ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イ・ジュニク監督の新作「平壌城」詰めの撮影現場

☆cine21.com
e0109292_19515871.jpg




[シネスコープ]はるかにペニスですね〜ん
羅唐連合軍総司令官移籍の役割を引き受けたイ・デヨン。 「キム・ユシンと新羅軍を全部逮捕しろ」と大声を打つと思ったが、彼の大きな口が吐き出したのは私の言いたいこと知って食べることができない中国語だった。 撮影開始前の「以北の方言」と冗談を交わす高句麗の長寿の群れに混ざっていない一方で、何を懸命に覚えようと思ったがそれはまさに中国大使だった。 イ・ジュニク監督の<平壌城>は、<黄山ヶ原>の続編格で、羅唐連合軍が"700年の間、一度も陥落したことのない"平壌城を攻撃して広がる歴史的な状況を背景にした。 15億ウォンをかけて作成された平壌城のセットの壮大さに目が傾いた場合は、耳を刺激されたのは俳優たちの'多国籍'大使だった。 前編で知り合いになるマトブワトドン全羅道、慶尚道の方言に咸鏡道、平安道の方言が加えられて、しかも中国まで溢れ出てくる言葉だ。
e0109292_19534446.jpg

高句麗淵蓋蘇文の最初の子の現実主義者ナムセン役のユン・ジェムン(右)は"今日は自分で主張した原則が揺れるようにされている重要な場面"と言いながら言葉を惜しんだ。

e0109292_1956486.jpg

型ナムセンとは異なり、羅唐連合軍との決戦を厭わないナムゴン役リュ・スンリョン(右)がイ・ジュニク監督と、撮影前に話を交わしている。

もちろん<平壌城>がなまりの戦争だけではないようだ。 平壌城を一人で守って隔離されるナムゴン(リュ・スンリョン)を見守りながら、キム・ユシンの役割のチョン・ジニョンがこっそり耳打ちする。 "<黄山ヶ原>イラン同様に行けば面白いんじゃないの。 <平壌城>のキム・ユシンは、認知症も少しあって、しかも風道当たった"<平壌城>は、前作<黄山ヶ原>のメリットを極大化した映画だ。 前作では、"戦争はアマリヤポイントの笑えるタンタモクギゲーム"であることを体で証明して見せたのディック(イムンシク)ももちろん登場する。 イ・ジュンイク監督は"やっと生き残った百済軍のコックが新羅軍に参戦した高句麗軍の捕虜となり、意図せず再高句麗軍の英雄になる過程自体がコメディ"と説明する。 <黄山ヶ原>に続き、今回も撮影現場に表示される様々な事故や病気を運転してと、イ・ジュニク監督のまぶしさを何度も買ったはコック役のイ・ムンシク。 今回はガプスン(善友)とロマンスもあると言うがヘトドニーマン"ガプスンの立場では泣いてギョジャモクギに結婚しているものとペニスを男性にもならないだろう"と笑う。 詰めの撮影に入った<平壌城>は、来年1月27日公開予定。 ユン・ゼムン、シン・ジョングン、ギム・ガンイルなど、それぞれの国の武将が登場するそうそうたる俳優たちの話し方も、『歴史の中で一番面白いの戦争』を豊かにする明確な要素だ。

e0109292_19572967.jpg

ジョン・ジョンフン撮影監督は、大規模な群集シーンを効率的に撮るために、方向調節が自由Scorpioヘッドの上にカメラをのせて使用していると説明した。

e0109292_19583414.jpg

南男北女に会ったのコック(左)とガプスン。 ティーザーポスター撮影のために笑っているけど、映画の中の雰囲気は違う状況だ。


文: イ・ヨンジン
写真: チェ・ソンヨル 2010.11.16
by kazem2 | 2010-11-16 19:49