ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

映画「ソーシャルネットワーク」永遠のお友達に追加 満たされない空虚さ

☆cine21.com
e0109292_2144313.jpg

   Facebookの愛用者ソン・ギョンウォンが<ソーシャルネットワーク>を見て入ったと思う




ふと年をとったということを感じることがある。
カラオケでもう新曲を検出せずに慣らさ知っている曲の番号を押しているときに、いつの間にか、古い歌ばかり歌ったの叔父の昔の表現を、私は作っていることがわかる。 自然にしたいと思うようにすることが時代の流れだった時期もあった。 一つこれでは時間に押され、息を運転して休んで、新しい流れを取らなければならない立場だ。 慣らさ使っていた他のサイトをしばらく折って見知らぬフェイスブックを始めることになったきっかけにもそのような危機感からだった。 流れに遅れをとらないために難しくても学ばなければならないこと、いわゆる生き残りというか。 まだ自分の手の延長のように考えられていたものではないわけで感じられるのは、打者の感覚。 私はまだその上で、フェイスブックを接する。

その子が友達を適用すると、どうしよう

それだけに、<ソーシャルネットワーク>の最初のシーンで感情移入されているのは、天才マークジョコボグガではなく、彼のガールフレンドエリカーだ。 彼女は、今の私のように、あるいは最初のシーンの嵐のようなセリフをたどっのにパニックに陥り、あなたのようなマークの輝き、精神のない言葉の洪水をボゴウォする。 この映画の印象的なオープニングは、フェイスブックに代表される社会的なネットワークというシステムの本質をそのまま場面化している。 マークは、頭に浮かぶいくつかの考えを一度にこぼしながらも、同時に周囲の人々を観察し、その中でも、絶えず続くセリフは、エリカに得られても適している人脈の目的と一緒に彼女への欲求も置かない。 複数の情報を同時に処理するマルチタスクは、サイバーの世代には慣れている感じであるはずだが、映画はここで一歩一歩進んで、信頼と開放をベースにした専有権の強さ、そして人々の欲望という根本的なことを返り見るようにする。

当然の話だが、技術が発達すればするほど、ユーザーの利便性を最大化されるように決まっている。 初めてのフェイスブックを使用してみて最も驚いたのは、膨大なデータベースをもとに、私でさえ忘れていた友人や知人を探してくれるシステムだった。 しかし、フェイスブックをしている友人、その友人の友人まで、自動的にお勧めしては、フェイスブックの開放性の初体験は、不思議さと一緒に妙な不安感をかもし出す。 私に関する情報が自分の制御を超えながら共有することができるという事実と一緒にひょっとしてあまり見たくないの友人が私に友達登録をすると、どうするんだ起こらない(まだ起きていない)仕事での無駄な気が微かに頭を持ち上げるである。 フェイスブックは、ここでの情報の開放と一緒に排他的な選択の可能性を付与することで、選択をユーザーの分け前として残っている。 興味深いのは、このような専有権は、自分の情報を欠かさずに共有する、信頼と透明性を前提とした場合にのみ意味があるという点だ。 フェイスブックは、無限の信頼の海の上に浮いている。 しかし、"何人かの敵を作成しなくては5億人の友人を得ることができない"は、映画のコピーのように現実での信頼とSNS(Social Networking Service)、世界の中での信頼性は、本質的に異なっている。 天才であり、世界で最も若い財閥マークジョコボグウイ顔と平凡な人々の当然の悩みが重なる瞬間がここにある。 信頼への欲求。 フェイスブックは、その成果である。 不安と信頼の奇妙な同居。

コミュニケーションの欲望と恐怖の二つの顔

SNSとは、要するに世の中を眺める一つの窓である。 その中には別の次元の世界が自分なりのルール上に存在している。 現実だが、同時に、現実ではなく、現実と重なっている新しいコミュニケーションの場である。 それは世の中と疎通するための新しい方法の感覚を要求する。 感覚の問題を話す時、念頭に置かなければならないのは、多くの場合、ツールで認識を支配するという事実である。 文字の時代の感覚に慣れている人と映像の時代に慣れている人は、世界を感じて受け入れる方式が異なっている。 モバイルメディアを通じたSNSも手のひらほどのモニターの上に、実際に圧倒する余分な現実をこぼし出して、現実に新しいかどうかの方法を要求する。 例えば、アメリカのドラマで見た一場面は、今日のSNSを介して通信する私たちの現実を端的に示しています。 家族同士で話をするの食卓で、父は子供のパッドを、息子は、任天堂が、姉や妹は、それぞれが自分のモバイル機器だけを見つめてお互いに一言共有しない。 食事を準備していた母はこれを見てみんなに機械の電源を切り会話を交わすことを要求するが、その瞬間の家族たちの小さな画面の中では、母親への不満がお互いに、文字を使って行き来している。 この逆説的な場面でコミュニケーションすることができない者は、会話を交わしたと言っていた母の一人である。 実は私はその母にならないために必死になって体に合わない服をイプウリョているのかもしれない。 私達が持っている不安は、いつもこのようになります。 人とコミュニケーションしたいという欲求とのコミュニケーションから落ち、と思わないでは恐れている。 多分、Facebookは、この満たされないの不在を埋めるための足掻きである。 Facebookの創設者マークジョコボグも違わないだろう。

ヤンボダン質、誰かとのとコミュニケーションしたいなら

アップルの成功がそうだったように、Facebookの成功の話をするときも、人文学的関心は、人間への洞察力は、必ずというほど繰り返し言及されている。 結局、SNSにもかかわらず、どこまでも人々に接続させてくれる一つのツールや方法に過ぎず、人々が本当に望むものが何であるかをまず把握しなければならないということだ。 映画は、フェイスブックがMark Zuckerbergの個人的な欲求を経由して、それを捕捉したと言う(少なくともそうだと考えられている)。 実はSNSは、本質的に手紙をしたり、電話をして、文字メッセージを交換していたのと全く変わらない。 その中心には、相手を知りたいと思って、関心してもらいたい、愛されたい欲求が位置する。 コミュニケーションへの欲求をどのように効果的に満たしてくれるが、それがコミュニケーションのカギだ。 しかし、情報はいくらに蓄積されても満たされて、かえって空腹感を呼び起こす。 感情と共鳴の問題においてカギは、量的ではなく、質であるからだ。 相手を知ろうとする欲求は、情報の共有に満ちていることがありますが、コミュニケーションとは、情報の蓄積だけで完成することができない。 ある意味ではむだだと見ているこの映画の最後の場面は、まさにその点を指摘し、映画を仕上げている。 自分にとって一番重要な誰か(誰かな?)に友達の追加を申請し、常に画面をリフレッシュするマークの手は、文字メッセージを送っダプムンイてくるまでずっと携帯電話をマンジジャクゴリドン自分の手と似ている。 いくら社会的なネットワークを介して無数の人々とつながっていても感じられるの不在と満たされない空しさ。 それでも私は今日もFacebookで友達を増やして他人のブログを見て自分の生活を述べている。 これはもう本物と偽物の問題ではない。 実際にもう一つの実質との間の問題である。 フェースブックの技術は、今日も休むことなく世界を展開させ、人々はSNSの世界で接続される。 広大なネットの海で人々を、そして愛をさぐる航海は、ただ一瞬の停止も許されない。 それが結局は心の空間をメウォジュルことができる契丹幻想を抱いて。


文:ソン・ギョンウォン(映画評論家)2010.11.18
by kazem2 | 2010-11-18 21:44