3小節という冗談がある。 "ご飯"、"知っているか"、"壺"(メシ、風呂、寝る^^)。 このような語法を駆使する文化では、社内の言葉が多いのは、決して美徳とは見なされない。 感情は、ふしだらな言葉よりは、一度の行動で示さなければならないいくつかのだ。 慶尚道の男が愛を告白する方法も非常にラコニクハダ。 彼らは、無駄なディテールを一挙に省略して、すぐに本質的な事案に突入する。 "私のこどもを産んで"もちろん、陽気の音と思いますが、このジョークは、慶尚道化法の特性を正しく示している。

もちろん、今日のあんな語法を駆使ヘトダガヌン家から追い出されたり、女にタクジナ合うイルスイルだ。 しかし、その無愛想な慶尚道の活用は、同時に妙な魅力を持っている。 私たちがその冗談を聞いて笑うことができるのも、その省略法が発揮される美学的効果の可能性だ。 私には慶尚道話法の魅力をよく意識している人は、コメディアンのキムジェドン。 キムヘリの記者とのインタビューで、彼は慶尚道化法の特性をこのように要約する。 たとえば、"おばあちゃん、本当に久しぶりです。 その間、こんにちはんですか?"と言う状況があるとしよう。 慶尚道の人々なら、それをたったの3文字に圧縮するゴランダ。 "ハルメンギョ?" (ギョはなんでしょ^^)

子供のころ家で飼っていた豚をとることができる馬小僧キムジェドンが群れをソトダンダ。 "あのブタ倒せば私の学校では、"ここに母の返事がきちんと'ラコニク'である。 "あのブタの倒せばお前の学校の釘が、"この一言で子供の抵抗はもろくもコクイゴしまう。 このように相手を一挙に制圧するのがまさにラコニク化法の力である。 どの番組で見た話。 キムジェドン氏はきれいな女性だけ見れば一緒に山に行こうとおねだりする癖があるんだよ。 ある女性芸能人が登山を嫌いならないとの提案を断ると、キムジェドンとしてはちょっときまり悪い状況になった。 この時、キムジェドン曰く、"これから山に見えるだけしてみろ"。

デジタルラコニク

外交通商部長官を務めた有名な丸さんがいつの日か、"天安関連の政府の発表を釘を信じる若者たちは、北朝鮮に行け"としたことがある。 この方が私の娘の外交部にトゥクチェハンと知られると、ネチズンは、世襲の好きな彼にこう言い返した。 "お前が行け、北朝鮮の"最近は、Twitterがラコニク話法の産室として据えていくようだ。 それはもちろん、140文字の制限と呼ばれる技術的条件のためでもあるが、その前に、長いグルボダ短い文に慣れている映像文化の違いだ。 いわゆる『今日のTwitterのキーワード『ラして、日刊新聞に紹介されているTwitterの文章はそれなりにラコニク画法を適切に駆使したイェドゥルイラすることができる。

アテネのアッティカユーモアが流麗で洗練とすれば、スパルタのラコニクユーモアは堅く、やぼったいである。 ラコニクエ滞って教養のある話法が減ると、デジタルの普及がスパルタ人のように単純な無知になるだろうと心配する必要はない。 ソクラテスは荒くて粗悪なラコニク化法の中で、そのどれよりも優れた知恵が込められている可能性を言及しなかったのか。 ディテールはさておき、すぐに事態の本質を打つ化法。 それは、節制と禁欲を使って体から不必要な動作を外した固守の剣法を似ている。 優れた剣士がたったハンハプエ相手をベドゥトイ、Twitterレオンは、たった一言で事態の断面をベオヤする。

文:ジン・ジュングォン(文化評論家)2010.11.19


イラスト ジョンウォンギョ
 
by kazem2 | 2010-11-19 18:04 | Comments(0)