ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[外信記者クラブ]この橋、現実と幻想の間

☆cine21
<パリでの最後のタンゴ>から<インセプション>までに、多くの映画の中の背景に登場した空間
e0109292_19462561.jpg

                 <ラストタンゴinパリ>



パリの観光客が不足していることはない。 しかし、クリストファーノーラン監督がパリに新しい観光客を呼び集めたのは明白な事実である。 <インセプション>で、レオナルド・ディカプリオがセンガンの一本足(桥)のくらっとする意見を巧妙な鏡遊びに変貌しておくには開いた口がふさがらない場面があるが、すぐにエッフェル塔でのナイトビラケムギョの上だった。 光が反射されている間仕切りをディカプリオが一つずつ滑らせるには、そのジャンミョンエン何か特別なものがある。 まさにビラケムギョ上記以外の他のどの場所でもそのような場面を実現することができないということだ。 その場面は、ほぼその足のために特別に作成されたシーケンスのように見える。 雨ケミ校は、パリで最も美しい橋で、最も古い橋でもないが、映画関係者たちを魅了させるの足であることは明白である。

実は雨ケミ校は、足ではなく、高架水路(水道桥)だ。 その上を通り過ぎる通行人は足の下に流れるセンガンと、頭の上で疾走する地下鉄6号線の間にりんしがみつく格されている。 ビラケムギョ正面には、鉄道を支えるには数十個の柱が一定の間隔で完全な対称をなして聳え立っている。 向かい合う二つの鏡と、その中に延々と続くの影を連想させるスペクタクルなシーンの深さは、まさにそこに出てくる。 そのイメージは、幻想的でありながら、非常に純粋な何かがある。 まるでビラケムギョ自体が、特殊効果グァインようにだ。 このような雨ケミ校が映画の中で、多少の魔法的な混沌とした物語に複雑になるのは当然のこと。 ディズニーは、ベンジャミンゲート(<ナショナルトレジャー>シリーズの主人公 - 編集者)の冒険の一場面をビラケムギョ上で起るようにしたのも、こうした理由からだった。 サムガールバルスキー監督の<遙かなる街>でも雨ケミ橋を見ることができる。 この作品は谷口ジローの有名な漫画を教えバルスキーは、フランスで脚色したもので、内容は電車の中で点滅して眠って、どの漫画家の話なのに、自分が子供時代を過ごした町に到着ヘソヤ眠りから覚めた主人公は、1960年代の青少年に戻っていた。 教えバルスキーは、主人公が住んでいるアパートをビラケムギョ位に設定した。 だから、そのアパートが、現実と幻想の二つの世界の間に位置し、過去のどこかにある一種の気圧調整室のようなものになるわけだ。

<ミュンヘン>で、スティーブンスピルバーグ監督は、ビラケムギョの上に初めから市場の一つになだろう。 そうして彼はほとんどありえない郵便はがき、だからソーセージの販売陳列台と、エッフェル塔がお互いに重ね合わせる滑稽なパリの姿を作成する。 しかし、ビラケムギョ上記撮影した映画の中で最も伝説的な作品は、なんといっても、ベルナルドベルトルッチの<パリでの最後のタンゴ>だ。 超ミニスカートをはいた一人の女性が柱の間を歩いていく。 マリアシュナイドダ。 ビラケムギョの上部にあるアパートには、妻を失い、悲哀に満ちた一人の男がいる。 マーロンブランドだ。 二人はお互いに何も知らずに熱く愛し、また熱く互いを破壊させる。 この作品でビラケムギョ、上記のマンションは、大陸から切り取られた孤島になる。 ベルトルッチは、アパートの建築的な美しさはもちろん、電車の音とサックスの音が一緒に一団となる音響までも昇華して表現する。

最後にジャネットジャクソンが作ったミュージックビデオ<カムバックトゥ米>を使用して非ケミ校を知っている。 しかし、雨でケミ教の呪い的な魅力が映画の芸術との関連性があるということを理解するには、夜に自転車に乗って一度過ぎ見なければならない。 両側にすぐに通り過ぎるの柱を後にして点滅している街の明かりは、まるで光を受けたフィルムのように生きている心臓をなびかせたてる。 雨ケミ橋から見たパリは、1つの映画になる。

文:アドリャン公報(正の記者、映画評論家)2010.11.17


翻訳スミ
by kazem2 | 2010-11-17 19:52 | Comments(0)