ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

大韓民国映画大賞受賞者

☆newsen.com
e0109292_8334841.jpg





[ニュースエン イ・ウンジ記者]

第8回 大韓民国 映画大賞授賞式が11月18日午後、ソウル中区世宗路世宗文化会館で開かれた。

この日、 大韓民国映画大賞は大鐘賞映画祭の'そっくり'になった。 大異変がなかった。 俳優のソヨンヒが大鐘賞主演女優賞受賞者であるユンジョンヒと'カンヌの女王'チョンドヨンを抜いて、主演女優賞を受賞したほどの小さな異変といえる。

イチャンドン監督の『詩』は、18日午後7時、ソウル世宗文化会館で開かれた第8回大韓民国映画大賞授賞式で作品賞と監督賞、脚本賞など3冠王の栄誉に輝いた。 『詩』は、去る10月29日に行われた大鐘賞授賞式で最優秀作品賞を受賞するなど、『おじさん』『コケ』と『共同最多の4冠王'に登板した。

『おじさん』は、今回の大韓民国映画大賞で主演男優賞(ウォンビン)を含めてシガクヒョグァサン(バクジョンリュル/武術)、編集上の(ボム、ギムジェボム)、新人女優賞(ギムセロン)、音楽賞(シムヒョンジョン)、ジョミョンサン(イチョルオ)、撮影賞(イテユン)など計7つの部門賞をサクスルイヘ最多受賞作となった。 『おじさん』も、大鐘で主演男優賞と編集上の、映像技術賞、GSカルテックス男人気賞など最多の4冠王に上がった。

特に、今回の大韓民国映画大賞授賞式で、ウォンビンは、大鐘賞授賞式に続いて2番目に主演男優賞を受賞する栄誉を抱いて涙を見せた。 ウォンビンは『おじさん』の2010年の興行1位の記録に続いて二回の主演男優賞受賞まで行わ'興行'と'演技好評'という二つのウサギを捕まえた。

一方、去る5月に 封切りした『詩』は、興行面では大きく成功しなかったが、繊細な演出力で 、国内外評壇の好評を導き出した。 俳優ユンジョンヒの16年ぶりの復帰作の『詩』は、孫と一緒に生きていく60代の祖母の微子(ユンジョンヒ)が詩の執筆に 挑戦して経験する物語を描いた。

去る8月4日公開された『おじさん』は、18歳 観覧可 の映画であるにもかかわらず、今年初めて600万人突破に続き、 累積観客620万人を動員し、カンドンウォン主演『義兄弟』を抜いて、2010年の興行1位に浮上した。 『熱血男児』イジョンボム監督が演出した『おじさん』は、痛みを経験して世の中を恨みながら生きていた一人の男テシク(ウォンビン)が犯罪組織に拉致された唯一の友達の隣の女の子ソミ(ギムセロン)を救うためにこの世の外に出ながら起きる話。 花美男スターウォンビンの完成度のアクション演技の 感性を加えた ドラマという好評を受けた。

一方、ソンユナはこの日、第8回大韓民国映画大賞授賞式MCで久しぶりにファンの前に出た。 これに加えてソンユナは、少女時代と同じ舞台に上がってダンスの実力までお目見えして、さらに熱い反応を得た。

この日のカムバック舞台でソンユナは、少女時代の10番目のメンバーとしてびっくり登場してメンバーたちのような黒のミニスカートを着て『願いを教えて』の舞台を飾った。 実際の少女時代メムボラチンヘド全く遜色がなかった。 特に、出産後、 公式の初舞台にもかかわらず、スマートなスタイルと美しい容姿を誇り、観客から大きな歓声と拍手喝采を浴びた。

舞台を終えたソンユナは、息をホルトクゴリミョ"私が 誰かを恨んでいるのか分からない。「大韓民国映画大賞」の進行をマトゲドェ嬉しかったですが、今回はどのように私ゴセンシキルカラン考えに睡眠をモトイルォトダ"とし、"さすが 期待を裏切ることなく、少女シデラン私を一つの舞台に上がった。余りにも申し訳ない"と言って笑いを誘った。

ソンユナは今年8月に俳優ソルギョングとの間に最初の子を出産しており、2007年と2008年の『大韓民国映画大賞』に続き、今回も単独MCを引き受けて進行した。



◇第8回大韓民国映画大賞受賞者(作) 名簿

▲最優秀作品賞=市(パインハウスフィルム、ユニコリア 文芸投資)
▲主演男優賞=ウォンビン(おじさん)
▲主演女優賞=ソヨンヒ(ギムボクナム殺人事件の顛末)
▲監督賞=イチャンドン(市)
▲助演男優賞=ユヘジン(コケ)
▲助演女優賞=ユンヨジョン(女中)
▲功労賞=シンソンイル
▲美術賞=バクイルヒョン(バンジャジョン)
▲脚本賞=イチャンドン(市)
▲シガクヒョグァサン=バクジョンリュル/武道(おじさん)
▲編集上=ボム、ギムジェボム(おじさん)
▲新人男優賞=ソンセビョク(バンジャジョン)
▲新人女優賞=ギムセロン(おじさん)
▲音響=ゴンテウォン、ジョミンホ(深夜のFM)
▲音楽賞=シムヒョンジョン(おじさん)
▲ジョミョンサン=イチョルオ(おじさん)
▲撮影賞=イテユン(おじさん)
▲新人監督賞=ジャンチョルス(ギムボクナム殺人事件の顛末)

イ・ウンジonbge@newsen.com

この映画賞には興味がなかった
by kazem2 | 2010-11-19 08:33 | News | Comments(0)