ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

その男とその女のコミック鬼ごっこ 映画「2階の悪人」公開

☆cine21.com
    最初の試写の最初の反応
e0109292_1934775.jpg




日時 11月15日(月)午後2時
場所 往十里CGV

この映画

うつ病に悩まされている若く美しい妻(キム・ヘス)と思春期を今まさに通過している娘二人きりで住んでいる家名乗る小説家と呼ばれる男(ハン・ソッキュ)が2階のテナントに入ってくる。 文を書くために、静かな部屋が必要と言っていた彼は事実アンティーク密売犯である。 彼が探して盗んで行かなければならないのアンティークが、この家のどこかにある。 数日の場合になると思っていた人の予想とは異なり、モノは簡単に見つけられず、大家さんと彼女の娘そして、この人の中には、ますます複雑に絡み合っていく。

100自評

男と女、いずれかの人の正体は不明で、妙なことに、彼らは家を置いてヨクインダ。 <甘く、殺伐とした恋人>に引き続き<2階の悪人>に至るまでの特定の領域、奇妙なロマンス、そしてどこまでも疑うようにする不合理な事件の連鎖というソン・ジェゴン監督特有の臓器は変わらない。 ハン・ソッキュとキム・ヘスを恋人に向き合う気持ちもかなりかっこいい。 科して自然に二人は、下の階を行き交っている。 ただ残念な点は、もちろん今でも十分にジュルギルマンしかし、何人かのキャラクターとセリフをよりメマンジョトダ場合は、これよりもっと笑わせることがあったのだろう。
ジュ・ソンチョル<シネ21>記者

母娘の前に現れた正体不明のテナント、そして彼らが生活するスペースの離層集。 <2階の悪人>には材料が少ないドラマだ。 ところが、映画はこの気軽で素朴な素材だけで中心にコミックやスリラー、メロを行き来する芸を揮う。 <甘く、殺伐とした恋人>で、すでにその可能性を実験ソン・ジェゴン監督の作品らしい。 前作で見せてくれたキラキラの回復が、結局製作規模の裏打ちで、正常にアンチャクドゥェンわけだ。
イ・ファジョン<シネ21>記者

コメディージャンルでサスペンスがどのように構築することができるかどうかを見せてくれた映画だ。 劇の中で目的が明確なハン・ソッキュと無気力でいっぱいのキム・ヘスが衝突し、発生している妙なリズムが<2階の悪人>を先頭に立つ。 おかげで、物語は、時にはコミカルに、また場合によっては緊張感に流される。 特に、家の中の倉庫の前でハン・ソッキュがキム・ヘスの目を避けてヨリジョリ隠れて通う、鬼ごっこしよっのような場面はスルレプスチク装置を活用した例であるようだ。 残念な点もある。 劇中でキム・ヘスを片思いしている警官は、ハン・ソッキュを疑いながら棒に緊張感を付与しようとする目的で設定されたかどうかはよく分かるが、その効果をうまく生かすことができないようだ。 何よりも映画の仕上がりは、監督がドンジョノトは、質問にきちんと答えておらず、急いでボンハプハン印象を与える。 その点で、<2階の悪人>には監督の前作、甘く、殺伐とした恋人>で見せたコメディ長期的には変わらないことを見せてくれたが、前作で進んで行ったのかは分からない。
キム・ソンフン<シネ21>記者


文: キム・ソンフン
by kazem2 | 2010-11-16 19:40