ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

映画「フェスティバル」 イ・へヨン監督インタビュー

☆10.asiae.co.kr
イ・ヘヨン監督の"変態は変態としての変態には生きててもなるのだ"
e0109292_1821567.jpg




イ・ヘヨン監督の2番目の映画<フェスティバル>(11月18日封切り)は、"この映画は実話を基にしています"という字幕で始まる。 それは、周辺で採集した事例を劇化したとの情報的な側面もあるが、あなたが住んでいる町には、こんな人たちもいるという現実的な前提になったりもする。 SM動画、アダルトショップで時間を過ごす女子高生、リオルドルマニア、服装倒錯者、セックスに執着している警察官など<フェスティバル>は、'健全'の基準で抜け出してもしばらく外の人々が導いて行く。 俗に言う"安全でないし、不健全な"変態たちがあえて日陰ではなく、明るい午後の大通りに出てくる。 そして、頼む。 あなたはどのように綺麗なのかと、どのように健全なのかと。 少し違っても生きるのが疲れるは、この地であまりにも特別な人々が自分らしく生きることはただ楽しいだけではない。 しかし、映画は変態だと後ろ指を指される人々に、時には可愛く、時には愉快に、そして軽くだけように示す。 映画<天下壮士マドンナ>(以下<マドンナ>)に続いて、"自分が自分らしく生きること"を抑圧するものについては、"抵抗の声"を出すと同時に、"ただとてもおもしろくて"懇願し思ったことイヘヨン監督に会った。
*この記事は、ネタバレが含まれています。

2006年の<マドンナ>以来4年ぶりだ。 本当に久しぶりに2番目の映画を作ったのですが、周囲の反応はどうなのか。

イヘヨン監督:
一般的な時事その時遠くからは笑顔の声が出たが、あちらこちらにお年寄りたちのいるところは粛然な雰囲気だとちょっと苦しかった。 (笑)むしろ人々に比べて女性たちがもっとたくさん笑って良かった。 <フェスティバル>がセックスコメディーであるため、女性監督が作ったように見え、と思った。 女性のファンタジーの対象として見えるようにしたいと思わなかった。 特に、指数(オムジウォン)のキャラクターが設定的に見た時は、バイブを書いているが男の友達にバレる。 そして、素晴らしい場面では、巨大なバイブを乗っている。 このような部分が対象とされたように見えることもあり、女性たちに不快に感じていない場合は、いいなと思っていた。 ところが、女性の方々がたくさんの反応をしてくれて個人的には胸がいっぱいだった。

"<フェスティバル>をしながら、映画撮るのが楽しいことだと気がついた"
e0109292_18274423.jpg


準備中の映画<29年>の製作が中断され、不本意ながら久しぶりに映画を出した。

イ・ヘヨン監督:
空白の期間だと誰がスドラ。 (笑)しかし、その中に遊んで見たことがない。 本当に熱心に仕事をしながら過ごした時間なので、体感されている時間は長くなかった。 ただ年齢が聞いたんくらい? (笑)もちろん、久しぶりに映画を出したのにこれ冗談のように軽い映画を出しても良い、という考えはした。 空白の期間にふさわしいどっしりとした映画に出ている必要が正しいのではないかしたりした。 しかし、個人的にはあまりにもつくりたいという想いから、<29年>このオプオジン今度は大きくなくて自分の体にぴったりの服のような映画を一本取らなければ直すように見えた。

そのように<フェスティバル>のシナリオを書きながら、治療がちょっとなったか。

イヘヨン監督:
他人のシナリオで入手することも出来たのですが、本当にイ・ヘヨンのような映画を一度しなければ、自信もできて、新しい映画を深めることができるようだった。 最初に起動したときは、この映画が、すぐに終わるかと思った。 あまりにも軽い話で、予算も少ないうえ、<29年>オプオジゴ、その次の週からの書き込みを開始したのだから。 たった1週間お酒飲んでもっと食べると死にそうなのでそのまますぐに改装した。 本当に熱心に書いた。 電話コノトゴから人々がすべての映画オプオジゴ死にガンジュル分かった。 (笑)3週ぶりにトリートメントを書いたが、その分量が44ページだったし、今の映画に出ている神々がみな、その時に入っているものである。

3週間ぶりのシナリオをほとんど書いたことはちょっと自慢だ。 (笑)

イヘヨン監督:
そうなるのか。 他の人たちもそのように住んではないか。 (笑)その分も切実だった。 <29年>このオプオジンニュースをオフィスで聞いて出てきて、気がつけば高速道路を走っていたよ、本能的に。 休憩所に寄ってうどんを食べるのソロウォソ10分間、わあわあ泣いた。 泣きながらうどんかけケクケク通りに祈って、うどんは、半島の釘を食べて。 (笑)ただ全羅道に行って、生まれて初めて、智異山に上がってきて、お酒を飲んでて、その時が多い気がオガトヌンデどのようなことをしなければならないかということはなかった。 悲観してではなく、頭に来てモトサルゲトよ。 馬鹿のような多捧げたという気がした。 私の人生で最も若く、活発に時間を余すことなくすべて捧げたというのがとても腹が立って釘ギョンディゲトよ。 自分の悲観を大胆にしている途中、ソウル上がってきて、それでも人生は続いている映画は、撮らなければならないの間柄だから漠然と書いた。 最初に書き込むときの周辺で多くの乾燥した。 商業的可能性がある、投資を希望する難しいこともあるし、危険だ、地位が低下することができるよ。 さらに、この映画の撮影すると、死ぬという人もいた。 監督生活終わって店だと。 みんな呪いをポブオトジ。 (笑)ところで私は本当にイヘヨンのような映画を一本軽く撮っては本当に何もできなかったよ。 僕には<フェスティバル>が本当に心からの救いの名前だった。

映画で受けた傷、映画で治癒することは、一見一理あるように見えますが、その程度の状況までに等しい場合は映画にオマーンの絆も落ちたこともある。

イヘヨン監督:
映画が好きではなく、生活費のために..
(笑)能力が不足していることなのに私生活は本当に何もない。 実際は何もない。 会議を日曜日午前3時にしようとしてもならない。 何もない人だ。 それで映画がオプオジゴなんだから何もなかったよ。 恋愛をしているわけでもなく、趣味もない。 漠漠なんだ。 映画以外にはならないことがないから。 だから生きようとしたことだ。 みんな貧相な年末に家でテレビを見ながらのに、本当に私は私のために何の投資をしていないんだシプドラ。 なぜこのように、完全に私をなくして映画ばかり見て住んでいたのだろうか、馬鹿のように。 映画が私には何も保障してくれないのに。 そして新年の決心をしたことが恋愛をする人で生きよう、映画はともかく、恋愛をしようだった。 だから恋愛を始めたのですが、それも長くはあるが車だった。 (笑)そういえわかった。 これも救いがないんだ、映画や熱心にしよう。 (笑)

だから、結果的に<フェスティバル>は、救いになったのか。

イヘヨン監督:
救いであるかは興行などによって異なるはずなのに(笑)最低の治療になったのは正しい。 その前に比べて多くのことが変わった。 単に<マドンナ>終了後の自信を回復したという概念ではなく、少し変わった。 人の性格も変わってきて、賢明になったようだ。 どのように自信を持てば傲慢せずに、気持ちのよい圧力として作用するかの水位も分かるようになったんだし。 映画をするのがされるように楽しいことだということを改めてわかった。 現場が楽しかった。 24時間、36時間連続で撮ったりもしづらいこともあった。 <マドンナ>を撮る時はそう難しくグィチャンウンゴルなぜかと思った。 朝早く起きなければならないし、選択ることも多く、みんな僕だけを見て。 それが大変だったのに<フェスティバル>しては、それを全部監督が背負う必要もなく、分からないことは聞いて、一緒にするほど力が生じるということを知りながら楽しくなった。 それは大きな悟りだった。

"これらの人々の日光の降り注ぐ広場に出るように作りたいと思った"
e0109292_18282930.jpg


癒しとは言うけど、俳優たちも多く登場して、オムニバス風に感じられるほどエピソード間の温度車道ている。 いざ映画を作成するとは容易ではない現場だったようだ。

イヘヨン監督:
(類)スンボムがが撮ってそう言っていた。 このようなスケジュール初めて見ると言葉がドゥェニャミョ。 (笑)実際に厳しくチクギンした。 幸いな俳優たちがあまりにもたくさん助けてくれた。 誰もひどく『ゴンゾ』操る人がなく、雰囲気もとても良かった。 一度も引き上げ書くか、またはお互いハルクウィゴナながら取らなくて祝福されたようだ。 韓国映画人たちの大きな力のようなものがある。 映画のためなら何でもこなし、ゴーヤしまう。 そのようなものがみんな熱くていたからだったようだ。 そして、監督が怒るのを出して笑うなんてだからそれが大きく作用したようだ。 (笑)<マドンナ>ときは、私を保つために、大げさにうずくまって悩みばかりがたくさんあった。 今回はジョークもたくさんして一緒に似合っててたのに、それが彼らにも私にも良いエネルギーになったようだ。

'選手'と言えるほどのベテラン俳優たちが大挙登場するが、その中でも、シム・ヘジンは、本当に抜群のキャスティングだった。 <マドンナ>の理想てもそうだったし、ずっと前に俳優だと思っていた人たちを召喚して、新しい面をクジプオネンダ。

イヘヨン監督:
シム・ヘジン先輩は、シナリオを書きながら0度で考える学ぶ。 <フランチェスカ>のために既視感がドゥルカブワ心配になったりしたが、シム・ヘジン先輩と仕事をしながらもありがたかった。 初めての専門家に会った感じ。 最初に演技するときに、なぜこのように力をアンジュシかなと思っていた。 それがバランスだとを知らなかったんだ。 大きな絵を、私は釘描いていたのだ。 大きな絵を描いてみると、すべての演技がとても正確だったよ。 "今回はこのようにして見ましょうか"では、"監督が望めばそうするよ。 ところでこうやって力を抜くのが後ろからより良いものを、考えてみよう"と呼ばれる。 次の2つで撮った場合は、間違いなく先輩が語るのが正しかった。 シム・ヘジン先輩は実際にも本当に堤したいと思う方だ。 (笑)

シム・ヘジンが演じたスンシムというキャラクターが映画の重要なルートだったようだ。 映画が希望する言葉を直接的に含まれているのだから。 特に城東ルーチンSMプレイをして警察署に行くことになり、これまで我慢してきた言葉も発せられる部分では、監督が観客に直接話しかけている気がしたよ。

イヘヨン監督:
もちろん、少し教条的であることができ、あまりにも直接的ではあるが、その状態ですることができるの率直な言葉だと思っていた。 それチョンスロウォソ躊躇することもあり、鳥肌立つことができるところなのに私はあまり恥ずかしくないなく心配していなかった。 その程度の率直さは、キャラクターを接する時の礼儀だと思っていた。 選手同士も知っているのに何をそんなに鳥肌ドトゲして、と見ることもあり、普通の観客ドゥルハンテヌンもう少し具体的に先のとがった言葉が必要ではないかと考えた。 "生きていれば変態お母さんもいるんだ"という言葉もそのような脈絡で見ることができる。 それが本気だった。

しかし、性能に関するものなら何でも気楽に話すことができない雰囲気の韓国では受け入れられない観客たちもいるんで、いろいろの危険負担が、多くの選択である。

イヘヨン監督:
こういう話を意識が土台になってしたとすると、そりゃ言葉で鳥肌立つようだ。 切実にとても面白いと思っていた。 SMに関連するイメージをシナリオを書く前に、探してみたりしたがとてもきれいだったよ。 (笑)否定的であり、地獄のようなイメージだと分かったが、いざ探してみると可愛くてキュートなものもあったよ。 ベルリンには、ロンドンのLGBT(Lesbian、Gay、Bisexual、Transsexual / gender)パレードのようにSMプレイヤーたちのパレードがあったよ。 我が国でいうと鍾路(チョンノ)のようなところ日曜日の午後2時に、市民たちが綿菓子を食べてベビーカー引いて出てきて見物して、その通りのSMプレイヤーがコスチュームを着て出てくるのだ。 一部の人は、言葉になって馬車の歯のように引いて、女王様が革ジャン着て乗っていて。 (笑)そんなイメージがとても新鮮だった。 SMは、少数の中にソスゴ、地下牢に見えるからでも人知れず楽しむのだと思っていたのに日差し降り注ぐ休日の大通りに出るから健康に見えて平気アンドラ。 それとともにこれは肯定的で可愛いこともあり、おもしろく解いてみたい野望が大きかった。 商業的に分離することができ、リスクがあったにもたくさんしたいと思う切なさのために押された。 だから<フェスティバル>も、この人々の日光の降り注ぐ広場に出るように作りたいと思った。 人々が何としたものか、そこに聳え立って、自分たちの最も内密の枠組みをしてほしいと思っていた。 一種の野望なのだった。


"植物に足があったら、その足を撮ったんだ"
e0109292_18291592.jpg

映画では、ジャンベ(シン・ハギュン)の時コジルコジルハンバルイラドゥンジ、指数(オム・ジウォン)がよく示してマニキュアを塗る足など特に足をクローズアップした神々が多かった。 実際に足にフェティッシュているのではないか。 (笑)

イヘヨン監督:
だけで足がとてもいい。 (笑)プル
ドゥレシンウルするときの靴が常に最も重要なポイントになる。 それがやがて全体、その人のスタイルは決めるように重要なことなのに、こんなに完璧にフルセット起動をしても、韓国では崩れてしまうことになる。 靴を脱いで入ってからのセッティングが崩れてしまう。 誰かによく見せようとクミョトヌンデ根元が抜けてドィツンハゲされているかのよう。 これが人々を人間的に作る。 だから靴を脱いで靴下風に誰かと座っているということ自体が親密度を高めてくれる優れた機能だと思う。 ヤンマルマン報告あればつま先をコムジラク通りゲドれ、ズボンもしわなんでも頼んだり、落ちたりもして、そういうのを見ながら近づくことがある。 バルイラヌンのが人間なので、誰かに自分の足を見せてくれたとか誰かの足を見るということ自体がお互いを知っていくことを喚起させる重要な役割をすると思う。 それが足のフェティッシュだと見てもされているのか? (笑)<フェスティバル>で、人々がなぜこのようなカットをチクニャゴしたシンハギュン足、オムジウォン足、フィート、シンハギュンフィート、一連の4つのコトドゥルイてもいい。 最も人間的なものを見せながら、感情が起こるようだ。 この映画を見て人々が私の足のフェティッシュと呼ばれるものは何も恥ずかしくもなく堂々と。 (笑)足のフェティッシュだというにはとても老若男女、獣の足までも含まれているのだから。 すべての生き物をすべて愛する人類愛に近い方の足ペティみましょう。 植物に足があったら、その足を撮ったんだ。 (笑)

実際に映画でもよく登場する変態という単語も、韓国で日常的に広くつけて使うも、誤用されている傾向がある。

イヘヨン監督:
あまりにも広範囲に変態という言葉が使われていて本物の変態が何であるかを知らないようだ。 <フェスティバル>を通って思ったの話は、『我々は変態ではない』ではなく『変態にはどうなのか、私は変態だ、これのどこが恥ずかしいここに起こって』だった。 変態は変態としての変態には生きてもいいのだ。 そして、変態という言葉の語感が可愛いではないか。 ドィトテ、ヨプテのような状態だし。 (笑)思いがけないことになるための変態だし。 変態という言葉がされるようにセクシーなんだ。 自分を正確に知っている人たちなので、健康に感じられ、望ましいと考える。 自分自身を知らずに生きている人がどれだけ多いか。 年齢60にもなって、私はこのような人ではなかったんだな実現し、夕暮れの離婚が増えているのにどれだけ不幸なことだろうか。 最後まで釘わかっている人たちもいて。 自分の不幸が、自分の満たされていないいくつかの面がどこで起きるかどうか知らないのだ。 私達が言う変態と呼ばれる人々は既にそれを正確に知り、自分を規定した後にどのような路線でいけば幸せになるということを知っている人たちだからそのような程度の自己省察のレベルは確かに見習うべきだと思う。

オムジョンファの歌『フェスティバル』の結末と一緒に登場し、祭りの雰囲気で映画を整理する重要な役割をしているのに、その歌を聞いた時から映画への思いをしたのか。

イヘヨン監督:
最初は漠然と楽しい歌、難しくない破裂音が出たらした。 <マドンナ>と'Like a virgin'をしたので、今度は歌謡が出たらした。 偶然にトリートメントを書<ている『フェスティバル』を聞いたとダトドラ。 そして、直接的ではあるがキャラクターたちの話がよく反映されて本気のように感じられ、。 今は音楽が出て、みんな飛び出すけど、元はセミミュージカルのような感じで、キャラクターたちが一ソジョルシク呼ぶことがあった。 それからスンシム(シム・ヘジン)が歌ったらスンシムの心情になって、キボン(ソン・ドンイル)が誘うからまたキボンの話になって。 各キャラクターごとにも切々と自分の話になっていたよ。

ところが、厳正化やマドンナのようなアイコンは、同性愛者のコミュニティで、象徴的な存在でもある。 だから性的少数者たちの話を強調するためにわざわざ書いたのではないかという気もしていたよ。

イヘヨン監督:
少数のそのようなこともあった。 彼らは、レインボーフラッグのようなアイコンではないか。 代表旗のような人たちだから使えばいいと思った。 映画の途中で虹の傘が出たりするの助監督を慎重に来て、"監督の虹はゲイの象徴じゃないですか"と言っていたよ。 (笑)でも、それだけで虹を見せたくて書いたんだ。 どのような記号が原因ではなく、ただの虹。

<マドンナ>も、少年の成長の映画を同時に転覆的な映画でもあった。 東区(リュドクファン)が女性になろうとすること自体が、既存の秩序や世界を打破するのだから。 <フェスティバル>も可愛くて愉快な中で、世の中に戦いを挑むという感じがした。

イヘヨン監督:
それは私がしたい話を入れたんだ。 デフォルトでは、大韓民国で暮らしながら、保守的なあらゆるもののために誰かが自分の話をきちんとしていないことに対する不快感を持っている。 保守的なことを悪いと思ったりはしない。 保守的なのは私達が持っている価値を守っては、基準点になると思う。 ところが、保守的なことから始まるのを恐れて、最終的に誰かに暴力的に作用し、それとともに、その目にしか出ていないために、自分の存在を消去し、クリックさせ作成するメカニズム自体にイライラする。 多様性を認めるという点に広げないいなくても、基本的に、多くの人々が自分には買うことができる、保守的な人でも保守的に買うことができ、進歩的な人も、漸進的に買うことができ、変態主義者でも変態的に買うことができる社会が必要があるという話題がまだ熱くている。 <マドンナ>や<フェスティバル>性のコードだけで行ったりしたが、さまざまな側面からこのような話は、直接または間接的に続くのではないかと思う。 いまだに韓国ではまともな報酬を見たこともないし、暴力の他の名前に行使されていたようだ。 それに対して、少なくともでも抵抗の声を出すことが必要であると考える。

文: イ・ジヘ  写真:イ・ジンヒョク
2010.11.18
by kazem2 | 2010-11-18 18:21 | Movie | Comments(0)