ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[ユンソンホの'することができる者が求めなさい']魔法の副詞

☆cine21.com
e0109292_11563583.jpg


私に『ドキドキ』とは何か




数週間前、ある集まりで受けた質問。
"あなたが作る小さな断片たちごとに『ドキドキ』という数式が前につく場合、あなたに『ドキドキ』とは何ですか?"観客との対話では、しばしば出てくる注文 - みんな十分知って書かれている用語を新たに定義してほしい - ある。
通常は、恋愛、映画、独立、政治等の普通名詞を独自の方法で記述してほしいという注文を受けたりするために、僕一意のが何だろうか。 ただ、その時その場所の対象物との雰囲気を適当に引用または応用してかなりの言葉の遊びを差し出す - たとえば、席が半分ほどの劇場で"愛は、シネマテックの客席のうち、ところどころ空ですが、それらの間を明らかに埋めている顔との理由ら"ヨラン式 - 聴衆もハハホホ割引してくれて、私もビングトビングト充足し、問答は適当な仕上がり。 ところが、提示語の品詞が変わっただけで、敵が当惑している。 ドキドキ...。 ほら、何をそんなにキュンドキッ住んでいたと、その4音節の前に罪ブトヨトジ? 作成された順序で、ドキドキベチャンホ、ドキドキ時局宣言、ドキドキヨウンチュングォン等。 三星(サムスン)のキャンペーンの影響なのか?、いやそれより先にジョジョンリンと定時坊や出たシチュエーションコメディが入っていた。 それとも現陣営のヒットナンバー。 そのようにさかのぼるものが、日本の漫画のタイトルやいくつかの書籍のチャプターとして『わくわく000』という組み合わせを既にストハゲ接したようにも感じる。

なぜその4音節の短編たちの前に罪ブトヨトジ?

まとめると、『ドキドキ』は、その後ろに来る名詞(名词)にはないリズム感+もしかしたらいい話が続くかしれないという可能性まで付与する魔法の副詞。 個人的には、時間上の発端 - 展開 - 危機 - ピーク - 結末を十分に整理しにくい細かいコントのタイトルにその数式を付ければ開始前から見て - 勝が行われたように感謝の誤読を招く、だから星のコンテンツのないダイエットのための'味先生'の香りのようなもの、星の世間のない複層の中二階のためのかわいいはしごのようなもの。 私に『ドキドキ』は、そのようなフェイクのパス。

もっと普遍的な定義をしてみよう。 有酸素運動がなくてもどーの距離は、心臓の擬態語(ところで、私たちの心の中の音を見つけられたようで、多分擬音)で、'わくわく'。 重要なテストを表示すると、『ハラハラ'心、怖い映画を見て心が『くり』と言う時があり、内気な人が観客の前に立つの心臓が『キュンキュン』をたてる。 この中でも『ドキドキ』は好きな人に会ったり、期待していた仕事の取引を控えて、妙に活発になる代謝の普遍の賞賛であり、記述 - 似たような言葉で『ワクワク』があるが、これよりは『ドキドキ』がもっと厚みのある表現ではないかと思う。

いい人に会ったこともドキドキするわけでもない。 親と同じ家に住む子どもたちの帰宅がときめくものになったり大変だ。 毎日見て仲良しの友達に会って、胸がコンダクゴリヌン人も珍しい。 つまり、『ドキドキ』は、身近な相手ではなく、新たに出会いを開始する誰かを前提としたブサダ。 そして、上がらないことができないの木よりも多分に上がることもある木、つまり、現実での実現可能性を前提としたブサダ(必ず恋愛がないとしても)。 したがって、『ドキドキ』の立場の心は、長く行くことができない。 新しい出会いはいつの日か古い関係になるように設けであり、可能性のうずきは、その仕事が本当に達成された後には平常心で着地する。 例えば、足立充漫画の中のふと耳たぶが赤くれていた少年少女たちも結局は楽な呼吸でお互いを眺めるようになるはずだ(が、日本の中堅は、そのような段階での進入が嫌いか主人公たちが結合する兆しが見える瞬間連載を停止する)。 しかし、我々の現実はそのように連載を停止することができない私の心が本当に『私の心'になってしまった悔しさ、『ああ、私をもう一度ドキドキするような相手が、またどこかにあるはずなのに』と余計な気持ちを胸の中にフォルダ内のフォルダの中に入れて置いた後、[隠しファイルとフォルダを表示しない]の設定までヘドォヤする時がある。 それが安全である。 そういうわけで、今は楽になった彼と彼女と常温の出会いを主張したときに私達は'どきどき'よりは'トダクトダク'のような副詞と親しくしていなければならない。 私の心よりは相手の肩を叩くの心。

しかし、最初に往来していたころの畑は、呼吸が同じ相手に再演されている場合のこと。 一緒に歳月を送りながらも気づいていない彼・彼女の良い面を宝探しのように分かるようになる、そんな輝く瞬間。 一つ、通常とは縁が終わった後になって相手の価値が改めて付けられ、そのぶその縁を回復することができるか可能性を打診し、胸を焦がす日々のヅバンマンイジルイン場合が多い。 なぜ私はその大切な相手をあまり平常心に対したが、だけではなく、平常心たとえ一緒にすればよかったの人々をついに未知の可能性とのトレードで後悔するし、復活の夢を見るとき。 非常に小さい回生の可能性にも心が痛くどきどきする。 昔の人々は「子がわく」は、より強い表現を使ったが、今よりも出会いの機会が少ないの事情ももっと切実だろう。 だが、iPhoneと3Dの時代といって、愛がないですか。 ソウル路地分別がなくてカジュアルな恋愛でも、悔恨と事情はノムチョナゲ用意。 今でも、どのコーナーで、恋人のうちに残された一人が顔なじみ(もうナトソルオれる直前の)顔を待ってからから子を乗せてある。

デジタル時代、ドキドキ正しい祖母

ただし、今ここで行われる『あなたと私の物語』は、なんだか昔の伝統的な『春 - 夏 - 秋 - 冬 - 春』のプロットには、適切に説明することがないようだ。 自分が見てきた風物を語っている(スペースを経由して)『船員』のような語り手がいて、自分が生きてきたの故障を述べている(時間を解いて置く)『農夫』のような語り手がある場合は、要塞の私たちは、片手間にコミュニティを移動され、そのローテーションは、お馴染みの、そのような『遊牧民』のような語り手を必要とする。 さて、デジタル時代の若い作家がそのようなノマド書士の典型を見せてくれるのだろうか。

無茶にも(もしかしたら、必然的に)老将からその可能性を発見する。 ソウルアートシネマで真っ最中のアグネスバルダ監督の回顧展。 大衆的な長編での地位を固めた後でも、着実にバルソルハン短編たち、自足的なエッセイを書くようで、その中で逃さずている他の近隣の事情。 娘のグプオイン14歳の男の子につい心がドキドキしてしまった中年の女性(<誰も知らない>)の軌跡を私達が見物んだろう考えるだけの'事件'を展示しなくても、感情的に解いて出して、キューバの革命家たちに対する愛情と応援を、彼らの認証を、写真と第3者のボイスオーバーするだけで、今のどのようなQuickTimeのファイルよりも『ノンリニア』一ポイムウロ完成する(<こんにちはキューバ>)。 ライブという形式の実験に取らないまま都会の女性の危険な深く、奇跡的な一日を大衆映画としてご提供して(<5時から7時までのクレオ>)、愛する者の痕跡を女性パルブルチュルの視線で撫でるが、芸術の可燃ゲームではなく、普遍的のリズムにディミンダ(<ナントの雑魚>)。 「この話が興行になるようです」、「この形式が私ツイウォジュルよ」ではなく、この人がきれいで、その心が気になって縦横に入れておいたアグネスバルダのフィルムたち。 今私たちが必要とする作家は、企画された新都市をハラハラして描写する、新しい時代の偽伝令ではなく、自分と知人たちの人生そのものをドキドキギョクオネンアグネス正しいおばあちゃんのように旅することを知る農家は、滞在ことを知るの遊牧民ではないだろうか。

*この原稿は、筆者が他の媒体に寄稿した文章を『ウラか、この『一の段落が含まれています。 『ウラかが'の定義は、その用語を知らせてくれたキムドフン記者へのパス。

文:ユンソンホ(映画監督)2010.11.19

イラスト李恩栄
by kazem2 | 2010-11-19 11:56 | Comments(0)